TOPたまむすび ≫ 山里亮太、若手時代にオーデションで落とし続けた吉本興業の女性社員を今なお恨み続けていると告白「凄いイヤな奴だった」

山里亮太、若手時代にオーデションで落とし続けた吉本興業の女性社員を今なお恨み続けていると告白「凄いイヤな奴だった」

2017.07.19 (Wed)
2017年7月18日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、若手時代にオーデションで落とし続けた吉本興業の女性社員を今なお恨み続けていると告白していた。

たりふた SUMMER JAM '14 山里関節祭り
たりふた SUMMER JAM '14~山里関節祭り~ [DVD]

海保知里:山ちゃんはあれですか。アルコール補給は、この週末は結構されたんですか?

山里亮太:週末は、アルコール補給しましたね。神戸の方でライブをやらせていただきまして、新神戸オリエンタル劇場というところで、素敵な劇場でやってですね。たくさんお客さん入っていただきまして。

海保知里:ええ。

山里亮太:もう、ライブ終わりは神戸の街、三宮に繰り出しましてね。

海保知里:ええ。

山里亮太:最高でしたね。

海保知里:どういうお店に行ったんですか?

山里亮太:僕のライブを全部プロデュースしてくれている、片山さんという、スラッシュパイルというな会社の社長さん。僕の初代マネージャーなんですけど、吉本を辞めて、今は自分で会社をやっているんですけど。その片山さんが、学生時代にバイトしていたというお店。

海保知里:その片山さんはあの『天才になりたい』に出てくる、あの片山さん?

天才になりたい
天才になりたい (朝日新書)

山里亮太:ああ、私の著書ね。

海保知里:そうですよね。

山里亮太:『天才になりたい』に出てくる。

海保知里:出て来る、あの。

山里亮太:そう、そう。一緒にあの本を書いて、「片山さん、これどうかな?」と言って、直してくれていた。もう言ったら、今の僕を作ってくれた師匠であり、戦友であり。

海保知里:引っ張ってくれたみたいなところがある。

山里亮太:そうですよ。その片山さんに、『天才になりたい』という本も書いている時に、バーッと書いて、それで1回、全部最初、片山さんに原稿を見てもらってなんだけど。

海保知里:うん。

恨み続けている吉本興業の女性社員


山里亮太:僕の色んな恨みつらみを語るくだりがあるんです。ある吉本興業の、その時に劇場にいた女性社員の方が、驚くほど僕のことが嫌いで。

海保知里:はい。

山里亮太:オーディション、何をやっても僕のことを落としてくるという、本当、今思い出してもその時と同じ温度でキレられるくらい、ムカつく奴がいたんですけど。

海保知里:ええ。

山里亮太:そいつを本に…第一案というの?原稿を書いている時は実名で、それで書いて、「〇〇という吉本の社員に、こんなことを言われた。こんなことを言いやがった。売れたあかつきには、こうやって懲らしめてやる」という、そういう全部書いたのを、片山さんが「さすがに山ちゃん、読んでられない」と。「これ、山ちゃん読んでいられないし、会社で問題になるわ」と言って。

海保知里:はっはっはっ(笑)

山里亮太:そう、凄いヒドイ奴だったんだもん。この時、書けなかったけど、どうせ俺の本なんか、リスナーの皆さん持っていないでしょ?だから言うけど、ネタバレじゃないけど。

海保知里:ええ。

山里亮太:女性の社員さんだったんですよ、その女性のね。それで、劇場はオーディションでね、最初のオーディションは2分間のネタでね。オーディションも、お金を払って出てるんですよ、3,000円だったかな。

海保知里:そうか、お金を払うのか。最初ってね。

山里亮太:朝から、みんな並ぶの。朝から並んで、3000円くらい払って。チケット買って、そのチケット売って。その審査員を、劇場にいる社員さんがやるんだけど。

海保知里:はい。

山里亮太:南海キャンディーズで、それで落とされるわけですよ。それでその点数表みたいのが、壁に張り出されるのね。色々な社員さんがやって、採点した点数表みたいのが出されれる。その時はその…名前出しそうになるな(笑)

海保知里:言わないで(笑)

山里亮太:そのKさんという人。Kさんという女性の方が、審査員をやっていらっしゃって。点数表を見たら、その時は、NON STYLEもオーディションにて、NON STYLEは満点で合格して。まあ確かに面白い、ウケてた。

海保知里:その頃から、スタイルができあがっていたんですか?

