TOPブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ! ≫ パンクブーブー「コンビ仲は最悪だったがM-1王者になれたワケ」

パンクブーブー「コンビ仲は最悪だったがM-1王者になれたワケ」

2012.02.14 (Tue)
2012年02月12日放送の「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」にて、パンクブーブーの佐藤哲夫と黒瀬純がゲスト出演していた。

ブラマヨ・小杉「仲が悪いって噂だけど」

パンク・黒瀬「それは…」

パンク・佐藤「でも、コンビってそういう時期あるんじゃないですか?ずーっと仲がいいってことはないと思うんですけどね」

小杉「まぁ、俺らもそういう時はあったけど。特に、(M-1優勝した)直後って、環境が変わるから」

黒瀬「いや…僕達は、仲良くなったのは最近ですね」

ブラマヨ・吉田「えっ?最近?」

黒瀬「コンビ歴12年ですけど」

佐藤「(仲良かったのは)頭と、最近ですね」

黒瀬「最初に別のコンビでお互いに組んでて、それを解散して組んで東京に出てきて。その直後は仲が良かったんですけど、ちょっとしたら段々、仲が悪くなっていって。良くなったのは最近です」

小杉「あぁ、そう?」

吉田「THE MANAIで?」

黒瀬「THE MANAIです」

吉田「ほな、M-1の頃とか仲が悪かったん?」

黒瀬「メチャクチャ悪かったです」

小杉「それでM-1チャンピオンになれたん?」

黒瀬「そうですね」

吉田「スゴイな」

黒瀬「その時、もう割りきって。『今から仕事!』って言って会ってたんです」

吉田「他の影響の仕事とかも?」

黒瀬「はい」

吉田「お互い?何が理由だったん?」

黒瀬「もう、積み重ねだったんです。たとえば若いころ、3~4年目の時に『ブサイク&ブサイク』みたいなネタがあるんですよ。『歌手で言うとチャゲ&チャゲ』『失礼だろ』みたいなネタです」

小杉「ホンマ失礼や」

黒瀬「本当に失礼です。佐藤が言うんですけど」

小杉「チャゲさんだって、『MULTI MAX』ってバンド組んではる」

黒瀬「ふふっ(笑)そうですね…それで、その時に『俺達、ブサイクって言いだそう』って佐藤が言うんです。俺は『あぁ、いいよ』って言ったんですけど、佐藤が金髪に染めたりとか、アクセサリーをジャラジャラ付けだしたりとか」

吉田「カッコつけようとしてるやん、モテようとしてますやんっていうね」

黒瀬「はい。M-1の2回戦のネタの時に、変顔するってくだりがあったんです。なのに、帽子を斜めにかぶって(舞台に)出る、とかね」

吉田「可愛く見せようとしてるやん」

黒瀬「『それだったら、顔見えないよ』って言うと、『関係ないっしょ』って言い出して。もう、モテたいなら、言えば良いのに~」

小杉「はっはっは(笑)」

黒瀬「なんなら、サポートもするし。『ブスとブスだ』『そんなブスじゃないぜ』ってツッコむとかね。…そういうところを、隠そうとするんですよ」

吉田「中途半端なんや」

黒瀬「中途半端なんです。それがスゴイイヤで」

佐藤「あの時はもう、本当にモテたかったんです」

小杉「もう、腹くくれや」

佐藤「もうモテたくて」

さらに、以下のように語っていた。

小杉「解散の危機とかなかったん?」

黒瀬&佐藤「ありました、ありました」

黒瀬「M-1の前々年くらいは、もう『優勝する』って言われてて。もう3年くらい言われ続けてたんです。周りもワッショイワッショイしてくれて。後輩も『今年、いくっしょ』みたいな」

小杉「準決勝とかも観てくれてるからな」

黒瀬「それで、『(前祝いに)飲み行きましょう』って言われ続けてて、3年言われてて、『もうこれは無理なのかな』って思って。だから、相方も『俺、芸人辞めようと思う』って言い出して」

吉田「えぇ?なんで?別の夢でも見つかったん?」

佐藤「いえ…もう年齢的にも30歳越えてますし、その時の収入なんて普通に月4~5万円。30越えて4~5万円はキツイですよ。電車代も無い、みたいな。『そんな生活をこれから先もずっと続けていくのか』って思ったら、もうゾッとしたんです」

小杉「うん」

佐藤「でも、M-1を獲った年の前年くらいに、ちょっと(未来が)あるかもって思ったんです。それで、『M-1に出られる限りは、頑張ってみるわ』って言って。だから、『M-1獲れなかったら辞めるわ』とは言ってました」

吉田「へぇ~」

黒瀬「だから、M-1で優勝できてなかったら、解散してたんです」

小杉「ギリギリやってんな」

黒瀬「えぇ。だってあのころ、バイトしてましたからね。営業とか行かせてもらったり、レッドカーペット出させてもらってましたけど、全然食えなくて」

吉田「でも、そうなったら『最後の1年や。頑張って二人でいこうや』って思わへんの?その年も仲悪かったん?」

黒瀬「仲悪かったですね」

佐藤「でも、M-1とか漫才に関しては一つになってました。だから、お互いにイヤだなって意識はありましたけど、やりたい目的は一緒だったんです。だから『お笑い辞めるにしても続けるにしても、ここでM-1獲らなきゃ、お笑いとしてこの先の道はねぇな』っていうのは一緒だったんです。『だから、やろう』って言って」

黒瀬「だから、話しあって。普段はあまり話さないけど、ネタ合わせの時だけはちゃんとやろう、と」

小杉「なんで、仲良くなったの?」

黒瀬「僕ら、M-1獲ったあともブレイクしなくて。それでヤバイヤバイって思ってて。それで、今度は『THE MANZAI』で優勝して。今度こそ、ちゃんとしなきゃマズイって思って。二人でご飯を食べに行ったんです。マネージャーは入れてですけど」

小杉「うん」

黒瀬「『どうしようか、もう今はグチャグチャだ。漫才では、佐藤がボケる、僕がツッコむ。でも、平場になると、僕がボケる、佐藤がツッコむ。これがもうややこしい。要らない。佐藤がボケる、俺はちゃんとツッコむ。俺、ふざけない!』って」

小杉「幼稚園か、お前は(笑)」

佐藤「でも、大切なことなんです」

黒瀬「それでマネージャーに『黒瀬さん、ホントふざけないでください』って言われて、迷惑だったんだって気づいたんです(笑)ついこの間、気づいたんです」

吉田「前はイライライライラしてたけど、もう仲良くなったん?」

佐藤「今は、超可愛いですよ(笑)」と語っていた。

【関連記事】
ブラックマヨネーズが語る「漫才の新ネタを作らないワケ」

デンジャラスが語る「24年間、芸人を続けられたワケ」

南キャン・山里「実力の差を見せつけられたTHE MANZAI」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ブラックマヨネーズ,パンクブーブー,,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!
次の記事:伊集院光が語る「小島慶子のキラキラ降板」

前の記事:オードリー・若林「お笑い芸人を志す人の心理」