TOPオードリーのANN ≫ オードリー若林、子供の頃に予防接種を拒否して再接種のために連れて行かれた場所に驚いた過去「もう、カオスなのよ」

オードリー若林、子供の頃に予防接種を拒否して再接種のために連れて行かれた場所に驚いた過去「もう、カオスなのよ」

2017.11.19 (Sun)
2017年11月18日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、子供の頃に予防接種を拒否して再接種のために連れて行かれた場所に驚いた過去について語っていた。

オードリーのオールナイトニッポン 一年史
オードリーのオールナイトニッポン 一年史

若林正恭:子供の時にね、幼稚園か小学生かくらいの時に、注射、インフルエンザの予防接種を受けてて。

春日俊彰:うん。

若林正恭:めちゃくちゃ怖いんですよ、注射打つの。

春日俊彰:怖いよ、特にちびっこの頃は、特にね。今も怖いけどね。

若林正恭:それで、俺は「若林」だから、俺が打つ頃には、女子が俺の後ろに並んでんのよ。

春日俊彰:なるへそ、男子の一番最後だからね。

若林正恭:最後だから。「わ」だから。

春日俊彰:名前順だとね。女子の「あ」がいるわけでしょ?

若林正恭:そう、そう。青柳さんがいて。

春日俊彰:はっはっはっ(笑)青柳さんは1番だね、出席番号(笑)

若林正恭:うん。で、や行くらいのやつから、女子が呼ばれて来るわけ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:それで、女子がいる分、俺なんか最後、一人だからね。並んでるとき。

春日俊彰:男はみんな終わっちゃってね。

若林正恭:女子がいる分、平気で注射を打たなきゃいけないシチュエーションになってるわけよ。

春日俊彰:まぁ、そうだね。

若林正恭:小学校1年で初めて打つことになって、あまりにも怖くて。

春日俊彰:うん、怖い。

若林正恭:泣き叫んじゃったんですよ。

春日俊彰:ほう、ほう(笑)打つ前に。

若林正恭:打つ前に。そしたら、保健の先生に押さえつけられるんだけど、ちょっと保健の先生に手をあげてしまって、小学校1年生ながら。

春日俊彰:うん、暴れて当たっちゃったというか。

若林正恭:突き飛ばして、走って保健室から出てってったんですよ、注射を打たないで。

春日俊彰:うん、うん。

若林正恭:それから全然モテなくなっちゃって、小学生の頃、クラスの中で。

春日俊彰:うん。

若林正恭:で、打たなかったもんだから、後日、おばあちゃんと一緒に区役所みたいな、保健所みたいなところに打ちに行くんだけど。そこには、中央区の各小学校の俺のようなシチュエーションになった奴が集められてるわけよ。

春日俊彰:ああ。

若林正恭:再チャレンジの奴らが(笑)

春日俊彰:なるへそ。

若林正恭:中央区代表のビビリが集められてるから。

春日俊彰:じゃあ、もう決定戦だよね。ビビリ決定戦。

若林正恭:もう、カオスなのよ。

春日俊彰:ふふ(笑)

若林正恭:保健所の教室みたいなところに、保護者が必ずついてきて。俺はばあちゃんで。

春日俊彰:うん。

若林正恭:で、2人とかついてる、おばあちゃんとお母さんきてる奴とかもいんだけど。

春日俊彰:うん。

若林正恭:掃除のロッカーの上に登ってる奴とか、泣きながら。打ちたくなくて。

春日俊彰:おおっ(笑)

若林正恭:本棚の上に登ってる奴とか(笑)

春日俊彰:ああ、もう決定戦だ、各校の代表が、ビビリの代表が集まって。

若林正恭:そこに20人くらいいるんだけど。そこで、凄い劣等感があったね。「俺、この中なんだな」って。

春日俊彰:まず、エントリーされちゃってるからね、学校代表で。

若林正恭:怒号と泣き叫ぶ声が飛び交ってんのよ。「大丈夫、大丈夫」って声と、「ヤダ、帰りたい!うわ~ん!」みたいなのが、もう(笑)

春日俊彰:ふふ(笑)

若林正恭:「さすがに打たなきゃな」みたいな感じで。それは冷静になって、見たら。それは行くんだけど、自分の番になったら、ばあちゃんをまた突き飛ばしちゃって。

春日俊彰:ああ。

若林正恭:走って廊下を逃亡したら、児童館みたいなところの先生みたいな人がいて。

春日俊彰:うん。

若林正恭:取り押さえられて。その人の手首とか噛んでたんだけど、俺は。

春日俊彰:ああ。

若林正恭:全然、離されずにさ。結局、打ってさ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:帰りに、「なんでこんなに怖いのかなぁ?」って思ったね。普通じゃねぇんじゃねぇかなって。

春日俊彰:自分が?

若林正恭:自分が。

春日俊彰:怖がり方が?

若林正恭:そう。

春日俊彰:まぁ、そうだなぁ、他の子はそんなことはないもんだもんね。想像力なんじゃない?やっぱり。

若林正恭:ああ。

春日俊彰:想像力が豊かっていうかさ。痛いことが必ず起こるわけじゃん、その後(笑)

若林正恭:うん。

春日俊彰:それに対する想像力が凄かったんじゃない?(笑)

若林正恭:なんだろうね。そうすると聞こえがいいんだけど、たしかに「こんなに怖いのかな?普通の人は」って思ってた。テレビ出始めて、動物ロケとかしてる時に。

春日俊彰:ああ、はいはい。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オードリー,若林正恭,春日俊彰,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:有吉弘行、日馬富士の貴ノ岩暴行事件についての朝青龍によるツイートに言及「朝青龍、めちゃくちゃ怒ってる」

前の記事:明石家さんま、『ひょうきん族』を終了させるか否かの決定を委ねられたと明かす「最後、俺に委ねられたんです」