TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 山里亮太、渡辺麻友が「生粋なアイドル」を貫いてAKB48卒業を迎えたことを絶賛「偉いよ。ノースキャンダルでここまできて」

山里亮太、渡辺麻友が「生粋なアイドル」を貫いてAKB48卒業を迎えたことを絶賛「偉いよ。ノースキャンダルでここまできて」

2017.11.02 (Thu)
2017年11月1日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、渡辺麻友が「生粋なアイドル」を貫いて、AKB48卒業を迎えたことを絶賛していた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]

ネタメール:渡辺麻友です。あー疲れた。2時です。

山里亮太:卒業コンサートが、昨日行われたということで。昨今、「山里、アイドルなんかどうせ分からないだろ」とね。「まゆゆの卒コンも何も思わないだろ」とか言われがちですけど、さすがに思うところありますよ、私は。

初期の頃から見てましたからね。渡辺麻友ちゃんなんてのはね。それが卒業。

でも、偉いよ。あんだけど真ん中いて、ノースキャンダルでここまできて。ずっとツインテールできてさ。ツインテールやめる時だって、みんながザワッとしたくらい。そんな生粋なアイドルだったわけじゃない。

いやぁ、卒業いいですよ。「みんなの夢が叶いますように」ってサブタイトルだったんですよ。あれはチームBがですね、始まる前に掛け声で言ってた言葉なんですよ。私、一番熱心に見てたころのやつですからね。

いや、本当にお疲れ様です。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,渡辺麻友,AKB48,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:山里亮太、加藤浩次が「頭蹴り騒動」のあったAKB48を卒業する渡辺麻友を絶賛していたと語る「本当にこの子、偉いんだよ」

前の記事:カンニング竹山、過労で倒れた吉田明世アナに「バカみたいに働いたら、もったいないよ」と仕事量のセーブを促す