TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 山里亮太、「企画書に名前が挙がる」と評判なのに仕事の話が来ないのは吉本興業のせいと指摘「弊社でしょ!」

山里亮太、「企画書に名前が挙がる」と評判なのに仕事の話が来ないのは吉本興業のせいと指摘「弊社でしょ!」

2017.09.28 (Thu)
2017年9月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、「企画書に名前が挙がる」と評判なのに仕事の話が来ないのは吉本興業のせいと指摘していた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]

山里亮太:(マネージャーから)連絡も来ないのも当然なんだって、ライス。可哀想に。チョコプラも忙しいの分かるけどさぁ、可哀想だなぁって思って。

でも、思ったわけよ。ちょっと、思うところがあって。今、ずっとね、実はこんなこと…作家の小川さんとか、佐藤さんとかに、これを言うことで、小川さんとか、佐藤さんが傷ついちゃわないかなって、心配なことがあって。

俺、2人を疑ってたところあったんですよ。

放送作家・小川浩之:なんですか?(笑)

山里亮太:よくね、小川さんとか佐藤さんが、俺をご機嫌にしてくれるために言ってくれてるセリフがあったんです。2人が僕に言ってたのが、「今、山ちゃんで企画書、凄い上がってるよ」って。

放送作家・小川浩之:うん、言いますね(笑)

山里亮太:ね?言うでしょ。佐藤さんも、「この間、聞いたら山里さんで企画書凄いんですよ」「え?本当?じゃあ、次の期なんか、結構、来るのかな?」「なんか、MCとかもあるみたいですよ」「やめてよ、佐藤さん~…おまんじゅう食べる?」なんて言いながら。ずっとそんな話してたじゃん。

あれって、なくない?

放送作家・小川浩之:来てないっすか?

山里亮太:来てないのよ。それで、心のどこかで、佐藤さんも小川さんも、俺をご機嫌にするためだけに、そういう、「巷じゃ企画書上がりまくってるよ」っていうので、俺をご機嫌にするために、優しいウソをついてたんじゃないかなって思ってたけど。

いや、俺は、2人とずっと接してきて、ウソつく人間じゃないって思ってる。じゃあ、きっと来てたはずなんだよ、仕事は。じゃあ、どこで止まってんだ、誰が伝えてないんだ。…弊社でしょ!

さっきの流れを考えてみたら(山里亮太、後輩コンビ・ライスにヒドイ扱いをした吉本興業のマネージャーに対して激怒「俺は許せない」)。やってんな、と。これ、よしもとクリエイティブ・エージェンシーよ。連絡ミスだろ。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,吉本興業,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:山里亮太、共演していた元SKE佐藤聖羅がノンスタ井上と交際していたと発覚した時の心境を吐露「気まずいったらありゃしない」

前の記事:山里亮太、後輩コンビ・ライスにヒドイ扱いをした吉本興業のマネージャーに対して激怒「俺は許せない」