TOPオードリーのANN ≫ オードリーが語る「フジテレビのコント番組を作るとしたら」

オードリーが語る「フジテレビのコント番組を作るとしたら」

2011.09.16 (Fri)
2011年09月10日放送の「オードリーのオールナイトニッポン(ANN)」にて、ピカルの定理に出演した時のことについて語っていた(オードリー・若林が語る「ピカルの定理に出演して思うこと」)。そこで、フジテレビのコント番組を作るとしたら、どんなメンバーにするのかについて語られていた

若林「考えられるか?U字工事とナイツとオードリーと、マシンガンズでコント番組が始まるって。それはムリだよ。益子がブサイクだから」

春日「そうだなぁ(笑)アイツがブスだからいけないんだよ(笑)」

若林「はっはっは(笑)ブスだからできないんだよ」

春日「アイツがもっとシュッとしてたらね。でも、分からん」

若林「分かんない?お前の一言で始まるかもしれないだろ。ちょっと、メンバー4組発表して。フジテレビでコント番組始められるとしたら、どんなメンバーを集めるの?」

春日「まぁまぁ…」

若林「『リチャードホール』パターンもあるからね。一流と認められた人が集まるパターンも」

春日「はいはい」

若林「お前もそのメンバー、4組。ドキドキだよ。自分たちが選ばれるか」

春日「4組…そうだなぁ」

若林「まず、タイトルを。深夜から始まる」

春日「何だろうなぁ…う~ん…う~ん…」

若林「放送事故だよ、これ!」

春日「ちょっと考えさせてくれよ…『戦慄の腰掛け』」

若林「放送事故だよ!なんだよ、『戦慄の腰掛け』、センコシ(笑)」

春日「意味が分からない方が残るのかな、と」

さらに、以下のように語っていた。

若林「センコシのメンバー教えてよ」

春日「そうだな…まぁ、『トップリード』」

若林「生々しいね(笑)」

春日「うん。世代が一緒だからね」

若林「ちょっと後輩でしょ?」

春日「まぁ、そうか。若干かな」

若林「若くてメッチャ面白い人が入ってきたなぁって思ってたけど」

春日「若いけど、そこそこ長いよ」

若林「結構、若い時からやってるんだ」

春日「やってると思う」

若林「あとは?」

春日「『ゆったり感』」

若林「お前…結構、マジだな(笑)」

春日「マジだよ(笑)」

若林「『トップリード』『ゆったり感』」

春日「『瀧本美織』ちゃん」

若林「さすがテレビっ子だな(笑)」

春日「そうだなぁ…」

若林「女性がもう一人くらい入ってくるか」

春日「もう一人だと、ここ難しいところだな。芸人さんがいいなぁ」

若林「うん」

春日「若い女子…」

若林「学生Heroesのあの子いるじゃん」

春日「名前忘れちゃったな」

若林「もう、いいわ!(笑)…そこに、オードリーは入ってるの?センコシに」

春日「あのね…入ってるんだけど、何かゲームやって、罰ゲームで3週出れない、とか。そういう要員」

若林「お前、テレビっ子だな(笑)」

春日「『レギュラーにしてくれよ!』みたいな」

若林「一番先輩の俺らが、それをやってるの?(笑)」

春日「『俺らが一番先輩だろ』みたいな要員」

若林「お前も、キャラクターコントとかやりたいの?」

春日「やりたいねぇ」

若林「はっはっは(笑)」

春日「ガッツリとメイクして、タマリで出番を待ちたい」

若林「お菓子食いながら?」

春日「うん」

若林「じゃあ、何て言う名前のキャラでやりたいの?お前の代表作で」

春日「そうだなぁ…お犬様、みたいな。犬の格好して、偉そうにして。神様みたいな」

若林「ちょっと、内村さんにやってたのに、スゴイ似てるんですけど(笑)」

春日「イメージでしかないから」

若林「俺はね、今の技術を使って、体が半分透けてるの。影薄男、みたいな。朝まで生テレビみたいなヤツで、超発言するのに、俺のだけ耳に入らないってコント」

春日「悪くないね」

若林「はっはっは(笑)ピンチの設定で、俺がスゴイ良いことを言ってるのに、みんなに俺の意見だけ聞こえない、っていう」

春日「良いと思う。あと、全員出演の毎回それだけはやる、みたいなのあるじゃん。家族みたいな」

若林「うん。工務店だったり」

春日「そう。そこにアイドルが来て」

若林「お前、テレビ好きだなぁ(笑)」

春日「なんだかんだ起こるっていう」

若林「その家は、何をやってるの?工務店とか、不動産屋とか」

春日「う~ん…」

若林「今風の方が良いよね。まんが喫茶とかになっていくワケ?」

春日「まんが喫茶はちょっと繋がりが無くなるから…う~ん…」

若林「もういいわ!全然出ないじゃん(笑)」

春日「あぁ…お米屋さん」

若林「お米屋さんは、古いだろ(笑)今じゃないよ」

春日「お米屋さんが良いな。今だったら…」

若林「カフェが良いんじゃない?」

春日「カフェか…ちょっとイヤだな」

若林「じゃあ、移動販売のカレー屋さん」

春日「良いね」

若林「はっはっは(笑)」

春日「それなら、色んな所に店を出せるからね。OLさんが買いに来たってことで、それがゲストだっていう」

若林「お前、それでインド人(笑)」

春日「良いね良いね。夢は広がるばかりだね」と語っていた。

【関連記事】
おぎやはぎ「ビビる大木の才能に嫉妬していた若手時代」

ナイナイ、中居正広が検証「27時間テレビのバスケのくだり」

オードリー・若林が語る「若手芸人のヒドイ扱い」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オードリー,ピカルの定理,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:伊集院光が語る「映画・ドラマのネタバレが過ぎる予告編」

前の記事:オードリー・若林が語る「ピカルの定理に出演して思うこと」