TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 山里亮太、『ダウンタウンなう』での失敗で南海キャンディーズとしての自信を失っていたと告白「もう一回頑張らなきゃ」

山里亮太、『ダウンタウンなう』での失敗で南海キャンディーズとしての自信を失っていたと告白「もう一回頑張らなきゃ」

2017.09.21 (Thu)
2017年9月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、フジテレビ系の番組『ダウンタウンなう』での失敗で、南海キャンディーズとしての自信を失ってしまっていたと明かしていた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]

山里亮太:南海キャンディーズとしての自信復活なるか。…どうも皆様こんばんは、南海キャンディーズ・山里亮太でございます。

いや、ちょっとね、先週聴いてなかったって人には、「なんのこっちゃ?」って感じかもしれませんけども。南海キャンディーズの自信に、揺らぎが出てしまったって話を、先週したんですけども。

それは、『ダウンタウンなう』の方に出させていただいて。コンビで出てですね、色々番組の特性上、本音を語るところで、しずちゃんが昔、ダウンタウンさんの追っかけをしてた、その時の気持ちが復活してしまい、お互いが空回り、空回りでまぁダメな仕上がりになってしまった。

で、「うわぁ、ダメだったなぁ、今回」って言って、山里、凹んでまして。その日にしずちゃんからもメールがきて。たった一言「ごめん、女になってもうた」っていうですね。一体、なんだったんだろう、「女になってもうた」という感想で、「ヤバイ、ヤバイ。大事な時期の南海キャンディーズ、もう一回頑張らなきゃヤバイな。ウチらは面白いんだって自信を持たなきゃヤバイな」ってところに、いい機会がやってきまして。

それが、先週末ですね、出させていただきました、『ENGEIグランドスラム』、ネタ番組ですよ。この『ENGEIグランドスラム』、何がいいって、お客さんがむちゃくちゃ温かい。本当に笑ってくださるんです。

無条件で面白いネタやって、自然と笑いが生まれるっていうのもあるかもしれませんけど、「笑いにきましたよ。ここがボケだって時に、笑いますよ」っていう、前のめりな感じの笑い声をくださるのは、ありがたいんですよ。

関連記事


山里亮太、『ダウンタウンなう』でしずちゃんが「松本人志の追っかけ」だった頃に戻ってしまい大スベリしたと告白

山里亮太、「ダウンタウンのライバルになる」とNSCの説明会で息巻いていた人物が養成所にも入れず落ちていたと明かす


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,しずちゃん,ダウンタウンなう,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:山里亮太、『ENGEIグランドスラム』直前のネタ合わせでしずちゃんの機嫌が悪かったと明かす「ご機嫌斜めなのよ」

前の記事:伊集院光、中国人が他人の楽天IDで「龍角散」を爆買いしたとのニュースで「龍角散、効くんだな」と改めて思ったと告白