TOPたまむすび ≫ 吉田明世アナ、『サンジャポ』アシスタントに抜擢当時は「どういうアナウンサー人生になるかワクワクしてた」と告白

吉田明世アナ、『サンジャポ』アシスタントに抜擢当時は「どういうアナウンサー人生になるかワクワクしてた」と告白

2017.12.12 (Tue)
2017年12月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、吉田明世アナウンサーが、TBS系の番組『サンデー・ジャポン』でアシスタントに抜擢された当時は、「どういうアナウンサー人生になるかワクワクしてた」と告白していた。

田中裕二の野球部オフィシャルブック
田中裕二の野球部オフィシャルブック

田中裕二:(『サンデー・ジャポン』のアシスタントは、小倉弘子、海保知里、竹内香苗)、青木裕子、田中みな実で吉田(明世)さんか。

吉田明世:そうですね。

カンニング竹山:ああ、そうか。

吉田明世:本当ね、前に担当されてた方がそうそうたるメンバーなのでね。

田中裕二:それは先輩だからね、みんなね(笑)

カンニング竹山:『サンジャポ』、あの仕切りのポジション入ったら、スター候補ってことでしょ、TBS的に。

田中裕二:まぁ、そうね。TBSの花形アナウンサーだよね、歴代のね。

カンニング竹山:花形ですよね。

田中裕二:花形アナウンサーだよね、歴代のね。

吉田明世:私も、まさか自分が『サンジャポ』やれると思わなかったので。

田中裕二:うん。

吉田明世:凄く嬉しくて。どういうアナウンサー人生になるんだろうって、ワクワクしてたんですけど。

カンニング竹山:うん。

吉田明世:まぁ、そんな…私(笑)

カンニング竹山:はっはっはっ(笑)

吉田明世:大したキャラもないので、私は(笑)

田中裕二:はっはっはっ(笑)

吉田明世:これまで歴代のアナウンサーのように、知名度が上がるわけでもなく(笑)

田中裕二:いや、上がったんじゃないですか?どうなんですか(笑)

吉田明世:いや、変なところで上がって(笑)

田中裕二:え?変なところで?

吉田明世:なんか…倒れたりとか(笑)

田中裕二:ああ、倒れた(笑)

吉田明世:なんだかなぁって思って(笑)


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 吉田明世,爆笑問題,サンジャポ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:吉田明世アナ、「アナウンサーを使い過ぎ」とTBSが批判されたことに言及「TBSはブラック企業でもなんでもないです」

前の記事:吉田明世アナ、生放送中に倒れるアクシデントのあった『サンジャポ』を年内降板することに言及「2回も迷惑かけちゃって」