TOPサンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ ≫ 『アイシールド21』原作者・稲垣理一郎、「wikiやファンサイトでデータを調べて原作を描いていた」と告白

『アイシールド21』原作者・稲垣理一郎、「wikiやファンサイトでデータを調べて原作を描いていた」と告白

2017.08.06 (Sun)
2017年8月5日放送の『サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ』(毎週土 24:30-25:00)にて、漫画家・漫画原作者の稲垣理一郎が出演し、「wikiやファンサイトでデータを調べて『アイシールド21』の原作を描いていた」と告白していた。

アイシールド21 1
アイシールド21 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

稲垣理一郎:困ったら、ファンサイト。

伊達みきお:困ったら、ファンサイト?これ、どういうことですか?

稲垣理一郎:ファンの方が作ってる、ファンサイト。wiki的なやつですね。

伊達みきお:はい、はい。

稲垣理一郎:って、凄くこれ、便利なんですよ。

伊達みきお:ほう。

稲垣理一郎:『アイシールド21』の時の話ですけども。

伊達みきお:はい。

稲垣理一郎:選手の「コイツの背番号、なんだっけ?」って思ったときに、それまでは、バックナンバーをわざわざ全部調べてたんですけど。

富澤たけし:ああ。

稲垣理一郎:ある時に、「あ、wiki見ればいいじゃん」って気づいて。

伊達みきお:はっはっはっ(笑)

稲垣理一郎:ファンの方がまとめてるサイトを見たら、凄い早くなったんですよね。

伊達みきお:それは先生、覚えててもらうことはできないもんですかね?

稲垣理一郎:はっはっはっ(笑)なんせ、キャラクター多いので。

伊達みきお:多いですけど、決めてんの先生じゃないですか。

稲垣理一郎:まぁ、そうなんですけど(笑)仕事中は、ずっとファンサイトをパソコンで開きっぱなし、みたいな。

伊達みきお:はぁ。

稲垣理一郎:もちろん、最後はね、照らし合わせなきゃいけないですけども(笑)

富澤たけし:ありがたいですね、これ。

稲垣理一郎:凄くありがたかったですね。

伊達みきお:ほう、なるほどね。たしかに、僕らもあるね、それね。

富澤たけし:「この時、何のネタやったっけな?」って、調べたら出てきたりしますもんね。

伊達みきお:出てきたりするんですよね。

富澤たけし:うん。困ったらファンサイト。

伊達みきお:ありがたいですよね、ファンサイトはね。

富澤たけし:使ってますよ、先生もね。

伊達みきお:ねぇ。

関連記事


『アイシールド21』原作者・稲垣理一郎、ヒル魔は「『スラムダンク』桜木花道の反則に衝撃を受けて生まれた」と告白

漫画原作者・稲垣理一郎、『アイシールド21』の作画を決めるコンペで「ぶっちぎりで村田(雄介)君が上手かった」と明かす

『アイシールド21』原作者・稲垣理一郎、連載終了後「7年間のニート生活」を送っていたと告白「ドラクエ廃人」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : アイシールド21,稲垣理一郎,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ
次の記事:有吉弘行、ピース綾部の写真に「まだ日本にいたの?」などとコメントする人々に食傷気味「アホはああいうことしか言わない」

前の記事:『アイシールド21』原作者・稲垣理一郎、連載終了後「7年間のニート生活」を送っていたと告白「ドラクエ廃人」