TOPサンドウィッチマンのANN ≫ サンドウィッチマンが語る「被災した実体験」

サンドウィッチマンが語る「被災した実体験」

2011.03.20 (Sun)
2011年03月18日放送の「サンドウィッチマンのオールナイトニッポン」にて、サンドウィッチマン・伊達みきお、富澤たけしが被災した実体験について語っていた。

伊達「我々の1週間は、本当に考えることが多くて。3月11日は、気仙沼で東北放送『サンドのぼんやり~ぬTV』って、冠番組なんですけど。そのロケを気仙沼でやってて、たまたま気仙沼の漁港で地震に遭いまして、その一時間前を岩井崎って気仙沼で有名な潮吹き岩があるところでロケやってまして」

富澤「うん、うん」

伊達「景色がうつくしいところで、僕もブログにアップして。見事な水平線だって」

富澤「あそこ、高校の時にラグビーの試合で行ったところだよな」

伊達「近くに気仙沼向洋高校があって、そこに試合しに行って」

富澤「遠征試合に行って、泊まって思い出のあるところですけど」

伊達「懐かしいなって言ってて。それで、地震に遭いまして。東北放送のスタッフの指示で、山に登ろうと。気仙沼の鞍馬山っていう200 mちょっとの山があるんですけど、その5合目まで避難しまして」

富澤「100 mちょっとのところでね」

伊達「そこで津波の光景を見たんですけど…まぁ、酷かった。これが現実なんだろうかって…酷い惨状でした。二度と忘れられない光景でしたね」

富澤「なにせ、揺れが経験したことのない揺れが来て、すぐに信号も停まって、サイレンが鳴って。色んな観光地でもありますから、そういう人もいっぱいましたけど、みんな出て来て。僕らはスタッフさんの指示で山に登ったんですけど、建物の上の方に上ってる方もいましたね」

伊達「お土産屋さんの2階に上ってる方もいましたし。…僕らは全部見ました。目に焼き付けてね」

富澤「地震直後は電話もメールもできたんですけど、ちょっとして山登ったくらいかな。15分くらいで」

伊達「地震があって15分後くらいに、気仙沼市街、海が見渡せる位置だったんです」

富澤「すぐにメール、電話が通じなくなりまして。ただ、ブログには書き込みができたんで」

伊達「不思議だよな。俺も今でも考えられないんだけど。通話はできない、メールもできない。だけど、ブログのサイトには行けるっていう」

富澤「みんな殺到するんだろうね。大丈夫かっていう確認をして、その瞬間にネットに繋ぐ人って少ないんじゃないだろうか」

伊達「だから、僕らのブログに『無事ですよ』って、安否を知らせたくてアップして。無事だよって誰にも伝えられないもどかしさってあったんですよ」

富澤「そう」

伊達「今も、そう言う方もいらっしゃると思います。電波が入らないとかね」

富澤「充電が切れたりね」

伊達「充電な。あれひどかったな。充電ができないんだよ」

富澤「だから、俺が持ってて助かったろ?」

伊達「お前、充電器いくつ持ってるの?」

富澤「3つ」

伊達「乾電池のやつな」

富澤「僕は嫁さんと1日50回メールしますから、持ってるわけですよ」

伊達「もうちょっと持ってて欲しかったけどね。それでも全部切れちゃったから」

富澤「まぁね(笑)」

伊達「7~8個ね」

富澤「7~8個持ってるやついないでしょ(笑)」

さらに、以下のように語っていた。

伊達「…気仙沼から、いったん岩手の一関に抜けまして。仙台市内に入りまして。一関もかなり揺れた地域なんですけど、もちろん信号もなくて、警察官がいるわけでなく、譲り合いで走ってたんですけど。それを見ていて、すごいなって思ったんですよ」

富澤「もっと『我が我が…』ってなって、危ない場面もあるのかなって思ったんですけどね」

伊達「ゆっくり走ってて、右折車を右に行かせてあげたりとかね。協力体制があって、『これは大丈夫かも知れない』って思ったね。復興早いなって。それで安心して。それまで緊張してた部分もあったんだけど」

