TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎが語る「マジ歌選手権ライブの裏話」

おぎやはぎが語る「マジ歌選手権ライブの裏話」

2011.04.09 (Sat)
2011年04月07日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、ゴッドタンの「マジ歌選手権ライブ」の様子について語られていた。

矢作「今日はね、ゴッドタンのライブをやってたんですよね」

小木「はい」

矢作「マジ歌選手権の。まさかのマジ歌ライブ、というのをZEPP東京で今日やってたんですけど。これはまぁね、前回を上回る盛り上がりをみせてね」

小木「これはスゴイね。ビックリするね。ミュージシャンって、いつもあんな感じなんでしょう?だって」

矢作「これは前回も言ったかもしれないけど、俺らはさ、お笑いのライブしか経験してないじゃない?アレをみたら、お笑いのライブがこじんまりに見えちゃうね」

小木「そう」

矢作「アレを観ちゃうと。だってさ、数々のお笑いライブね、ウケるライブを観てきましたよ。バナナマンは日本一なんじゃないかって言われてますけど。大爆笑の東京03のライブも観たことありますよ。それですら、あの客の盛り上がりには勝てないです」

小木「そう。やっぱり、お客さんも盛り上がり方が違うんだよ。シーンってしてることがないから」

矢作「やっぱり、曲って凄いんですよ。やる気が無くなっちゃうよ。お笑いも、お客さんを楽しませるようにするわけでしょ。お客さんが楽しそうにしてくれれば嬉しいんですけど、もうグルーブ感っていうのか、もう盛り上がり方が違うんだよね」

小木「楽しむってことでは、お笑いも共通で、あの差は…ちょっと、ミュージシャンになりたくなっちゃうよ」

矢作「ミュージシャンはズルイって話になっちゃうよね。あんなに気持ち良いことは無いからね。それは、ライブを定期的にしますよ。あんなに気持ち良いことはないよ」

小木「ズルイよ」

矢作「オープニングは、おぎやはぎの漫才から始まったんですけど(笑)」

小木「やらされましたね(笑)」

矢作「大したネタではないですけどね。タイトルが『まさかのマジ歌ライブ』っていうので、まさかって言ってしまったっていう漫才だったんですよね」

小木「まさか、で引っ張っていったね」

矢作「そうですね。『まさか』って言っちゃったんだよって俺が言うと、小木も『それよりも、俺の方が、まさかって言っちゃった』っていう、まさか、の言い合いになっていくっていうネタね。ついには『まさかちゃんです』って言って。おさむちゃんです、みたいな感じで」

小木「ふふふ(笑)」

矢作「設楽さんを紹介するときに、『しっ、しっ、設楽統ちゃんです!』って言って。そういう漫才をやらせてもらって。出て来たときの歓声がスゴイね」

さらに、以下のように語っていた。

小木「日村さんだけで6曲歌ったって言ってたからね」

矢作「そう。日村さんは、自分のソロ3曲に、TM new NETWORKで2曲、あとはみんなで歌う1曲ね」

小木「劇団ひとりも3曲くらい歌ってたね」

矢作「10何曲はあったね。何が嬉しいって、ゴッドタンファンが観に来てくれてて。大竹マネージャーとか、風間さんとかのドラムで、もう本当に盛り上がって。あれは風間さんも気持ちよかったと思うよ(笑)」

小木「うん、あれは良いね」

矢作「劇団ひとりが、トシムリン、ギズモとかやったんですけど、裏で何でかしらないけど俺らを騙そうとするのよね。ライブ始まる前も、あれは劇団ひとりじゃないって設定らしいんです。それで、特殊メイクの時間が必要になるんですけど、7時開演なんですけど、6時15分くらいからメイクに入るんです」

小木「うん」

矢作「そういう時、必ず『これからラジオだから、ちょっと抜けてくるわ』とかって言って(笑)もう、良いのにね。分かってんだから。『メイクでしょ?』って言うんだけど、『ラジオだから抜けてくる…盛り上げといて』って言うの」

小木「俺らから騙そうとするの」

矢作「徹底してるんですよね。そういうところがスゴイんですよね」

小木「うん」

矢作「お客さんも喜んでくれてたと思うよ。半分は立ち見席で」

小木「1,000人くらいいたね」

矢作「ノリが良い曲だと、みんな手を振り上げて。本当にライブだよね」

小木「すごいのよ」

矢作「男性女性も半々くらいで、客層も良い感じなのよ」

小木「もうちょっと変な感じの人たちだと思ったけどね。弾けてる人も多いんだよね」

矢作「ゴッドタンの視聴率が2~3%くらいなのよ。その番組の盛り上がり方じゃないの」

小木「そうなのよ」

矢作「だから、数は少ないんだけど、愛があるの。思い入れが強いの」

小木「そうなんですよ」

矢作「人気を博す番組で、はねトびとかだと、一万人くらいイベントに来ちゃうような。レッドカーペットとかも。あれも熱狂的だけど、ゴッドタンの方も本当にスゴイんだよね。負けてないよね」

小木「少数精鋭的なね。視聴率2%が全員来た感じね。ゴッドタンをみんな愛してるって分かったね」

矢作「相乗効果で、あんなに盛り上がると、演者も気持ちよくなって、またやろうってなるのよ。あんなに盛り上がってると、裏切れないって気持ちになって、より良いモノをってことになるのよ」

小木「うん」

矢作「真面目な話、良いライブだなって思うんだよね」

小木「ゴッドタンライブが増えていくんじゃないのかな」と語っていた。

若者たちへ
若者たちへ角田晃広(東京03)+大竹マネージャー

MILESTONE CROWDS 2009-09-30
売り上げランキング : 41156


Amazonで詳しく見る


【関連記事】
おぎやはぎ「ゴッドタンが女性に人気がない理由」

有吉弘行「劇団ひとりとの関係性」

おぎやはぎが語る「芸人のイメージ調査」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,ゴッドタン,マジ歌選手権,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:おぎやはぎが語る「谷桃子のハートの強さは異常」

前の記事:ナイナイが語る「吉本興業のブッキングミス」