TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 吉田明世アナ、「アナウンサーを使い過ぎ」とTBSが批判されたことに言及「TBSはブラック企業でもなんでもないです」

吉田明世アナ、「アナウンサーを使い過ぎ」とTBSが批判されたことに言及「TBSはブラック企業でもなんでもないです」

2017.12.12 (Tue)
2017年12月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、吉田明世アナウンサーが、TBS系の番組『サンデー・ジャポン』で倒れたことをきっかけに、「アナウンサーを使いすぎ」とTBSが批判されたことについて、「TBSはブラック企業でもなんでもないです」などと語っていた。

田中裕二の野球部オフィシャルブック
田中裕二の野球部オフィシャルブック

田中裕二:一番忙しいんだから。

吉田明世:いやいや、もう…

カンニング竹山:そうですよ。幸せですよ。

田中裕二:それで、TBSが「使いすぎだ」って怒られて(笑)

吉田明世:ふふ(笑)

カンニング竹山:「お前が妊娠したんだろ」っていうね(笑)

田中裕二:『サンジャポ』卒業もね、倒れる前からちゃんと決まってて。

吉田明世:はい、そうなんです。妊娠が分かった時点で。

田中裕二:『サンジャポ』のスタッフとか、我々の間では分かってたんですけど。

カンニング竹山:はい、はい。

田中裕二:ちょっとね、気分悪くなっちゃったから(笑)「TBSが使い過ぎちゃった」みたいな感じになっちゃった部分もある。

カンニング竹山:そうなんですよ。だから、ちょっと心痛くなかったですか?

田中裕二:うん。

カンニング竹山:俺もそれ、知ってたから。

田中裕二:うん、うん。

カンニング竹山:リスナーの方には申し訳ないけど、それは言えないから。

田中裕二:安定期入るまでは。

吉田明世:そうですね。

カンニング竹山:なのにさぁ、ネット見れば見るほどさぁ、「TBSが悪い」みたいな。

吉田明世:そうですね。

カンニング竹山:俺も調子こいて、ラジオで結構、悪口言っちゃったんですよ。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

カンニング竹山:知ってたくせに。完全なコントなんだけど。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

カンニング竹山:悪口言いながら、「TBSの上の人、本当に怒ってたらどうしようかな」とか思いながら(笑)

田中裕二:ふふ(笑)

吉田明世:私の口からも訂正したんですけど、TBSはブラック企業でもなんでもないですし。

カンニング竹山:ちゃんとしてくれますもんね。

吉田明世:アナウンサーの体を一番に思ってくれてる会社なので。『サンジャポ』ね、年内卒業で寂しいんですけど。

田中裕二:うん。

吉田明世:これから、体大事にして。

カンニング竹山:幸せなこと。病気じゃないから、幸せなことだから。

田中裕二:病気じゃないから、よかったですよ。

吉田明世:お騒がせしました(笑)

田中裕二:いえいえ。

吉田明世:『たまむすび』は、3月まで続けさせてもらう予定なので、引き続きよろしくお願いします。

田中裕二:『爆報THEフライデー』もね。

吉田明世:最近、座りながら収録に参加させてもらって(笑)すみません。

田中裕二:一番偉そうなの(笑)

吉田明世:爆笑問題さんも、トシちゃんもみんな立ってるのに、私座ってるっていう(笑)

田中裕二:また気持ち悪くなって、俺が心配してさ、好感度上がっちゃうから(笑)それで太田に怒られるっていうね(笑)

カンニング竹山:嫌いそうだもんな、太田さん(笑)…妊婦はいいんですよ、妊婦は。

吉田明世:すみません、これからも引き続きよろしくお願いします。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 吉田明世,爆笑問題,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:カンニング竹山、AbemaTVの番組制作スタッフは地上波のスタッフと変わらないと明かす「Abemaなの?6チャンなの?」

前の記事:吉田明世アナ、『サンジャポ』アシスタントに抜擢当時は「どういうアナウンサー人生になるかワクワクしてた」と告白