TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ・小木「マスコミはなでしこJAPANに甘すぎる」

おぎやはぎ・小木「マスコミはなでしこJAPANに甘すぎる」

2011.09.10 (Sat)
2011年09月08日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、同日の北朝鮮戦の試合内容に関して、おぎやはぎの二人が語っていた。

矢作「今日は、なでしこJAPANですね」

小木「まぁまぁまぁ」

矢作「今日の話題と言えば。1対1、ドローだったんだけど、相手が中国vsオーストラリアで、オーストラリアが勝ったから決定ということで」

小木「そうなんでしょ。それは観てなかったんだよな。オーストラリアvs中国は」

矢作「うん」

小木「北朝鮮の方は、今日、収録があって、後半だけ観てたのよ」

矢作「後半観てたのね」

小木「まぁ、でもちょっと良い試合じゃなかったね」

矢作「ずっと押されてたんでしょ?」

小木「らしいね。後半ヒドイですよ」

矢作「それはもう、連戦の疲れですよ」

小木「ヒドイ、ヒドイですよ。ヒドイもんです」

矢作「連戦の疲れですよ」

小木「ヒドイもんですよ、なでしこJAPAN」

矢作「同点だったら良いんですから」

小木「はぁ?って思って。だってさ、ワールドカップのチャンピオンじゃん。国民栄誉賞とったじゃん。だから、スゴイ強いと思ってたの、アジアでは。それまで意識して見てなかったけど」

矢作「それはもう、優勝国ですからね」

小木「そう。それで、0対0だったけど、どんなに強いチーム同士でも、点が入らないことあるじゃない。そういうもんなのかと思ったら、スゴイじゃない、攻められて」

矢作「俺、見てないけど、らしいね」

小木「ヒドイのよ。はぁ?って思って。『これ、国民栄誉賞のチーム?』って思って」

矢作「疲れてるんですよ(笑)そういう時もあるよ」

小木「いやいや、そういう問題じゃないよ。差がスゴイあったよ」

矢作「サッカーに関しては厳しいね(笑)」

小木「サッカーに関しては斬るのよ」

矢作「ふがいない試合をすることもあるんですよ。ブラジルもあるんだから。ブラジルなんか、ワールドカップ予選なんかヒドイじゃん。あんな王者が、『今回、予選通らないんじゃないの?』みたいな」

小木「分かる」

矢作「ワケ分かんない、南米って色んな国があるからさ。『この国に負けたの?』みたいな」

小木「向こうのアウェイとかスゴイからね。高地で何百m上でムリだって。ボリビアとかね。あと、ブラジルの場合は、ワールドカップの決勝に照準を絞ってるじゃん」

矢作「まぁね」

小木「体とか、チームとかを。でも、今日のは酷かった。スゴイ差だよ」

さらに、以下のように語っていた。

矢作「日本も、勝てば決まってたんだけど、」

小木「だから、スゲェ良いモチベーションのハズだよ。2日間の休みもあって」

矢作「でも、同点でも大丈夫だ、みたいな感覚もあったんじゃないの?」

小木「まぁ、良い感じで点を獲ったのよ。相手のミスでさ。それで、そこから残り10分でいけると思ったんだけどさ、そこからの時間稼ぎ的な?相手のコーナー辺りでキープしてさ」

矢作「あぁ」

小木「良い感じでやってたんだけど、残り2分でミスが続いて。獲られるの。それが日本っぽいし。逆に、こういう風に言っておかないとね。日本だけですよ、『まぁまぁまぁ、良いの、良いの』みたいなの。これがもう、外国だったらメチャクチャ叩かれるワケよ?」

矢作「まぁ、小木は芸人界のセルジオ越後って言われてるからな」

小木「ははははっ(笑)こういう時にね、マスコミが叩かないとダメよ」

矢作「はっはっは(笑)」

小木「ホントに。じゃなきゃ、チームが良くならないんだから」

矢作「お前、マスコミって(笑)マスコミの人なのね?」

小木「こういう時にマスコミが叩かないと、チームが良くならないのよ」

矢作「小木が叩いたところで、全くなでしこの耳には届かないと思うけどね」

小木「いやいや、こういうのが広まっていくと思うよ」

矢作「1回くらい許してあげてよ。オリンピックが決まったんだから。行けなかったら、今みたく叩いて良いよ。でも、戦い方があるんだから」

小木「まぁね。あるんだろうけど」

矢作「そりゃ、北朝鮮の方が必死でしょうよ。必死さが違うよ」

小木「それは、試合を観てないから言えるんだよね。違うんだって、もう。一人一人が違うんだから。レベルが違うよ」

矢作「そんなこと言ったら、昨日のウズベキスタンは超うめぇじゃん」

小木「あれはね、ウトウトしながら見てたからあんま覚えてないけど」

矢作「スゲェうまかったんだぞ」

小木「アウェイはスゴイじゃん。でも、なでしこの場合は、中国でもやってたじゃない。毎試合。ホームアンドアウェイのアウェイでは、引き分けてってより、勝ちに行って欲しいっていうのがサッカー界の常識でしょ?」

矢作「まぁね」

小木「芝とかヒドイんでしょ?そういうのだったら、しょうがないけど。でも、今日のなでしこは最悪。あれは」

矢作「そこまで言うか」

小木「来年のオリンピックまでには、色々やって欲しいね。強化を」

矢作「それはやるでしょ」

小木「ホント違うんだよな」

矢作「北朝鮮のガッツはスゴイでしょ。ヤワラちゃんに勝つ国だからね」

小木「あれも凄かったね。無名の選手が勝ってるんだもんね、決勝まで来て」

矢作「なんか、挑む態度が違うんだよ」

小木「それは今日見てても分かった。モチベーションが違うんだもん」

矢作「そうですよ」

小木「そうであっても、だよ。だって、スペインとかイタリアは超金持ち軍団じゃん」

矢作「まぁね」

小木「なのに強ぇじゃん。そういうことじゃん。そういう厳しい環境になくても」

矢作「ハングリー精神的なね」

小木「そうそう。それでも上手いんだから」

矢作「日本は優勝国だからね」

小木「ワールドカップのチャンピオンなんだから、それを傷つけて欲しくない」

矢作「すみませんでした」

小木「俺らマスコミがね」

矢作「マスコミの代表みたくなってるけど(笑)」

小木「俺らマスコミが叩かないとダメなんだよ。厳しくしていこうよ、サッカーに関しては」

矢作「分かりました。頑張っていただきたい、と」と語っていた。

【関連記事】
伊集院光「女子サッカーがブームで終わらないために必要なこと」

加藤浩次が語る「芸能界でツイてない男、暫定1位」

加藤浩次が語る「救急搬送時、たらい回しに」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,なでしこJAPAN,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:ナイナイ・岡村「岡村流のマネージャーの育て方」

前の記事:モンスターエンジン・西森「空港の金属探知機で必ず止められるワケ」