TOPオードリーのANN ≫ オードリー・若林が語る「ピカルの定理に出演して思うこと」

オードリー・若林が語る「ピカルの定理に出演して思うこと」

2011.09.16 (Fri)
2011年09月10日放送の「オードリーのオールナイトニッポン(ANN)」にて、ピカルの定理に出演した時のことについて語っていた。

若林「今週は、ピカルの定理に出してもらったんですよ、我々」

春日「そうなんですよ、初めてね」

若林「こんなことをラジオで公言しちゃうのは何ですけど…フジテレビのコント番組って、夢じゃないですか」

春日「まぁ、まぁ、そうですね。いわゆる、テレビのお笑い、というかね」

若林「だって、スゴイよ、フジテレビの歴史って言ったら。何が憧れるかって、タマリね」

春日「うん」

若林「タマリで雑談してて、その雑談がコントになったり、とか。その流れで。流れ憧れ」

春日「見てきた、お笑いネタ番組の姿ですよね」

若林「タマリってものに初めて座るってことで、ドキドキして。スタジオに行くと、やっぱりありました。ピカルの定理の」

春日「うん」

若林「澤辺と吉村がやり取りしてて、澤辺がじゃがりこ食ってました」

春日「うん」

若林「『おっ、タマリだ』って思って座ったの。座った姿が、鏡に映ってたの」

春日「うん」

さらに、以下のように語っていた。

若林「その姿を見て、思ったね。『あっ、やっぱり俺は芸人なんだな。俺はレポーターじゃないんだよ。俺は、お笑い芸人なんだな』って、着ぐるみ着た姿を見て思ったね」

春日「ほう」

若林「気合いが入って、『よし、やるぞ!』って思ったね」

春日「なんなんだよ(笑)」

若林「はっはっは(笑)」

春日「思うのは勝手だよ。思うのは。それを聞かされて、『へぇ…』としかこっちは思わないしさ」

若林「『へぇ…』としか思わない?」

春日「それは、日記かなんかに書いておいてくれよ」

若林「えぇ~」

春日「それを言われたところでさ」

若林「お前、思わない?俺、思ったよ。スタジオに6つくらいセットが組んであるの見てさ」

春日「うん」

若林「こんなこと、電波で話すのはなんだけど、『とぶくすり』とか『はねるのトびら』とかさ、5~6組でコントをやるってフジテレビの番組ってさ、夢じゃん。すごいメンバーじゃん」

春日「メンバーっていうね。○○メンバーって」

若林「27時間テレビに出ても思うけど、正直、羨ましいじゃん」

春日「うん」

若林「そういうのに、オードリーって入れないのかな?(笑)」

春日「いや、分からんよ。サプライズ人事があるかもしれないから」

若林「年齢的にだってさ…俺も、めっちゃ夢よ」

春日「めちゃイケだってさ、あのメンバーでずっとやってきたわけじゃない」

若林「ちょっと待て。お前、目がマジだな(笑)」

春日「だって、あなたがそうやってくるから」

若林「何、何?もう一回言って」

春日「めちゃイケだって、ナイナイさん、よゐこさん、とか固定のメンバーですよ。そこに、新たなメンバーがあんなに加わったわけじゃないですか、若いメンバーが」

若林「うん」

春日「そういうこともあるわけだから、逆もしかり、じゃないですか。若いメンバーたちに、おじさんが加わるってことも、これからあるんじゃないですか?これから何かのメンバーが作られて」

若林「お前、フジテレビのグループのコント番組、諦めてないのか?」

春日「諦めてないね」

若林「乗った!じゃあ、そのやり方に乗ったよ。俺もそのつもりで、お前と辞めないでやってくぞ」

春日「うん…」

若林「その時まで、鍛えておかないとダメだろうがよ!おい、漫才作るぞ」

春日「ふふっ(笑)うん(笑)」

若林「でも、幸せだったね。ピカルの定理のあの雰囲気。俺、喋っちゃったよ。吉村くんと。『いきましょうね』って言って。澤辺に結構イジられ。やっぱり、あるじゃない。タマリ憧れ」

春日「そうだね」

若林「お前、そういうの感じなかった?」

春日「え?憧れというか、我々ゲストとして呼ばれているから、お客さん感はあったよね」

若林「あぁ、向こうはホームだから」

春日「迎えに行くわけじゃないから。向こうは仲が良い。結束があるんですよ」

若林「それはそうだね」と語っていた。

【関連記事】
ナイナイ・岡村が語る「サタデー・ナイト・ライブの舞台裏」

オードリー・若林が語る「お笑いブームの終わり」

ナイナイ・岡村「27時間テレビでのバスケコーナーについて釈明」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オードリー,ピカルの定理,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:オードリーが語る「フジテレビのコント番組を作るとしたら」

前の記事:ナイナイ・岡村「岡村流のマネージャーの育て方」