TOP土田晃之 日曜のへそ ≫ 土田晃之、中国の円谷プロ「無許諾」ウルトラマン騒動に言及「怖いですよね、この発展途上な感じ」

土田晃之、中国の円谷プロ「無許諾」ウルトラマン騒動に言及「怖いですよね、この発展途上な感じ」

2017.07.24 (Mon)
2017年7月23日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、中国の円谷プロ「無許諾」ウルトラマン映画騒動に言及し、「怖いですよね、この発展途上な感じ」などと語っていた。

納得させる話力
納得させる話力 (双葉文庫)

土田晃之:円谷プロで、中国映画のウルトラマンで物議。物議どころの話ではないけど、本当今、ワイドショーでも取り扱っていますけど、あれ何ですかね。

向こうの、映画公開の感じの舞台挨拶みないなところなんですかね。ボディペインティングの。ただただ、ボディビルダーが、ちょっと顎のところにちょっとしゃくれさせるやつをつけられて、銀色に塗られて椅子に座って立ち上がったら、椅子に銀色がついている、みたいな。

あれは何なんですかね?だから、しかも日本のウルトラマンの映像もそのまま使っているという。著作権とかという発想とか、コピーとか、要は教育がされていないわけじゃないですか、怖いですよね、この発展途上な感じって。

それが今は、世界的にはお金も凄く稼ぐ国なわけじゃない。だから、ちょっともうだから、「世界的なルールなんて、俺達には関係ないよ」的なノリになっているんですかね?中国のやり方が正しいじゃないけど、アメリカが一番、中国が二番くらいに思っているところもあるでしょうから。

ちょっとこういうのも世界的にね。数年前にも、素敵な遊園地ありましたもんね。本当の夢の国がありましたもんね。「ミッキーとキティちゃん、ドラえもんもいるの?」なんて言って。頭をパカッと外していましたもんね。インタビューに答える時はね。

「え?アルマゲドンみたいな感じ?宇宙服なの?」なんて言って。腰に抱えてね、頭を。怖いね、そういうのもちゃんとやってもらいたいですね。

関連記事


博多大吉、アンジャッシュ渡部にウルトラマングッズを「超ダサい」と言われ反論「彼が集めてるもの知ってます?」

土田晃之、「フランク三浦」の商標登録を巡る裁判で「パクリとパロディの線引きの難しさ」に言及

伊集院光「マスコミにパクリを批判する資格はない」

有吉弘行「旅番組で同じ場所に行くと『パクリ』と批判される」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 土田晃之,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ
次の記事:森田まさのり、佐藤隆太が「ROOKIESの川藤をやりたいから俳優になった」と間違って覚えていたと告白「盛って考えてまして(笑)」

前の記事:土田晃之、ガンダムの実写映画化作品『G-SAVIOR』はサンライズの歴史から消されていると指摘「観てられなかった」