TOP星野源のオールナイトニッポン ≫ 星野源、アラサー以上の女性が自らを「女子」と呼ぶ理由を解説「もっとカワイイって言って!」

星野源、アラサー以上の女性が自らを「女子」と呼ぶ理由を解説「もっとカワイイって言って!」

2017.02.23 (Thu)
2017年2月20日放送のニッポン放送系のラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』(毎週月 25:00-27:00)にて、シンガーソングライター・俳優の星野源が、アラサー以上の女性たちが「女子」と自分たちのことを呼んだり、女性で集まることを「女子会」と呼ぶ理由について解説していた。

働く男
働く男 (文春文庫)

星野源:「女子」っていう呼び方には、若干抵抗が?

バカリズム:そうですね。なんか、自分たちでそうやって言ってんのって、「アラサー、アラフォーの人たちほど、やたら多めに言いたがるな」っていうふうに思いますけどね。

星野源:なるほど(笑)

バカリズム:10代、20代って、あんまり多分、自分でそんなに言わないと思うんですよ。

星野源:ああ。

バカリズム:そんなこと、宣言しなくても女子だから。

星野源:なるほど、なるほど。

バカリズム:アラフォー、アラサーは、自分から宣言しないと女子会にならないから。わざわざ言って、「女子会」にしてますよね。

星野源:なるほど。

バカリズム:しがみついている感は、ありますよね。

星野源:僕も、実は20代の前半とかは同じように思ってたんですよ。「なんでみんな『女子』っていうんだろう?なんだか納得がいかないぞ」と、思っていたんですけど。

バカリズム:うん。

星野源:僕、今もう全然違くて。

バカリズム:うん。

星野源:「全然いいじゃない?」っていう感じなんですよ。なぜかっていうと、僕、女装する機会が何度かありまして。

バカリズム:ええ。

星野源:女装をして、お芝居に出たりとか。女装をしてイベントに出たりとか。ただ女装をしたりとか。

バカリズム:はい。…ん?3つ目、なんか…(笑)

星野源:ふふ(笑)ただ、女装してみたりとか。それも、なかなかないんですけど(笑)

バカリズム:まぁ、あんまないっすね。

星野源:イベントで結構、出る機会が多くて、女装して。

バカリズム:ええ。

星野源:で、その練習っていうか、どうやったら女子にちゃんと見えるかっていうのを、家の中で練習するわけです。カツラとかを、手に入れて。

バカリズム:うん。

星野源:で、脚の毛とかを剃ってみて。

バカリズム:うん。

星野源:で、そうした時に、女装して人前に出て、褒められたことが何度かあったんですよ。「凄いカワイイね」と。

バカリズム:はい、はい。似合いそうですね。

星野源:で、凄い前ですけど。最近は、全然していないんであれなんですけど。写真を撮った時があったんですよ。和服を着て、「料亭の女将」みたいな。結構、ショートカットと言いますか、ボブとかまでいかないぐらいの髪の毛にして。

バカリズム:ああ、和だな。星野さんは和だ。

星野源:そしたら、レストランで撮ったんですけど、レストランの従業員のオジさんに、凄く気に入られて。

バカリズム:ふふ(笑)

星野源:レストランの(営業)終了後に借りて撮るっていう。

バカリズム:はい、はい。

星野源:で、オジさんが、もう酒を飲んでて。「ちょっと、ここに座れ」と。

バカリズム:はっはっはっ(笑)

星野源:「お酌をしろ」って言われたんですよ(笑)

バカリズム:ああ、はいはい。

星野源:めちゃくちゃ嬉しかったんですよ。「お前、カワイイな」って言われて。なんかそれ、凄い嬉しくって。

バカリズム:はい。

星野源:で、これ、女の子って、小っちゃい時から…男だったら「カッコイイ」とか、「強い」とか、ヒーロー物に憧れたりするわけじゃないですか。

バカリズム:はい。

星野源:それと同じように、「カワイイ」って言われることがめちゃくちゃ多いわけです。

バカリズム:うん、そうですね。

星野源:男の子でも、「カワイイ」って言われるけど。それを女の子は、より「カワイイ」とかっていうことが、ずっと続いて。それをなんて言うか、水を飲むように、繰り返すわけじゃないですか。

