TOPたまむすび ≫ 博多大吉、小学生の時に同級生が母親のことを「アンドレ・ザ・ジャイアント」と呼んでいてショック「隣で聞いてて辛かった」

博多大吉、小学生の時に同級生が母親のことを「アンドレ・ザ・ジャイアント」と呼んでいてショック「隣で聞いてて辛かった」

2017.11.16 (Thu)
2017年11月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、小学生の時に同級生が母親のことを「アンドレ・ザ・ジャイアント」と呼んでいてショックを受けた、と語っていた。

博多華丸・大吉式ハカタ語会話
博多華丸・大吉式ハカタ語会話

博多大吉:お母さん、そんな美人じゃないもん。当時、僕らの子供っていうか、友達から呼ばれてたウチの母ちゃんのあだ名は、アンドレ・ザ・ジャイアントだったもん。

笹川友里:アンドレ・ザ・ジャイアント?

博多大吉:そういうデッカイプロレスラーがいるんだけど。

笹川友里:ふふ(笑)

博多大吉:同世代のお母さんと並んだ時ね、参観日とか。頭一個デカイの。

笹川友里:ああ、背が高いんですね?

博多大吉:大きくて。その上、当時のおばちゃんって、パーマかけるじゃない、モジャモジャの。

笹川友里:うん、うん。

博多大吉:本当にそれがプロレスラーのアンドレにそっくりで。

笹川友里:ふふ(笑)

博多大吉:一回、PTAのドッジボールみたいな大会があって(笑)

笹川友里:はい、はい(笑)

博多大吉:親子が入るの。僕たちも入るし、お母さんたちも入る、みたいな時に、また運動神経が良くてね、ウチの母ちゃんって。僕と全く似ずに。

笹川友里:へぇ。

博多大吉:最後まで生き残って、ドッジボールで(笑)

笹川友里:はっはっはっ(笑)

博多大吉:友達から、「アンドレにぶつけろ!」「アンドレを倒せ!」って、友達が(笑)

笹川友里:はっはっはっ(笑)

博多大吉:友達が言ってるの、隣で聞いてるの辛かったね(笑)

笹川友里:はっはっはっ(笑)

博多大吉:「ウチの母ちゃん、アンドレって呼ばれてる。しかも、みんなから狩られようとしている」って(笑)

笹川友里:はっはっはっ(笑)でも、名物母ちゃんって感じだったんでしょうね、きっと。

博多大吉:うん。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 博多大吉,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:博多大吉、友近の「演歌歌手・水谷千重子」というキャラクター設定に「毎回、乗っかるのが面倒くさい」と発言

前の記事:博多大吉、「高倉健に似ていた」イケメンの父親がヒモ暮らしをしていたことに納得「あ、コイツは働かんわ」」