TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 山里亮太、スーマラ武智がM-1敗者復活で革靴を忘れて「誰か貸して」と言うも「サイズ一緒だけど、手は挙げなかったけどね」

山里亮太、スーマラ武智がM-1敗者復活で革靴を忘れて「誰か貸して」と言うも「サイズ一緒だけど、手は挙げなかったけどね」

2017.12.07 (Thu)
2017年12月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、M-1グランプリ2017敗者復活戦で、スーパーマラドーナ・武智が革靴を忘れて「誰か貸して」と言っていたが、「サイズ一緒だけど、手は挙げなかった」ことを明かしていた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]

山里亮太:凄いもんだよ、王者の貫禄というかさ。スーパーマラドーナ武智がバーッと来て。「やべぇ、靴とネクタイとベルト忘れた。誰か貸して」って言って。

サイズをさ、武智が言ってるわけ。「誰か、28の革靴ない?28の」って。そしたら芸人さんたちがさ、「武智さん、よりによって無駄に足がデカイですね。28の革靴履いてる人って、そうそういないですよ」って。「え~?ちょっと誰か」って。

「武智さん、スニーカーで出たらいいじゃないですか」って他の奴から言われてて、「スニーカーまずいやろ」って言ってる時に、俺の頭の中で「俺、28なんだよね」って思ってて。手は挙げなかったけどね(笑)

同期だけど。「武智、スニーカーで行け!」って思って(笑)そしたら、武智がバーッとこっち来て、事もあろうに武智が、「あれ?しずさん、靴いくつっすか?」「え?27」「ちょっと、履かせてもらっていいですか?」「ああ、うん」って。

で、履いて武智が足入れた瞬間にしずちゃんの顔を見つめて、「ウソ、ピッタリ!」って。「しずさん、もしもの時、借りていいですか?」「ああ、エエよ」ってやりとりして。結局、本番は途中の休憩で買いに行ったみたいだけどね。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,スーパーマラドーナ,武智,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:山里亮太、「南キャン最後のM-1」を終えてしずちゃんが「ボロボロ泣いてた」と明かす「決勝の舞台、もう一度立ちたかった」

前の記事:山里亮太、M-1敗者復活戦の当日は「緊張で朝から食事が喉を通らなかった」と告白「ずーっとメシ食えない状況」