バカリズム:ふふ(笑)そうですね。

星野源:で、可愛い服を着たりとか、スカートを穿いたりとか、可愛い文房具を揃えたりとかっていうのが、普通になってきて。「女の子」みたいなことが、ずーっと、もう、本当に日常のように積み重なって、「カワイイ」って言われることに抵抗がないのと、「カワイイ」って言われなくなってくるわけじゃないですか、まぁ人によっては。

バカリズム:うん、うん。

星野源:でも、「ずーっと補給されていたあの栄養がなくなったら、そりゃあ欲しくなるよな」っていうのを、凄く思うわけです。

バカリズム:乾いているわけですね、彼女たちは。「カワイイ」に。

星野源:うん。だから、「女子」とかも言いたくなる気持ちも、凄く分かるし。

バカリズム:はっはっはっ(笑)

星野源:「もっとカワイイって言って!」って、やっぱ凄く思う。化粧も頑張りたいし、服も気を使いたいし、髪の毛だって凄く綺麗にしたいし。やっぱり、「カワイイって言って欲しい」って、凄く思ったんですよ、僕。

バカリズム:うん。

星野源:女装してみて(笑)

バカリズム:それを思ったのが、「女装してみて」っていうのが凄いですね(笑)

星野源:ふふ(笑)女の子の気持ちに、なりたいわけじゃないですか。

バカリズム:いや、でも僕、それは凄く分かります。たとえば、浴衣って女性、凄く着るじゃないですか。

星野源:はい。

バカリズム:で、女性自身も着ることが好きじゃないですか。

星野源:うん。

バカリズム:でも、男ってそんなに「みんながみんな、浴衣好きか?」って言ったら、そうじゃないと思うんですよ。

星野源:まぁ、たしかにそうですね。

バカリズム:僕も、全然そんなことないんですよ。浴衣、なんにも思わないんですね、露出度も少ないし。

星野源:うん、うん。

バカリズム:でも、たとえば夏とかに花火大会っつって、彼女が着てきた時に、ビジュアルには、特にカワイイと思わなくても、この日のために浴衣を用意して、ウキウキして着てきた、その女の子の心意気がカワイイ。

星野源:スッゲェ分かる(笑)分かる!(笑)

バカリズム:っていうことと、同じことですよね?

星野源:そうですね。

バカリズム:だから、アラサー/アラフォーぐらいよりも、むしろ自分よりもっと年上の。本当にもうオバちゃんたちが、キャッキャ言いながら、「女子」って言ってみてる感じは、「カワイイ」と思いますね。

星野源:たしかに、とってもカワイイですね。

バカリズム:リアルにしがみつこうとする感じは…

星野源:はっはっはっ(笑)多分、女装している時の俺は、そっちなんです(笑)

バカリズム:はっはっはっ(笑)リアルに(笑)

星野源:「もう、カワイイって言って欲しい!」と。「とにかく、もうちょっとしてどうにか可愛くなる方法はないのか?」と。

バカリズム:へぇ、嬉しかったんですね。

星野源:アレ、凄い気持ちいいんですよ。

バカリズム:男の人に言われるのがですか?

星野源:はい。

バカリズム:へぇ。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 星野源,バカリズム,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  星野源のオールナイトニッポン
次の記事:星野源、タモリが伝授した「女装の本質を理解する方法」について語る「パンツだけ女子のパンティーにしてみろ」

前の記事:赤江珠緒、朝日放送の入社試験直後に面接官たちが「アイツを手放すなよ」と将来を期待されていたと明かす