TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ 雨上がり決死隊「人気の無さを誤魔化すためにしていること」

雨上がり決死隊「人気の無さを誤魔化すためにしていること」

2011.10.22 (Sat)
2011年10月20日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、雨上がり決死隊・宮迫博之、蛍原徹がゲスト出演していた。そこで、若手芸人に比べて人気がないことを隠すため、その誤魔化し方法について語っていた。

宮迫「ライセンスとか、二人ともまぁまぁ男前なんですよ」

蛍原「そうですよ。だから、ライブチケットとか売れるんです。だって、見てるだけで良いんだから」

宮迫「蛍原さんは、テレビ収録の時とか、出方を考えてるんでしょ?『蛍原さんです~』って呼ばれて、出て行くとき」

蛍原「うん?」

宮迫「この前、言ってたでしょ。何かに挟まって出てくるって」

蛍原「ふふっ(笑)よくね、スタッフの人とか前説をしている子が、紹介してくれるやん。『まずは、ゲストのおぎやはぎさんです。続いて○○さんです。最後は、MCの○○さんです』って紹介していくでしょ」

矢作「はいはい」

蛍原「そんなんもう、ハッキリ出るやん。お客さんの反応が」

宮迫「出ます、出ます。『キャー~~~!』『はぁー~…』って違いよ」

小木「あります、あります」

宮迫「ハッキリ、人気・不人気が分かってしまうから」

蛍原「今やったら、もうそんなん『蛍原さんです!』って言ったら、『フワァ~』ってなるの分かってるから、『ピースの綾部さんです!』って言うときに、一緒に出て行くのよ」

宮迫 & 矢作「はっはっは(笑)」

蛍原「綾部の後ろにパァーって出て行くの。いっつも」

矢作「それ、良いですね(笑)」

蛍原「俺、こんなに歓声あんねやって思えるから」

矢作「でも、それ分かるなぁ」

宮迫「テンション下がるからね」

蛍原「収録前に明らかに『フワァ~』ってなったら、テンション下がるでしょ」

矢作「たしかに、芸人の並びで紹介されていって、一番キャ~って言われたことは、一度も無いですからね。僕らもね。それは仕方ないですね」

宮迫「俺も、いつも汚いの。『宮迫~です!』があるから」

矢作「あぁ~」

宮迫「あえて、歓声が少ないって思ったら、その瞬間『宮迫~です!』やって。そこで盛り上がってくれればね。人気ある風にしてね」

矢作「クソメンだなぁ~(笑)」

小木「発想がクソメンだね(笑)」

矢作「ヘタすれば、蛍原さんよりもクソメンかもしれないな」

蛍原「そうや、そうや」

矢作「顔は、蛍原さんの方がクソメンですけど、内面は宮迫さんの方がクソメンですね」

宮迫「俺は、ヒドイと思うわ。色んな意味で。人としてね。マンガは読むし」

蛍原「CM中とはいえ、本番中に読んでるからね」と語っていた。

【関連記事】
「おぎやはぎのメガネびいき」に雨上がり決死隊が出演

雨上がり・宮迫が語る「ナインティナインとの初対面」

雨上がり・宮迫が語る「ナイナイ・岡村を葬ろうとした瞬間」

雨上がり・宮迫が語る「ナイナイ・岡村の女性に対するトラウマ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,雨上がり決死隊,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:雨上がり決死隊・宮迫「クソメンを脱するための方法」

前の記事:ナイナイ・森脇健児が語る「夢がMORIMORIをやっていた頃」