TOPナイナイのANN/岡村隆史のANN ≫ ナイナイが語る「楽しんごとミッツ・マングローブの恋愛事情」

ナイナイが語る「楽しんごとミッツ・マングローブの恋愛事情」

2011.08.19 (Fri)
2011年08月18日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)」にて、楽しんごが飛び入りゲストとして出演していた。そこで、楽しんごが手掛ける整体院の従業員(森大輔)との熱愛報道が報じられた、そのことに関して、楽しんごの恋愛事情について語られていた。

岡村「パパラッチみたいのされてなかった?」

楽しんご「ウチの従業員なんですけど、ちょっと富山からウチに来まして、泊まるところがないってことで、ウチに泊まって、1週間研修をみっちりしてましたら、すごい飲み込みが早くって」

岡村「うん」

楽しんご「ちょっと、調子に乗ってホストクラブに行って、ショーパブみたいなのを見てしまって」

岡村「うん」

楽しんご「その帰りに、僕、酔っぱらってしまって、タクシーで『ハグ注入!』ってやったら、撮られてしまって(笑)」

岡村「うん」

楽しんご「初めてですよ、あんなの撮られて」

岡村「完全に、イこうと思ってたでしょ?」

楽しんご「ちょっと思ってたんですけど」

岡村「はっはっは(笑)」

楽しんご「でも、ブロックされてしまったんで」

矢部「そやな。パパラッチにブロックされたんや」

岡村「うん」

楽しんご「あのくらいが、ちょうど良かったです」

岡村「あれくらいで済んで、良かったよね」

矢部「はっはっは(笑)」

楽しんご「はい」

岡村「あの、ちょっとごめんなさいね。楽しんごさんはドッチもイケる?」

楽しんご「イケないです~あの…男の子しか、イケないです」

岡村「そうなんや」

楽しんご「あの…でも、意外と僕、見てる方が好き、というか。結構、下ネタとか言うんですけど、実際2人きりになると何もできなくて」

岡村「ああ、そうなんや」

楽しんご「意外と奥手なんです」

矢部「そうなんや。向こうから来てくれないと」

楽しんご「そうなんです。最近、すごいアタックされてまして」

矢部「うん、うん」

楽しんご「色んな格闘家の方から」

矢部「ほう!」

楽しんご「ラーメン屋のお兄さんから」

岡村「えぇ~スゴイやん」

さらに、以下のように語っていた。

楽しんご「ウチにラーメン屋のお兄さんが来たとき、でっかいチャーシューを持って来たんです(笑)『はい、お土産だよ』って」

矢部「そうか、プレゼントや」

楽しんご「それで、その後にそういう風にやろうよって言われて。僕、押し倒されたんです。ドン引きしちゃって」

岡村「おお!」

矢部「へぇ」

楽しんご「僕、怖くなって、『ムリです~』って言って、連絡もしてないんです」

矢部「タイプじゃなかったんや」

楽しんご「ビックリしちゃったんです」

岡村「どうすんのよ」

楽しんご「ビックリしちゃって。普通に、ラーメン屋さんだと、普通にお料理作ってて、格好いいんですけど」

岡村「そやな。分からへんもんやな」

矢部「へぇ」

楽しんご「ドSになって」

岡村「グワって来られる分には、引いてしまうのや」

楽しんご「そうなんです。嫌がられるのに、僕が『パーン』ってやっちゃうのが、好きみたいです」

矢部「はっはっは(笑)難しいよね。オネェ系でも、断ることがあるって」

岡村「そうやねんな。でも、可愛い顔してるから、まだアレでしょ。ミッツ・マングローブとか、嫌がる人をムリくりって言うから」

楽しんご「ミッツさん、スゴイですよ」

岡村「デカイし、コワイし」

楽しんご「そうですね。しかも、女性の方、完全に女性の方って感じで」

岡村「うん、うん」

楽しんご「ミッツさんって、もう女性にしか見えないっていうか。よく、一緒に飲みに行かせてもらうんですけど」

岡村「うん」

楽しんご「この前も新宿二丁目で、待ち合わせに1時間遅れて来たんです。そしたら、タクシーの運転手さんと、ちょっとそういうことがあったみたいで(笑)」

矢部「えぇ?!何をしてんのよ」

楽しんご「僕、ビックリしてしまって。積極的で」

岡村「その世界は、その世界でスゴイねんな」と語っていた。

【関連記事】
有吉弘行が語る「ロンドンハーツに出演した反響」

爆笑問題・田中「はるな愛と松田聖子のコンサートへ行く」

伊集院光が語る「徳光和夫の24時間マラソン」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ナインティナイン,岡村隆史,楽しんご,ミッツ・マングローブ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN
次の記事:ナイナイ・岡村が語る「岡村隆史に関する最近のネット記事」

前の記事:伊集院光が語る「徳光和夫の24時間マラソン」