TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 南キャン・山里「加藤浩次に言われたキツイ一言」

南キャン・山里「加藤浩次に言われたキツイ一言」

2011.07.01 (Fri)
2011年06月29日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、加藤浩次に『スッキリ!』終わりで言われたキツイ一言について語っていた。

山里「レディー・ガガが来て、スゴイテンション上がっちゃったわけよ。『スッキリ!』超楽しいなって思って。それで、終わった後に、喫煙所にみんな行くわけ。スタッフさんと加藤さんが。そこで、色々喋ったりするわけ」

「ウキウキで、喫煙所に入って。『加藤さん、クゥー!良いね、加藤さん』みたいなことを言って。俺としては、『ガガさんも良かったですけど、KARAも来て。KARAだったら、誰が良いですか?』って言って。加藤さんが『俺は…アレだよ。ニコルだよ』みたいな話をしようと思って」

「楽しく話をしようと思ったら、加藤さんに『お前…浮かれてんな』って言われて。『えぇ…?』ってなって。『さっき、ガガさんに会って、ノースリーブス、KARAさんも来て。それで僕思ったんですけど…』って言ったら、『お前、浮かれてんな』って加藤さんに言われて」

「加藤さん『思うんだけどさ、お前、アイドル評論家みたいな空気感でいて、ちょっと、調子乗ってんな』って言われて。それで、『何がですか、加藤さん。そんな乗ってないですよ。まぁ、そう言ってもらえるから、評論家みたいな感じで言ってもらえるかも知れませんねぇ』って言ったの」

さらに、以下のように語っていた。

「そうしたら加藤さんが、『AKBが好き、日本のアイドルを応援したい、それも良いんじゃないか?それで、少女時代も好き、KARAも好き、ガガも好き?俺気づいたんだけどさ、お前って、アイドル評論家とかそんな感じじゃなくて、ただの女の人が好きなオジサンだろ』って」

「『お前…単純に今、気持ち悪いぞ』って言われて。いや、ちょっと待て、と。俺もヘラヘラ近づいたけど、舐めてもらっちゃ困るって気持ちもあるんですよ。狂犬とかっていわれてるかもしれないけど、俺のアイドルに対する熱い気持ちに、水をぶっかけられて。これは戦争ですよ。それで、はっきり言ってやりましたよ」

「『加藤さん…ごめんなさい』って。『ちょっと…浮かれてました。ルミネ出番あるんで、帰ります』って」と語っていた。

【関連記事】
南キャン・山里「加藤浩次がローラを気に入ったワケ」

伊集院光が語る「AKB商法は何と言おうがアコギ」

ナイナイ・岡村「AKB48総選挙にゾっとする」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,加藤浩次,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:有吉弘行が語る「鬼束ちひろのあだ名」

前の記事:南キャン・山里が語る「レディー・ガガのチャリティーバンド問題」