TOPバナナマンのバナナムーン ≫ バナナマン「イロモネアの100万円を寄付」

バナナマン「イロモネアの100万円を寄付」

2011.03.26 (Sat)
2011年03月25日放送の「バナナマンのバナナムーンGOLD」にて、イロモネアで100万円を獲得したバナナマンが、東日本大震災の復興支援として、100万円を全額寄付していたことを語っていた。

設楽「2週間振りの放送ですね。先々週は一切なくて、先週は冒頭で話をさせていただきましたけど」

日村「10分間くらいね」

設楽「ちゃんと、っていうのは2週間ぶりということで。東日本大震災がおきまして、まだまだ2週間、復興の途中ですけど、1日でも早く元気になってほしいと思いますけどね」

日村「はい」

設楽「今日ね、イロモネア」

日村「オンエアありましてね。TBSのイロモネア。ウッチャンナンチャンさんのね」

設楽「観ていた方、いっぱいいたみたいですけど。メールたくさん届いてます」

日村「本当ですね」

設楽「僕ら、年末でやったのも獲って、連続で獲ってるんですよね」

日村「はい」

設楽「プレーンのイロモネアを合わせると、14回中3回100万円獲ってるんです。そのうち、2回が前回と年末の特番なんですよ」

日村「連覇したっていうね」

設楽「それで、結構メールでコメントがきていて。『100万円、どう使うんですか?』ってすげぇきてるんですけど、最後まで観てないんだと思いますけど、これは寄付しました」

日村「はい、そうですね」

さらに、以下のように語っていた。

設楽「『イロモネア観ました。少し分けてくれ、みたいなメールを送ろうとおもいましたけど、寄付するとは素晴らしい。ちょっと、日村さん、子供の頃の貴乃花やってもらえませんか?』ってきてますね」

日村「あどでぇ~ぼくでぇ~」

設楽「ちょっとって書いてあったんで、そのぐらいで。…そうなんですけど、こういう時ですからね。誰が獲っても、そうしたと思いますよ」

日村「今回は、そういうことでしょうね」

設楽「あと、ホリプロコムで、芸人が募金活動したんですよね」

日村「うん、我々はいけなかったんですけどね」

設楽「そうですね」

日村「そういう活動してるんですよね」

設楽「ショートコントをやったりとか」

日村「お笑いライブをやった上で、募金をってことね」

設楽「1時間に何分かずつネタをやって。それで、島田秀平は端っこでずっと手相観てたんだって。行列ができていて。それはアイツの芸だからね」

日村「そうですね」

設楽「島田は島田で、みんなと一緒の輪でやりたかったみたいだけど、ずっと独りで手相観てたんだって」

日村「島田に手相みてもらいたいでしょうね」

設楽「そんな感じで、番組もバラエティ番組も始まりまして。ラジオもこうして始まってね。『笑いを届けてください』って声もあって、色々やっていきたいと思うんでね」と語っていた。

【関連記事】
バナナマンが語る「被災者の方々へのメッセージ」

バナナマン・設楽「島田秀平のお笑い芸人としての評価」

バナナマン・設楽「自分に自信がない人の特徴」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : バナナマン,イロモネア,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン
次の記事:バナナマン「お笑いのネタを書く才能と表現者としての才能」

前の記事:おぎやはぎ・矢作「お笑いに大義名分は要らない」