TOPたまむすび ≫ 外山惠理アナ、日馬富士を引退に追い込んだマスコミやネットによる「イジメ」に苦言「一人辞めさせたら満足する、みたいな」

外山惠理アナ、日馬富士を引退に追い込んだマスコミやネットによる「イジメ」に苦言「一人辞めさせたら満足する、みたいな」

2017.12.02 (Sat)
2017年11月30日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、TBSアナウンサー・外山惠理が、日馬富士が引退へと追い込まれたことについて、マスコミやネット上の袋叩きのような批判に対し、「一人辞めさせたら満足する、みたいな」と苦言を呈していた。

外山惠理:なんかさ、みんな入ってきて、一人辞めさせたら満足する、みたいなことって最近、ないですか?それが凄くイヤだ。

ピエール瀧:この事件っていうか、このことが発覚した瞬間に、マスコミその他は「よし、じゃあ日馬富士の引退にフラグ立てて、そのフラグにまっしぐら」でしょ。

外山惠理:そう。みんなそうじゃん。不倫とかでもそうだったしさ、「誰かが休めばまぁ、それでいい」みたいな。

ピエール瀧:うん。

外山惠理:何なんですか?この満足する感じ。辞める、とかさ。

ピエール瀧:休むとか、謝らせるとかさ。

外山惠理:そう。

ピエール瀧:謝ってるところを見て、スッキリしたい、みたいな。

外山惠理:「アンタの友達じゃないじゃん」って思うわけ。

ピエール瀧:はい。

外山惠理:なんでそんな一人の人生をさ、みんなでそうやってイジメてね、よってたかって。本当にインターネットとかって意地悪だなって思う。

ピエール瀧:はい。

外山惠理:一人のことをあんなに。名前も出してないような人たちがさ、そうやってイジメてさ、一人のことを。本当に好きなんだなって、そういうこと。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 外山惠理,日馬富士,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:ピエール瀧、「不倫問題を批判して謝罪・辞職させる」「CMを放送中止に追い込む」人々の存在に言及「結局、社会は生贄が欲しい」

前の記事:外山惠理、日馬富士の貴ノ岩暴行事件は「先輩・後輩の集まりの中だけで解決すればよかった」問題ではないかと指摘