TOP爆笑問題の検索ちゃん。 ≫ 大阪NSCと東京NSCの違い

大阪NSCと東京NSCの違い

2008.03.22 (Sat)
2008年03月22日放送の「爆笑問題の検索ちゃん」にて、千原ジュニアと品川庄司・品川のNSCでのカリキュラムについて語られていた。NSCとは、吉本総合芸能学院の通称名であり、New Star Creationの略である。

千原ジュニアは、大阪NSCの第8期卒業生であり、品川は東京NSC第1期卒業生である。千原ジュニアの在籍していた時代は、大阪NSCのカリキュラムには発声や歌、芝居などがあったが、それらは出ずにネタ見せだけ出席する芸人たちだけが売れているのだという。

一方、そうしたスタンスに東京NSC所属の品川たちも憧れていたのだが、あまりの出席率の悪さに「他の発声や歌などの授業に出ないとクビ」という通達がだされてしまったのだという。仕方なく品川たちも出席すると、早口言葉の練習、ダンス、歌を同時に練習できる『レッツ!アバランチャ』なる奇怪なものが開発されていたという。

これは、ダンスでリズムをとりながら「生麦生米生卵~生麦生米生卵~」と発声したあと、「♪レッツ!アバランチャ~」と急に歌い出すものだったという。だが、何気にこの『レッツ!アバランチャ』は花形の練習であり、これをやっていると、他の同期たちから羨ましがられたのだ、とのこと。

【関連記事】
爆笑問題の検索ちゃん トーク集

千原ジュニアの消えた給与明細


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の検索ちゃん。
次の記事:次長課長・河本の酔った姿

前の記事:千原ジュニアの消えた給与明細