TOPたまむすび ≫ 山里亮太、鳥人間コンテストでスタッフに呼び出されて「おちゃらけ禁止」と言われたと明かす「全体的に静かにして下さい」

山里亮太、鳥人間コンテストでスタッフに呼び出されて「おちゃらけ禁止」と言われたと明かす「全体的に静かにして下さい」

2017.08.02 (Wed)
2017年8月1日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、鳥人間コンテストの中継で、スタッフに呼び出されて「おちゃらけ禁止」と言われてしまったと明かしていた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]


山里亮太:私なんかでもね、素敵な場所に今週末、行ってきました。

海保知里:はい。

山里亮太:滋賀は琵琶湖でございましてね。鳥人間コンテスト第40回。

海保知里:うわ。

山里亮太:他局の番組を紹介して申し訳ないですけど。まぁ、凄かった。毎年毎年、私はプラットフォームという飛行機が飛び立つ場所で涙、涙でやっているわけですけど。いや、感動した。今年も良かったんだよなぁ。

海保知里:良かったです。

山里亮太:うん。それで今年ね、1個システムがね、変更になりまして。いつも例年はね、私はプラットフォーム上にグラビアアイドルの女の子と2人で、「はい、はい。こちら、プラットフォームです」なんて言って名物キャラクター、パイロットなどをイジるわけですよ。

海保知里:ええ。

山里亮太:それで、東野さんと僕は、基本的にイジって楽しむというか。イジると言っても、エピソード。「実は、この子とこの子が付き合おうとしているけども、付き合うにはまだもう1つ勇気が足りない。それで今回飛ぶことで、何 m 飛んだらこの思いを告げようと思っているんです」なんて言っている子がいたら、そんな彼女が、こっちにいますよ」なんて東野さんと俺でね、キャッキャ、キャッキャやっていたんですけど。

海保知里:はい。

山里亮太:そういうのが、グラビアの子とかも横にいて、華やかで。なんか、理系のちょっと女の子に慣れていない子なんかがね、なんとかこう、胸を盗み見ようとしている姿とか。それを東野さんが見つけて、「ちょっと山ちゃん、あの子に聞いて」なんて言って。

海保知里:ええ(笑)

山里亮太:凄い鍛えてそうだからと言って、東野さんと一緒に、グラビアの子に「凄い筋トレしたらしいから、ふともも触ってあげて」なんて言って。そのグラビアの子が触って、「うわっ、カッチカチ」って言って、プラットフォーム上の男子が、みんな顔を真っ赤にするとかね。

海保知里:いやぁ。

山里亮太:そういうのを、ずっと楽しんでるの、俺たちは。

海保知里:はっはっはっ(笑)

山里亮太:そういうのを楽しんでね、やってたんですよ。それが、今年からちょっと私も呼び出されまして。「今年、ちょっとテイストを変えようと思って」「そうなんですか、素晴らしい鳥人間、関われるだけで幸せです。何でも言って下さい。僕にできることがあったら」と。

海保知里:はい。

山里亮太:そう言ったら、「ちょっと、おちゃらけをなくそうかなと思って」と。

海保知里:おちゃらけ?

山里亮太:「おちゃらけをなくす?なるほど、確かにドラマチックですからね。おちゃらけをなくすというと、どういうことになりますか?」「まず、プラットフォームは山里さん一人でお願いします」と。グラビアがいない。

海保知里:はい。

山里亮太:「分かりました。それもありですよね、はい」「あと、全体的に静かにして下さい」って言われた。

海保知里:ええ!?

山里亮太:それで、台本を見たら「全編、落ち着いたテンションで」と書いてあって。

海保知里:はっはっはっ(笑)

山里亮太:「はい、はい!こちら…」と言えない。

海保知里:どう言ってたんですか?

山里亮太:「はい、こちらプラットフォームの山里です。今、プラットフォーム上は、琵琶湖側からの強い風がプラットフォームに吹きつけている感じで、プラットフォーム上は非常に緊張感が漂っております…お戻しします」と。

海保知里:何これ、競馬の?

山里亮太:控え室だよね。

海保知里:控え室中継みたい。

山里亮太:でもね、分かるの。それがぴったりな感じのドラマが、ムチャクチャあるのよ。

海保知里:結構シリアスな。

山里亮太:そう。やっぱり、番組が何を求めているかに対して、自分がわがままでキャッキャしたらいけない。だから、そんな中で何ができるかと言ったら、「トーンを抑えてボケる」というのをやってみたけど。

海保知里:はい。

山里亮太:ボケって、トーンを抑えたらスベるね。

海保知里:はっはっはっ(笑)

山里亮太:ビックリした。

海保知里:何かでも、そういうトーンで逆に跳ねるケースもあるじゃないですか。

山里亮太:スベったね。

海保知里:難しかったですか。

山里亮太:それで、東野さんも、ちゃんとトーンを守りながら。「プラットフォーム上で、山ちゃんがスベられましたけど。さぁ、ということでですね、緊張感漂う中…」って。そこが放送されるかどうかわかりませんけど。

海保知里:はっはっはっ(笑)

山里亮太:鳥人間コンテスト、今年もとんでもないドラマがあります。ぜひ、お楽しみに。

海保知里:ぜひぜひ、楽しみ。

山里亮太:読売テレビだよ、これ(笑)

海保知里:はっはっはっ(笑)

関連記事


南キャン・山里「鳥人間コンテストの感動の舞台裏」

おぎやはぎ小木、ドランク鈴木拓の『鳥人間コンテスト』出場を応援「空気が全然違う」

南キャン山里、ドランク鈴木拓の「鳥人間コンテスト」特集に涙「一緒にゲスキャラ卒業を」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,鳥人間コンテスト,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:爆笑問題・太田、インスタへ写真をアップする目的だけで高額なナイトプールに行く人々に疑問「バカじゃねぇか」

前の記事:海保知里アナ、クレジットカード詐欺被害で犯人の勤務する店などが特定できつつあると告白「もしかしたら、このお店では」