TOPたまむすび ≫ カンニング竹山、『ビビット』で「ご先祖を迎えるために窓を開ける」と放送していたことに疑問「幽霊ならすり抜けるだろ」

カンニング竹山、『ビビット』で「ご先祖を迎えるために窓を開ける」と放送していたことに疑問「幽霊ならすり抜けるだろ」

2017.08.15 (Tue)
2017年8月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、TBS系の朝の情報番組『ビビット』で、「ご先祖を迎え入れるために窓を開ける」と放送していたことに疑問を呈していた。

竹山ブートキャンプ! ザキヤマ&河本のイジリトレーニング
竹山ブートキャンプ!~ザキヤマ&河本のイジリトレーニング~ [DVD]

カンニング竹山:俺は元から(幽霊や迷信など)そういうことは、あまり信じない方だから。

吉田明世:私は、(階段で物音がして)おじいちゃんがまた帰ってきたんだなと。

カンニング竹山:それは、物の言いようだからね。今朝も、『ビビット』でお盆の正しい礼儀をやってたじゃないですか。

吉田明世:やってましたね。

カンニング竹山:「お盆になったら、マンションの人たちは火なんか起こさなくていいから、窓を開けて」と。

吉田明世:窓を開けて。

カンニング竹山:「帰ってきて下さい、と天に拝めばいい」と言ってたんだけど。俺もそれはね、ちょっと疑問があるわけ。

吉田明世:はい。

カンニング竹山:あの世っていうものがあるのならば…「あの世から、自分の家のマンションまで帰ってこれる能力がある奴は、窓なんか開けてなくても入ってこれるよ」っていう。

吉田明世:はっはっはっ(笑)

カンニング竹山:もう、そういうのがイライラくるのよ、俺は。

吉田明世:窓、スッと入れますよね(笑)

カンニング竹山:入れるよ、そんな能力があるんだもん。

吉田明世:はっはっはっ(笑)でも、一応迎え入れるっていう姿勢じゃないですか、こちら側の。締め切ったままで「どうぞ、好きなタイミングで入って」とかじゃなくて。

カンニング竹山:締め切っているけど、「じいちゃん勝手に入ってきてね」と思う気持ちも、迎え入れる姿勢だから。

吉田明世:ああ、そうか。

カンニング竹山:窓を開けるっていうのが、「何だよ、それ」と。「幽霊だったらすり抜けるだろ、普通」と。

吉田明世:まあね、家の形もどんどん変わっていますからね。

カンニング竹山:あとは、人間として正しく育っているのなら、「テメェ、幽霊になっても窓から入ってこないで、下の玄関からちゃんと上ってこい、バカ野郎!」っていうね。

吉田明世:竹山さん、何となくお盆の時期は怖いから、その話やめましょう(笑)

カンニング竹山:はっはっはっ(笑)

吉田明世:また、階段の音が聞こえそうです。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : カンニング竹山,ビビット,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:カンニング竹山、街頭インタビューをスムーズに行うコツを明かす「会話に自然に入っていく」

前の記事:カンニング竹山、子供連れであると芸能人も声をかけられづらくなると明かす「気を遣ってくれるんだね、家族でいると」