山里亮太:できあがってた。路上で、ムチャクチャ鍛え上げていて。ムチャクチャ面白いコンビだと言われていて、上手、ウケていた。俺達も出て、まぁメチャクチャスベるというわけではないけど、ある程度できているつもりだったの。

海保知里:はい。

山里亮太:でも、まぁ絶対に落ちるんだけど。それで、点数表みたいのね、ネタ点、声、声量というのと、キャラクターというのがある。それでネタ、これはもう好き嫌いがある、分かれるのは仕方ない。それはセンスだし。声量は、うちの相方は確かにダメだと。でもね、180 cmを超える大女と、おかっぱ赤メガネの男女コンビ、「キャラクター」がその社員、いつも0点なの。

海保知里:ええ?!

山里亮太:それで、言う台詞が、「まだ気がつかないの?お前ら、すぐに飽きられるタイプだから。私が0点にしてやって、もうやめろと言っているの、いつ気が付くの?」と言いやがったの。

海保知里:ええ?!

山里亮太:マジで凄いムカついた。この温度で、名前を書いて、容姿のことをバカにして「クソ」と。

海保知里:はっはっはっ(笑)

山里亮太:「心の中身が出て鬼ブスに見えるわ」と。「男前の芸人には媚びやがって、化粧とかしてよ」って。それを片山さんに、「ダメだよ」と。

海保知里:優しくね。

M-1決勝進出でリベンジ


山里亮太:俺は、本当にそれでグッとなって、何回やっても0点なの、その人。その人が審査員が来ると、もうあきらめるの。「またウチら落とされるな」と。落とされて、それで一番気持ち良い瞬間が来るのよ、その後。

海保知里:何?

山里亮太:M-1ですよ。

海保知里:ああ。

山里亮太:M-1 2004に出た後、劇場帰った後の気持ち良さと言ったら、最高だったね。

海保知里:はっはっはっ(笑)その方と会いました?

山里亮太:会ったよ、劇場にいるんだから。もちろん、挨拶行くよ。挨拶に行って、「おめでとう」と言ってきたから、「ありがとうございます。僕ら、まだ飽きられていませんでしたわ」って。

海保知里:おおっ、言ってやった。

山里亮太:「キャラクターが評価されて良かったです。これを、やめろやめろと言う人がいましたね。すみません、でも、それはそれであそこで変に受からなくて、僕らも変なクセがつかなかったので、良かったです」って。

海保知里:言ったな(笑)

山里亮太:「私も、南海は行くと思ってたわ」と言われたのね、それで。

海保知里:えっ?言ったの?その人。

山里亮太:そいつ、言ってくるんだよ。

海保知里:ええっ?

山里亮太:俺はその時に、「やめて下さい。Kさんに認められているって、正直面白くないっていうことじゃないですか。言わないで下さい、それは」って言って、「もう、そんなんやめてや、山ちゃん」って。「『山ちゃん』って呼ぶんですね」と。

海保知里:ああ(笑)

今なお恨み続ける山里


山里亮太:それはそうよ、俺みたいな性格クソ野郎は、1回噛み付かれた記憶は、一生忘れないんだから。

海保知里:うん(笑)

山里亮太:俺、今その人に会っても、全くこのテンションでガンガン詰める自信あるけどね。「いや、飽きられるって言われてたんですけど、僕らコンビを組んで13年ですわ。というか、今、何しているんですか?」って。

海保知里:うお、攻める(笑)

山里亮太:名古屋の方に行っているらしいけどね。聴いてるか?この野郎!

海保知里:いやいや、もうさ、でも気持ち良かったね、そうなってね。

山里亮太:超気持ち良い。凄いイヤな奴だったもん。

関連記事


おぎやはぎ矢作、山里亮太には「嫌いな人」がいない時期がないと指摘「いわゆるモテる女と一緒でさ」

おぎやはぎ小木、山里亮太が「高畑裕太が嫌い」と発言後に高畑が逮捕されて驚愕「嫌いな人言うと、必ずその人って消える」

ウーマン村本、芸人養成所NSCで最低ランクの芸人だった「誰も面白いという噂を聞いたことがない」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:山里亮太、恨んでいた吉本興業の女性社員に復讐してしずちゃんにたしなめられたと告白「山ちゃん、そういうのやめよう」

前の記事:爆笑問題・太田、高田文夫が語った『ビートたけしのオールナイトニッポン』誕生秘話に感動「3ヶ月だけ誰かいないかな?」