TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、仙台育英の打者による大阪桐蔭・一塁手に対する「ラフプレー」を批判する人々に反論「お門違い」

伊集院光、仙台育英の打者による大阪桐蔭・一塁手に対する「ラフプレー」を批判する人々に反論「お門違い」

2017.08.22 (Tue)
2017年8月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、全国高校野球選手権の仙台育英と大阪桐蔭の試合で、仙台育英の打者による故意の「ラフプレー」があったことにより、大阪桐蔭・一塁手の中川卓也選手がベースを踏むことを躊躇ってしまったのではないか、という批判について、「お門違い」と反論していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

前の記事「伊集院光、大阪桐蔭・一塁手の中川卓也選手が「ベースを踏み直そうとした」ことがセーフとなった要因ではないかと指摘」からの続き。

伊集院光:昔の高校野球よりも、今って、ちょっと高校野球のレベルが上がり過ぎてて。しかも、超名門校の大阪桐蔭って、僕らの頃では考えられない、僕らの頃から観てきた名門校よりも上のレベルで試合をやってるから。

僕らの頃は基本、一塁手はベースの片方を踏んでないとアウトのしようがないから、必ず踏んでおきなさい、と。万が一、くるボールが逸れた時のために、ついてない方の足だけは、どっちにも出せるようにしておくのが基本ですって。

僕みたいな下手くそは、ファーストやってたんですけど、右足踏んで、さらに左足を精一杯早くとりたいから伸ばして待っちゃうと、もう暴投の時に動けないでしょって。それは下手くそのやることです。

伸ばす方の足は、「こっち側にきた」って方に向かって伸ばしましょうって、それが良い一塁手のプレーだったんだけど、そのワンレベル上で、今、余裕でアウトの時には、片足つかないで待った方がいい、と。

ボールが来た時に、万が一大きく逸れた時に、両方固定してない方がいいから、余裕でアウトの時は、両足つかないでいて、直前に伸ばす方の足は伸ばす、踏む方の足は踏むっていう、このワンレベル上のやり方をするっていうのが、この頃のトレンドなのね。

だから、僕の中では、後付けで炎上してる中での、「さっき、足蹴られてるから片足踏んでない」ってやつは、お門違いみたいな感じが、俺の中ではしてるのね。そこを、「最近の高校野球はスゲェ」って見ちゃってるから。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,高校野球,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、ザキヤマが高校野球に関してはピュアであることに驚く「TVでは竹山に霧吹きで水をかけ続けてるお前が(笑)」

前の記事:伊集院光、大阪桐蔭・一塁手の中川卓也選手が「ベースを踏み直そうとした」ことがセーフとなった要因ではないかと指摘