TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ「劇団ひとりのアブノーマルさ」

おぎやはぎ「劇団ひとりのアブノーマルさ」

2012.02.12 (Sun)
2012年02月09日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、劇団ひとりのアブノーマルさ加減について語っていた。

矢作「お尻の穴で思い出したけど…」

小木「穴の話してないけどね(笑)」

矢作「信じられない奴が、もう一人いるな。加藤(浩次)さんだけじゃなくて(おぎやはぎが語る「極楽とんぼ・加藤、山本の異常さ」)、劇団ひとり」

小木「俺もアイツ、考えられないわ」

矢作「アイツさ、ゴッドタンのオンエアではもちろん使われないけど、本当に人のお尻の穴に指を入れてくるんだよね」

小木「そう(笑)スゴイのよ。本当に入れちゃうのよ。そういう体(てい)ではないんだよね」

矢作「体じゃない。フットボールアワーの後藤さんにケツ大鼓っていって、ケツをパンパンパンやって、必ずケツ大鼓をやってるフリして、後藤さんのお尻の穴に指を…(笑)」

小木「はっはっは(笑)」

矢作「必ず、第一関節くらい入れるの。山ちゃんとかにも何度も入れるワケ。本当に、入れられた方は『信じられない』って言ってて」

小木「うん」

さらに、以下のように語っていた。

矢作「『なんで本当に入れてくるんだ』って言って。アイツ、本当に入れるの」

小木「そう。だから、収録終わったあと、すぐにトイレで手を洗ってるの」

矢作「手を洗ってでしょ(笑)」

小木「だったら、入れるなって話だけど」

矢作「アイツ、よく入れられるよな」

小木「すごいよね。アイツ、ちょっとソッチの気があんのかな」

矢作「分かんない…」

小木「汚くてイヤだもん、そんなの」

矢作「頭おかしいでしょ」

小木「うん」と語っていた。

【関連記事】
爆笑問題が語る「劇団ひとりのけいおんフィギア騒動」

有吉弘行「劇団ひとりとの関係性」

おぎやはぎが語る「マジ歌選手権ライブの裏話」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,劇団ひとり,ゴッドタン,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:オードリー・若林「お笑い芸人を志す人の心理」

前の記事:おぎやはぎが語る「極楽とんぼ・加藤、山本の異常さ」