富澤「僕らを見つけると、『サンドウィッチマンだ』って言って、手を振ってくれて。ほっとしましたね」

伊達「そうだな。それで仙台につきまして、東北放送に入りまして。そこで初めてテレビが観られたんですよ」

富澤「さらっと言ってますけど、本当に長い道のりで」

伊達「長い道のりでしたね。なんとか無事につきまして、そこで初めて知る被害状況だったんですけど、まぁ…思ってる以上の被害があって。そんな中、気仙沼から仙台によく帰って来れたなって。自分でも思うくらい」

富澤「道の状況の情報も全然入ってこなくて。『もしこっちに行ったら、通れないかも知れない』って状況で、とりあえず行ってみるって感じでしたからね」

伊達「それで夜になって、翌日にお互いの実家に帰って。そうしたら電気もライフライン全部止まってますから、ロウソクで家族が生活してたんですけど。ウチの甥っ子がそれを見て、『ハッピバースデー』を歌うんですよ」

富澤「アホですね」

伊達「アホとか言うな。それを見て和んだんですよ」

富澤「ホッとしますね」

伊達「すごくホッとして、点けたロウソクを一生懸命消そうとするね」

富澤「はっはっは(笑)ちょっと良いな」

伊達「ウチの母親も笑ってて」

富澤「俺も実家に帰って、『うどん食べる?』って言うんですよ。『お腹すいたでしょっ』て。大変なのは自分たちなのに、それなのに息子が帰ってくると温かいご飯を出そうとするんですよ」

伊達「うどん屋さん?」

富澤「うどん屋さんじゃねぇし。それだったら、『うどんにしますか?ソバにしますか』みたいなのあるから。うどん屋さんじゃないですよ。そういう親のすごさってありますね」

伊達「いつまで経っても、子供は子供ですから」

富澤「それに感動しましたね」

伊達「翌朝になりまして、東京から会社の人間が東京を出発しまして、仙台の方に向かってて。カーナビにウチの住所を入れてて、たどり着いたんだよね」

富澤「後輩と一緒に来て」

伊達「コンビニのオニギリを持ってきてくれて。それを見て、母親が泣いたんですよ。この状態でオニギリが食べられると思わなかったって言って。そういう状況だよなって改めて気づいたんですよ」

富澤「うん」

伊達「いつ電気がつくか、水道が通るか、ガスが通るか分からない状況で…僕らは仕事全部すっ飛ばして、仙台でやらなければならないことがたくさんあったし、残ろうかなって思ったんですけど。機能しない実家を置いて…でも、東京でできることをやろうって言って、東京に戻ってきたんですよね」

富澤「うん」

伊達「10何時間かかったかな。下道で」

富澤「そんな状況の家族を置いて帰るって、本当に後ろ髪引かれる思いでしたけど」

伊達「しかも、余震がすごかったからね。まだ、何が起こるか分からない状況で。寝ることもままならない…そんな状態で、僕らは仙台をあとにして」

富澤「うん」

伊達「東京について、お互いのカミさんに会いまして。集まっててくれて。みんな待っててくれて。そこに、僕らが行って。元気だった、良かった…って。その団体に向かって、『カラオケいかがっすか?』っていうね。その温度差」

富澤「東京は揺れはすごかったと思いますけど、分からないですから。ちょっと考えましたけどね」

伊達「考えたのかよ」

富澤「昔はお前とよく行ったけど、最近行かなくなったから」

伊達「そうだな。二人で前は良く行ってたけど…そういう状況もあり、東京もすごく揺れて怖かったでしょうし、今も余震はありますけどね」と語っていた。

【関連記事】
サンドウィッチマン「芸人になって叶えたかった夢」

サンドウィッチマンが語る「被災者の方々へのメッセージ」

ナイナイ岡村「大地震の中、グータンヌーボの収録してた」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : サンドウィッチマン,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  サンドウィッチマンのANN
次の記事:オードリー・若林「春日を自宅に上げたくなかった理由」

前の記事:サンドウィッチマンが語る「被災者の方々へのメッセージ」