TOPブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ! ≫ ブラマヨ・吉田「品川庄司・品川を嫌いになったワケ」

ブラマヨ・吉田「品川庄司・品川を嫌いになったワケ」

2012.02.19 (Sun)
2012年02月19日放送の「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」にて、品川庄司・品川祐、庄司智春がゲスト出演していた。そこで、ブラックマヨネーズ・吉田が、品川庄司・品川を嫌いになったワケについて語っていた。

ブラマヨ・小杉「ブラックマヨネーズから、品川庄司への質問。『イヤなヤツやったわ』」

庄司「うわぁ、ストレートだなぁ(笑)」

品川「俺が言うのもなんですけど、これ、品川庄司じゃなくて、品川でしょ?」

ブラマヨ・吉田「あっ、分かるの?そういうの」

庄司「えっそうなんですか?」

吉田「何がイヤやったかと言えば、2005年に僕らM-1獲って、それまで僕ら大阪でちょっとだけキテて。それで、品川庄司はもう全国に出てきてて、有名やったんですよ」

小杉「うん」

吉田「それで、東京のイベントに僕ら出てきた時に、エンドトークで絡むんですけど、品川庄司主体で。それで、僕ら的には『あぁ、あの品川庄司だ。後輩らしいけど、売れている。負けてられへん』って気持ちがあるから、頑張ってね、ウケたんです。『品川庄司なんぼなもんや!』って感じで」

小杉「忘れもせぇへん。頑張ってた」

品川「はっはっは(笑)」

吉田「ほんなら『なるほど、ブラマヨさん、また来てくださいね』みたいな感じで隣のコンビに絡めば良いのに、ウケた俺に『それで?からの~?』みたいな」

品川「『からの~?』ってね(笑)」

吉田「ほんならね、いつかスベリますやん」

小杉「はっはっは(笑)その連打には対応できなかった(笑)」

吉田「出来なかった」

小杉「命からがらの渾身の一発やったから(笑)」

吉田「ほんで、滑って楽屋に戻って『なんやねん!アイツ』と。『なんなん、あの品川ってやつ』って」

小杉「そういう話を聞いた時なんだけどね。僕もスカジャン着てたんです。ほんなら、『大阪の漫才師のツッコミの人って、全員スカジャン着てますよね。なんなんですか、それ』みたいな感じで言われて。それで俺はスカジャンの袖をギューって握るしかなかったよ」

品川「『東京の品川庄司に負けへんで』ってオーラがキツすぎて」

小杉「出てた?(笑)」

品川「『おはようございます』って言っても、『…おうっ』って感じで」

吉田「そんな感じか?俺(笑)」

品川「しかもね、立ち位置も吉田さんの後ろに小杉さんがいるから、吉田さんの子分みたいになってて」

小杉「スカジャンやしね(笑)」

さらに、以下のように語っていた。

品川「単純にね、大阪の芸人さんへのコンプレックスがあるんです。お笑いの本場っていうのもあるし。『俺らが邪道、みたいに思われてるんでしょ』っていうのがあって」

庄司「『俺達の真似事でしょ?』みたいなのがあって」

吉田「勝手に劣等感みたいな」

小杉「こっちはそんなの、全く思ってないけどね」

品川「『なんでだよ』っていうツッコミも、『なんやねん、それ』って思われてるんでしょっていう思いがあるから」

吉田「たしかに、そのときの庄司のツッコミって、斬新やったもんな」

庄司「僕のツッコミ、斬新でした?(笑)」

品川「ダマされるな(笑)庄司の『おかしいでしょ』っていうツッコミでしょ?」

小杉「そうそう。東京の人のツッコミで、そういう感じにしたいんやろうなって思ってて。庄司みたいなのが増えていって」

品川「そういう、大阪の人への対抗意識で」

吉田「ただでさえ、こっちも斜めから観てるもんな。『品川庄司どやねん』みたいな」

庄司「たぶん、その頃はいろんな人にそういうふうに思われてたと思いますよ」

品川「一番感じたのは、大阪でオールザッツ漫才ってあるじゃないですか」

吉田「年末の風物詩ですよ」

品川「お客さんと、芸人が客席にブワーっているんですけど、スベるのは当たり前。笑い声がない中、舌打ちが聞こえてくるの。もう、しんどくて」

庄司「ホントに」

品川「それで終わったら客席で観てて、僕はそれでも笑ってみてたんです。僕、引き笑いで。大阪のお客さんも芸人も俺の方を見て舌打ちして」

吉田「『あいつ、笑い声でまで映ろうとしてるやん!』みたいな」

品川「いや、違いますって(笑)」

小杉「負の連鎖や(笑)負の連鎖始まってますわ」

品川「嫌われてるって自負はあります。みんなに言われます。今、仲がいい、河本さんも藤本さんも大輔さんも『最初、嫌なヤツやったわ』って」

吉田「ほんで、そういうイメージがあって、M-1の2005決勝で会うけど、そんな喋らへんから。その後、僕らカマ騒ぎに呼んでもらって。めちゃイケの。その時、ものすごく緊張してたんです。東京や、めちゃイケや。なんか喋りたいけど、緊張してる。そんな時に、品川がメチャクチャ良いように振ってくれて。細かいルミネでの些細なエピソードを言ってくれて、『ブラマヨそんなところあるんだ、面白いやん』みたいにやってくれたんです」

小杉「うん」

吉田「なんなん、アイツ、前に悪いヤツやったのに、ツンデレがスゴイやん、アイツって」

小杉「ツンとデレの間が長いな(笑)」と語っていた。

【関連記事】
南キャン・山里が語る「品川庄司・品川を嫌いな理由」

有吉弘行が語る「品川 vs 山里の対立問題」

南キャン・山里と品川祐、因縁の一件を互いに検証


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 品川庄司,品川祐,ブラックマヨネーズ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!
次の記事:品川庄司・品川「自分が人から嫌われるワケ」

前の記事:伊集院光「電気グルーヴ・石野卓球が語る音楽/ラジオDJ論」