TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ・矢作が語る「滝沢秀明の写真週刊誌報道」

おぎやはぎ・矢作が語る「滝沢秀明の写真週刊誌報道」

2011.10.15 (Sat)
2011年10月13日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、『ジャニーズの王子・滝沢秀明 美女とホテル密会 情熱の3時間半』というタイトルのフライデー報道について語っていた。

記事によると、都内の商店街でくわえタバコをしている滝沢秀明が目撃され、その後、都内で大沢あかね似の女性を拾い、高速道路に乗って町田へ移動。コンビニに立ち寄った後、ホテルへ入っていく姿が目撃されたという。

矢作「ラブホテルかどうか言わないね」

小木「ラブホでしょ」

矢作「町田でしょ?」

小木「それで3時間半で出てきてるからね…ちょっと、ラブホってスゴくない?」

矢作「ちょっと離れたところは、芸能人が行くんだよ」

小木「地方というか、ちょっと郊外のラブホは行くんだ?」

矢作「だって、よく考えてごらんよ。一番分かんないじゃん。車で行って、よく高速道路道路沿いに見えるでしょ」

小木「あれは憧れだね」

矢作「高速道路沿いに見えて、あぁいうのって、どういう風に入ったら良いのか分からないでしょ」

小木「分かんない」

矢作「ああいうところを通ったときに、たまたま、左側に高速があって、右側にラブホがあって。そのときに高速から見えるところって、ここだって思ったんだけど、そこの周辺、実際にそこの下道は真っ暗で全然分からないよ」

小木「あぁ、そう?」

矢作「誰も分からない。芸能人が居ようと、わからない。だから、穴場ですよ」

小木「穴場…」

矢作「別に、お前に情報を与えてるんじゃないよ(笑)」

小木「真っ暗なのね」

矢作「フロントもないから。地方のところとかだと、フロントも無いから」

小木「えぇ?無いの?」

矢作「無いよ。入ったことないの?」

小木「郊外は無いな」

矢作「俺はあるの。入ったことあるの」

さらに、以下のように語っていた。

小木「俺、渋谷ではあるよ。そういう、繁華街の有名なところは。あぁいう、高速の通り沿いは無いから、憧れはあったんだけど」

矢作「俺はあるの。お前の知ってるのは、フロントで顔が見えない、手だけが見える、その奥にオバサンがいて、鍵だけ受け取るところでしょ?」

小木「そう。部屋の写真があって、そこで鍵をフロントで渡される」

矢作「そうでしょ?あれは受付があるでしょ。でも、埼玉とか町田では無いの。もう、コテージみたいになってるの。1階が駐車場になってて、脇に階段があって」

小木「ホント?ホントに行ったことあるの?」

矢作「あるよ。建て売り住宅みたいになってて。駐車場に入れると、脇に玄関があって、そのまま2階に上がって行くの。それで部屋に行って。だから、誰とも合わないの」

小木「その部屋が空いてるって、どうやって分かるの?」

矢作「それは書いてあるの。各部屋に空部屋って書いてあるの」

小木「駐車場に?」

矢作「入って行って、自動精算機みたいなのがあって」

小木「あぁ、昔、近所にあったな。カプセルみたいなのが落ちて来て」

矢作「そうそう。誰にも会わないで済む…すごいよく訊くね(笑)」

小木「いや、それ誰と行ったの?」

矢作「覚えてないよ」

小木「覚えてないってオカシイじゃない。そんなお盛んなんですか?」

矢作「違うよ。昔の話だから…だから、昔に思ったってことよ。芸能人っていうと、シティホテルとかに行くって思いがちだけども、ちょっと車で郊外に行ってラブホに入る方が、バレないと思うのよ」

小木「そういうことを知ってたんだもんね、タッキーが」

矢作「それは分かんないよ」

小木「スゲェ行ってた可能性もあるね」

矢作「それは分からないけれども、ってことよ。でもちょっと郊外は意外に良いよって」

小木「どうしてバレたんだろ?」

矢作「つけられてたんでしょ、東京から」と語っていた。

【関連記事】
ナイナイ岡村が語る 「ジャニーズとは思えない国分太一の姿」

爆笑問題・田中「田原俊彦とのカラオケ」

ナイナイ・岡村「ジャニーズのマネージャーを使い倒す」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,滝沢秀明,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:南キャン・山里「オードリー・若林はクズだ」

前の記事:「おぎやはぎのメガネびいき」に雨上がり決死隊が出演