TOP伊集院光とらじおと ≫ 秋元康、アイドルプロデュースは「デッサン」のように軌道修正しながら描いていくものだと語る「一本の線では綺麗に描けない」

秋元康、アイドルプロデュースは「デッサン」のように軌道修正しながら描いていくものだと語る「一本の線では綺麗に描けない」

2017.12.15 (Fri)
2017年12月13日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、秋元康がゲスト出演し、アイドルプロデュースは「デッサン」のようなものであり、軌道修正を重ねて描いていく必要があり、「一本の線で確実に綺麗には描けない」と語っていた。

AKB48の戦略! 秋元康の仕事術
AKB48の戦略! 秋元康の仕事術 (田原総一朗責任編集)

秋元康:やっぱり、僕らの仕事っていうのはデッサンみたいなもんで、一本の線で確実に綺麗には描けないんですよね。

伊集院光:うん。

秋元康:柔らかい鉛筆で、何本か失敗したり、飛び出ちゃったリ、それをなんとなくデッサンするほうがいいんじゃないかと思うんですよ。だから、まず見て思ったのは、これは単なる小さなオーディション番組の一つなんだけども、で、そこで落ちるということが、こんなにね、彼女たちの人生で大きく左右するように見えちゃうのはよくないなって思って。

伊集院光:うん。

秋元康:本当はだって、世の中にいっぱいオーディションがあって、毎日のようにオーディションがあって、みんな落ちるわけですよ。

伊集院光:うん。

秋元康:それは、AKBであっても、乃木坂であっても、欅坂でも、そこを何度も何度も戦って、「5回目のオーディションで受かりました」って子が出てくるんだけど、テレビであそこだけにスポットを当てると、「もうこれで落ちたらない」って見えちゃうのはよくないと思って。

伊集院光:それ凄いよく分かるのは、実際は書類選考の段階なんて、バンバン、「この子にしようと思ってたんだけど、バランス悪いから、この子なし」ってことは行われてるわけじゃないですか。

秋元康:ありますよね。

伊集院光:それをカメラで映しちゃうと、刺激が強すぎるし、悪い方ばっかりに見えちゃうってなるでしょ。そのあと、頭フル回転させて、この線を消しゴムで消したってことは、こっちの線を足してこうってなる。

秋元康:うん。

伊集院光:普通、後付けのことって、上手くいかないんです。

秋元康:うん。

伊集院光:それが、「まるで最初からそのつもりだったんじゃないか?」みたいに。

秋元康:うん。

伊集院光:もっと言えば、それが商売的にもハマる感じ。それを見て、ネットの反応は「秋元康、最初からアレ企んでたぜ」ってなるじゃないですか。

秋元康:ふふ(笑)

伊集院光:でも、俺はあの現場を見たから。俺もあそこにスパイとして入ってなければ、「これは秋元康、最初から企んでる話でしょ」って思うんだけど、そうじゃなかったっていう。

秋元康:だって、企みようなかったですよね。

伊集院光:そうなんですよ。

秋元康:だって、普通の子が上がってきて、ここで泣き崩れちゃうと、それは伊集院さんおっしゃるように(伊集院光、秋元康が『ラストアイドル』第一回目のリハーサルでいきなりシステムを変えだしたと明かす「残酷過ぎるから」)、「これは負けた方にも夢が持てるようにしなきゃダメだな」と思いましたね。

関連記事


伊集院光、秋元康が『ラストアイドル』第一回目のリハーサルでいきなりシステムを変えだしたと明かす「残酷過ぎるから」

伊集院光、秋元康が『ラストアイドル』で骨折した間島和奏のために急遽MV撮影現場で「歌詞を変えていた」と明かす

秋元康、多数決の合議制では尖ったアイドルは生まれないと語る「アイドルの最大公約数を煮詰めたら指原莉乃は生まれない」

秋元康、AKB総選挙での須藤凛々花の「結婚宣言」は本人と運営側に委ねたと告白「どっちでもいいよ、本人と決めなさい」

秋元康、AKB48は地下アイドルから国民的アイドルになることで「歪みが生じるようになった」と告白

秋元康、AKB48劇場で「一番盛り上げてくれたお客様をMPVに」との企画が大不評だった理由「パフォーマンスだけが応援じゃない」

秋元康、指原莉乃は当初センター曲『恋するフォーチュンクッキー』のことが「大嫌いだった」と明かす


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと
次の記事:伊集院光、秋元康が『ラストアイドル』で骨折した間島和奏のために急遽MV撮影現場で「歌詞を変えていた」と明かす

前の記事:伊集院光、秋元康が『ラストアイドル』第一回目のリハーサルでいきなりシステムを変えだしたと明かす「残酷過ぎるから」