TOPたまむすび ≫ 外山惠理、行きつけの飲み屋にいる「2番」と呼ぶ男にイライラしていると告白「店員さんに、偉そうに凄い言うわけ」

外山惠理、行きつけの飲み屋にいる「2番」と呼ぶ男にイライラしていると告白「店員さんに、偉そうに凄い言うわけ」

2017.04.17 (Mon)
2017年4月13日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、TBSアナウンサーの外山惠理が、行きつけの飲み屋にいる「2番」と呼ぶ男にイライラしていると告白していた。

前の記事
ピエール瀧、大口を叩く「アーティスト気どり」を理詰めで論破して泣かせたと告白「30分喋らせてから、総反撃」

ピエール瀧、「怒ることが恥ずかしい」と思っていたが「怒る時は怒る」ようになった理由「ネパール旅行で…」からの続き。

外山惠理:私、「2番」って呼んでいる人がいるんですけど。

ピエール瀧:はい。

外山惠理:凄く腹立つ人がいるんですよ、よく行くところに。

ピエール瀧:うん、はい。

外山惠理:ずっと我慢しているんですよ。

ピエール瀧:なに?「2番」って?

外山惠理:いつもね、「2」って書いてあるトレーナーを着てるから、「2番」って呼んでるの(笑)

ピエール瀧:なるほど(笑)ああ、はいはい。

外山惠理:で、そこのお店の人に、若い人がいて。その人はお年が40代後半かな。

ピエール瀧:うん。

外山惠理:それで、偉そうに凄い言うわけ、「料理とはこういうもんだ」とか、プロに向かって。

ピエール瀧:うん。

外山惠理:それで、「はい」とか言って、ニコニコ笑ってお店の人たちは聞いているんだけど。本当に「コイツ…」って思って、いっつも(笑)

ピエール瀧:はっはっはっ(笑)

外山惠理:なんかもう、途中からお酒の勢いが凄いついちゃうぐらい、腹立つわけですよ、2番のせいでね。

ピエール瀧:うん。

外山惠理:だから、ちょっと言おうかな、今度(笑)

ピエール瀧:ああ、もう言うべきでしょう。「おい、2番」っつって。言うべきでしょ、そこは。

外山惠理:ふふ(笑)ちょっと今、思いました。瀧さんの話を聞いて。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 外山惠理,ピエール瀧,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:ピエール瀧、『たまむすび』でハイヤー会社の不手際を話していたら「係長らしき人が自宅に謝りにきていた」と明かす

前の記事:オードリー若林、春日がヒロミに「好きでも嫌いでもない」と発言したことに驚く「お前、凄いな(笑)」