TOPオードリーのANN ≫ オードリー・若林が語る「人前で酒を飲まないワケ」

オードリー・若林が語る「人前で酒を飲まないワケ」

2011.05.22 (Sun)
2011年05月21日放送の「オードリーのオールナイトニッポン(ANN)」にて、若林正恭が人前で飲酒しないようにしている、と語っており、その理由について明らかにしていた。

若林「この間、名古屋に泊まりで行って、ホテルに帰って、その時に朝早かったんだけど眠れなくて。…最近、僕は1人で飲んで寝ることが多いんですよ、家で」

春日「オトナだねぇ。何を嗜んでるの?」

若林「焼酎ですね。焼酎のグラスみたいのも買いました」

春日「焼酎はいただきもの?」

若林「もらったヤツなんですけど。武藤さんにもらったやつなんですけどね。アナタももらったヤツ(笑)」

春日「随分前のだね。良いヤツをもらったんですよね」

若林「焼酎はお前、飲めないんだっけ?」

春日「焼酎は次の日に残っちゃうから。完全に白ワイン党」

若林「白ワインに氷入れて飲むんだろ?(笑)」

春日「そうね。ついついいきすぎて、ボトル1本あけて酩酊状態。ロックだと、冷えて、スッと入りやすくなるの。白ワインって、お店だとちょっと抵抗あるじゃないですか」

若林「苦手じゃねぇか(笑)」

春日「はっはっは(笑)気がつくと1本開けちゃうんだよね」

若林「ビールを飲んだりして寝ると、何が良いかって、深いこと考えなくなるんだよね」

春日「なるへそ」

若林「はっはっは(笑)」

春日「家で飲む意味が分からないって思ってたんだけど。1人でほろ酔いになるじゃない。その状況が意味分かんなくて。誰かと話すわけでもなくて、饒舌になって、場が盛り上がるワケでもないし。『酔ったなぁ』って思うだけじゃないですか」

若林「うん。俺は逆に、心配していることがあって。1人で飲むことの方が向いてるの」

春日「ほう」

さらに、以下のように語っていた。

若林「俺って、たいがい物事を否定的に捉えるじゃん」

春日「そうね」

若林「結局、酔うと理性が緩んで、本音が出るから、仕事の後でコミュニケーションとって、チームワークをもっと強くして…仕事にも繋がるからね。でも、俺は大概のことを否定的に捉えてるじゃん」

春日「そうだね」

若林「だから、本音を言っちゃったらイヤだなって思うから、人と飲みに行くのが怖いのよ(笑)」

春日「これは…大変だね」

若林「本音がピッタリ合う人とは、安心して飲めるのよ。だから、ビクビクしてるんだから。先輩とテレビ局のスタッフさんと大勢で飲むときに。大丈夫かなって」

春日「下手こけないっていうね」

若林「下手こいちゃうから」

春日「なるへそ」

若林「緩まっちゃうの。理性が。俺なんか、ある一面だけでお仕事してるワケだからさ」

春日「はっはっは(笑)それはまぁ、どうかと思うけど。そんなことないんじゃない?」

若林「だから、そこの部分が合うディレクターさんがいるから、一緒に飲めるけど、合わなかったら、どうなるの?酒の席って。合わない人と、本音を言い合ったらどうなるのよ」

春日「大変なことになるね」

若林「そういうのが、警察24時になってるわけでしょ」

春日「そうなんじゃない?」

若林「考えて飲まないと、ダメだよね。安全な人とだったら良いけどさ」

春日「同じような考えの人とはね」

若林「普段は1人で、ノートとペンを持って、焼酎を飲んでるの。考えたことをバーって書いてるんですよ。結局、無意味なことを考えちゃってるんだけどね」

春日「でも、なんかのアイデアなんでしょ?」

若林「だから、『春日にダメ出しをしない』とかね」

春日「良いね」

若林「良いねじゃねぇよ(笑)」

春日「それは忘れないで欲しいね」と語っていた。

【関連記事】
オードリー・若林「片瀬那奈、長谷川潤たちと合コン」

オードリー・若林が語る「日本一尖ってる芸人」

オードリー・若林が語る「女性という生き物の不可解さ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オードリー,若林正恭,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:有吉弘行「ザキヤマとカンニング・竹山の微笑ましい光景」

前の記事:オードリー・春日が語る「芸能界で目指している立ち位置」