TOPたまむすび ≫ カンニング竹山、AbemaTVの番組制作スタッフは地上波のスタッフと変わらないと明かす「Abemaなの?6チャンなの?」

カンニング竹山、AbemaTVの番組制作スタッフは地上波のスタッフと変わらないと明かす「Abemaなの?6チャンなの?」

2017.12.12 (Tue)
2017年12月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、AbemaTVの番組制作スタッフは地上波のスタッフと変わらないと明かしていた。

カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」
カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」 [DVD]

吉田明世:(『72時間ホンネテレビ』)盛り上がりましたね。

カンニング竹山:72時間、ずっと盛り上がってましたよね。

小田嶋隆:これ、現場の方はどういう?ワサワサした感じだったんですか?普通のテレビの中身とは感じが違ったものだったんですか?

カンニング竹山:あ、でもね、実は作ってる人は、全員、テレビの人だから。

小田嶋隆:ああ、それはそうですよね。

カンニング竹山:配信のところは違いますよ。配信は、Abemaの専門のスタッフとか、配信会社の人がやってるんですけど。

小田嶋隆:はい、はい。

カンニング竹山:目の前にいるカメラマンさんとか、ディレクター陣は我々、よく仕事をする制作会社とか、テレビの人だから。

吉田明世:うん。

小田嶋隆:ああ、そうか。

カンニング竹山:テレビの生放送をずっとしてる感じで。

小田嶋隆:ああ、じゃあ出口が違うだけで、作ってる源流というか、川上の方は一緒だったという。

カンニング竹山:我々にとっては。タレントにとってはそうですよね。だから、ややもすれば、「Abemaなの?6チャンなの?」って感じ。

吉田明世:それくらい変わらない?ネットの方が発言とか自由なのかなって思っちゃうんですけど、出てる側としてそういう意識はないんですか?

カンニング竹山:ネットやってる時、タレントとしては多少ありますけど、じゃあそこまで放送禁止擁護くらいまでいくかって言うと、そこまで行かないじゃないですか。

小田嶋隆:じゃあ、カメラがあって、ライトがあって、出演者が並んでてっていうのとか、ディレクターさんがキューを出したりっていう景色は全く同じなんですね。

カンニング竹山:全く一緒です。

吉田明世:CMもありましたしね。

小田嶋隆:そう。「CMまで残り10秒です!」って声も普通と一緒だし。

吉田明世:ああ、じゃあ本当に生放送だ。

小田嶋隆:そうなんだ(笑)

カンニング竹山:CM中も、「15秒であけます!」とか、それも一緒じゃないですか。

関連記事


カンニング竹山、『72時間ホンネテレビ』で元SMAPの3人が出演していたことに言及「パンドラの箱をバンバン開けだした」

カンニング竹山、『72時間ホンネテレビ』に登場したサイバーエージェント藤田晋社長の別荘に驚愕「もう、笑っちゃった」

カンニング竹山、『72時間ホンネテレビ』を観て地上波の番組は丸く加工し過ぎていると指摘「丁寧に全てをやりすぎ」

爆笑問題・太田、『72時間ホンネテレビ』で元SMAP3人の「自分が頑張らなきゃ」という姿勢が垣間見えたと明かす


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : カンニング竹山,72時間ホンネテレビ,SMAP,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:カンニング竹山、週刊文春らの「動画・音声をテレビ番組に売る」というビジネスモデルに言及「メディアがみんなハマった」

前の記事:吉田明世アナ、「アナウンサーを使い過ぎ」とTBSが批判されたことに言及「TBSはブラック企業でもなんでもないです」