TOPブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ! ≫ 品川庄司・品川「自分が人から嫌われるワケ」

品川庄司・品川「自分が人から嫌われるワケ」

2012.02.19 (Sun)
2012年02月19日放送の「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」にて、品川庄司・品川祐、庄司智春がゲスト出演していた。そこで、品川祐が『自分がどうして嫌われるのか』ということに関して、自己分析していた。

庄司「(品川は)勘違いされるのかもしれないですね」

吉田「どういうこと?」

庄司「NSCの時から、わざと言うんです。暴言みたいなことを」

小杉「イジるのか」

庄司「毒舌を履き違えていた時があるんですよ」

吉田「失礼、とか冷たくやっておけば良い、と?」

品川「あと、ダウンタウンさんに憧れて入ってきてますから、お笑い=尖る、その尖り方が一回、ヤンキーを経てるから、間違えて尖っちゃって。笑い的な尖り方じゃなくて、あとお笑い自体が下手くそなのが入り交じって、変な感じになっちゃって」

小杉「あぁ」

品川「顔が、人が喋ってるときも聞いてないかのような感じでいるじゃないですか」

吉田「まさに俺、そうでした。イベントでも、ずっと下を向いてて、人の言うことも笑わんと居て。なんも笑わんと、時間が経っていったらハードル上がっていって、『アカンアカン。このハードルは越えられへん』ってなって、ついに一言も喋らずに終わったことあったから」

庄司「若手芸人は、それありますね(笑)」

さらに、以下のように語っていた。

吉田「内面が変わったっていうことより、技術的なことが変わったってこと?どっかで反省したってこと?」

品川「反省はしましたね。…僕、そもそも、人に嫌われて育ってきたって思っていて」

小杉「どんな思い出やねん!(笑)」

品川「『こいつも、どうせ俺のこと嫌いなんだろう』って思って。もちろん、友達はいますけど、それ以外にはもう敵意から入るんです。裏切られるかもしれないって思って」

小杉「あぁ」

品川「昔、ビビってもいたんです。嫌われるかもしれないって。『この人、好き…でも、この人は好きになってくれるとは限らない』って思うと、まずは敵意を剥きだしちゃうんですよ。でも、吉本に入ったら、今田さんとかにスゴイやさしくされて、なんかイベントがあったときに…子供が生まれた時に、『おめでとう』って当たり前のことなんですけど、みんなが言ってくれて。『なに、こんなに言ってくれるんだろう』って思って」

庄司「今まで、どんな生活してきたんだよ(笑)」

小杉「おめでとう、とかは結構言われてくるでぇ」

品川「お二人は覚えてないかもしれませんけど…テレビで若手芸人が僕の僕のブログの悪口を言ってたんですよ」

小杉「あったなぁ。コント番組で、品川をイジる、みたいな」

品川「『こんなことあったんですよ』って言ったあとに、吉田さんが『聞いてるだけで腹立な!』って言ってくれて。俺のために怒ってくれてて。そしたら、その夜に小杉さんが『俺は、お前の味方や。安心せい』ってメールがきて」

小杉「ふふっ(笑)」

品川「そのたびに、『俺もやさしくしなきゃ』って思うようになってきて」

吉田「今は疑ってないの?いつか俺を嫌いになるかもしれないって」

品川「芸人さんが、『品川はそれでエェやん』って言ってくれるから、他の人に嫌われても良いやっていうのはありますよ。こんだけの温かい人に囲まれてるから、『もうイイや』って」

吉田「あぁ、なるほど。今は、人の『おめでとう』を素直に受け入れられるのか。でも、俺はまだ無理やもん」

品川「はっはっは(笑)…吉田さんのその黒い部分は、今世じゃなくて前世からあるんじゃないですか(笑)」

小杉「引継ぎ?」

吉田「ものすごい飼い主に懐いてたけど、結局、ハムにされて売られた豚みたいな(笑)」と語っていた。

【関連記事】
ブラマヨ・吉田「品川庄司・品川を嫌いになったワケ」

南キャン・山里が語る「品川庄司・品川を嫌いな理由」

有吉弘行が語る「品川 vs 山里の対立問題」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ブラックマヨネーズ,品川庄司,品川祐,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!
次の記事:『ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!』 トーク集

前の記事:ブラマヨ・吉田「品川庄司・品川を嫌いになったワケ」