TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 山里亮太、aikoがライブMCで話す「絶妙な下ネタ」に嫉妬「ああ、こういうふうに下ネタ言いたい」

山里亮太、aikoがライブMCで話す「絶妙な下ネタ」に嫉妬「ああ、こういうふうに下ネタ言いたい」

2017.09.07 (Thu)
2017年9月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、シンガーソングライターのaikoがライブMCで話す「絶妙な下ネタ」に嫉妬したと語っていた。

恋をしたのは
恋をしたのは

山里亮太:aikoさんはね、もちろん楽曲の格好良さ、素晴らしさもあるんだけど、俺は目をみはるもんがあるっていうか、スゲェなって思うのは、MCトーク。

あれは本当に、恥ずかしい話、嫉妬を覚えるくらい。一応、喋りを生業とさせてもらってる私ですけども。嫉妬しちゃうくらい。下ネタのぶち込みとかもね、スゲェ良いの。

上品だから、下ネタでもみんな変な風に聴こえないんじゃなくて、ちゃんと下品なんだけど、言うトーンと、出し方と、お客さんのウケ方がむちゃくちゃ絶妙で。「ああ、こういうふうに下ネタ言いたい」って思ったもん。

なんで俺は、VRでオナニーしてる時に、横から話しかけられて、キスをせがまれたから、キスをしたら、観葉植物を舐めちゃったとか、そんなんじゃない(aiko、山里亮太の「VRでAV鑑賞中に、いつの間にか観葉植物を舐めていた」話をライブで紹介して観客がドン引き)。

老若男女来てるライブで、ちゃんと伝わるような下ネタを絶妙に言いたいって、そういう嫉妬もあったりとか。

関連記事


山里亮太、aikoがラジオ番組で「わかめ酒」について話していたと知り驚く「なんちゅうテーマでトークしてんのよ(笑)」

山里亮太、aikoがファンからの恋愛相談に3時間乗り続けたことに驚愕「aikoだってこと、ちゃんとわかってる?」

南キャン山里、aikoが自分で付けた呼び名に戸惑う「aikoチ○コ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,aiko,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:山里亮太、aikoのライブで全く貢献できなかったことに自己嫌悪「なんてつまんない男なんでしょう」

前の記事:伊集院光、メルカリにおけるウィルス情報出品など相次ぐ「不適切出品」に禁止ではなく「AIでもう一歩進歩すべき」と指摘