TOPバナナマンのバナナムーン ≫ バナナマンが語る「被災者の方々へのメッセージ」

バナナマンが語る「被災者の方々へのメッセージ」

2011.03.19 (Sat)
2011年03月17日放送予定であった「バナナマンのバナナムーンGOLD」は、東日本大震災を受け、災害関連ニュースを放送することとなり、中止された。ただ、放送時刻にバナナマンが登場し、被災者の方々へのメッセージを送っていた。

設楽「どうも、こんばんは。バナナマン・設楽統です」

日村「どうも、こんばんは。バナナマン・日村勇紀です」

設楽「今週はね、TBSラジオ・JUNKを聴いている方はご存じかと思いますが、今週のJUNKお休みでございます。我々バナナマンは、TBSのラジオを生放送で少し時間をいただきまして。少し、喋らしてもらってますけど」

日村「はい」

設楽「もちろん、日本は東日本大震災で…ちょうど1週間経ちまして、多くの方々が大変な思いをされている現状です」

日村「うん」

設楽「被害に遭われた方々、心よりお見舞い申し上げます。JUNKをですね、楽しみにして下さっていた方々、番組を聴いて笑いを届けて欲しいというお手紙、届いております。我々も、皆さんが笑えて楽しい放送を届けたいんですけど、まだ余震もありますし、原子力発電所の状況も、刻一刻と変わっておりますので、今現在、その状況を伝えるのが優先だろうということで、今週1週間、休止ということになりました」

日村「はい」

設楽「JUNKはですね、東北地方ではJUNKはネットしていないんですが、深夜になるとTBSラジオの電波が、被災地の東北にも届くことがあるそうで。また、パソコンで聴けるradikoが、現在エリアフリーで、全国で聴こえています。TBSラジオのネットしている茨城、千葉、多数の被害がこちらも出ているということで。今回、休止ですけども、ちょっとお時間いただいて喋らせていただいております」

日村「えぇ」

設楽「メールもきているので、お伝えしたいと思うんですが、こちらは…ラジオネーム・モヤコ『設楽さん、日村さん、こんばんは。私は神奈川県に住んでいるので、大きな被害はありませんでした。ですが、地震の恐怖や、岩手県の親戚と連絡がとれない精神的なショックが、非常におおきかったようで、あれ以来、あまり眠れず、地震が起こる度に動悸が激しくなり、過呼吸になり泣いてしまいます。しっかりしなければ、と思うのですが、今日、少しだけ寝たら、バナナマンのお二人が夢に出て来ました』」

日村「うん」

設楽「『私と設楽さんと日村さんで、メチャクチャくだらないことをして、三人で大爆笑する夢でした。あんなに笑ったのは久しぶりです。怖くて仕方ないけど、笑うことって大事なんだと感じました。このような状況ですが、私たちをたくさん笑わせて下さい。ありがとうございました、かなり救われました』ってことです」

日村「うん」

さらに、以下のように語っていた。

設楽「こちらは…吉田さんという女性リスナーです。『バナナマンさん、スタッフの皆さん、いつもラジオ楽しく聴いております。どうしても一言、お礼が言いたくなってしまい、メールさせていただきました。現状、被災地の方へ情報を流すため、今週のJUNKはお休みされることと思います。私の住んでいる地域はとくに大きな被害もなく、被災地の方々に比べれば、日常に近い日々を送らせていただいているのですが、それでも地震当日の停電や、原発、東海地方の地震と続き、少なからず気持ちが落ち込み、不安に思う時間を過ごしています』」

日村「うん、うん」

設楽「『そんなとき、バナナムーンのPodcastが力をくれました。不安になったら、バナナムーンを聴き、笑うようにしています。そうすると、こんなにも楽しい気持ちになれた、良かった、と思い、笑いながら少し涙が出て来ます。夜の停電中は、布団にくるまり、充電がなくなるまで、バナナムーンを聴きました。そうすると、1人の夜でも、不安ではなくなるのです。1日でも早く、被災地の方々が安心できる日を取り戻し、ラジオからお二人の笑い声が当たり前のように流れてくる日を願っております』」

日村「ありがとうございます」

設楽「メールがこのように来ています」

日村「被災地の方とかでも、ラジオを聴いてくれてる人が多いでしょう」

設楽「情報源ね、ラジオを聴いて下さっていて、この放送を聴いて下さっている方もいらっしゃると思います」

日村「多いでしょうね」

設楽「ホント、ニュースで被害の状況とかが分かるにつれて、相当酷い状況で、また避難されてる方の話では、食べ物も色んなものも不足していて、あと寒さも凄いんでしょう」

日村「東北地方だからね。まだ全然寒いから。可哀想だよね、本当に」

設楽「今回、思ったんですけど、亡くなられた方もたくさんいましたが、助かった方の中でも、最愛の人たちを亡くしてしまった方もいらっしゃるじゃないですか。恋人だったり、家族、友達も…生き残ったけど、生きる気力をなくしちゃってる人とかもいると思うんですよ」

日村「うん」

設楽「僕らも、何ができるか…って思うけど、すぐには立ち直れないけど、あとで良いと思うんだけど、気持ちが落ちちゃって、望みや希望を捨てちゃってる人とか、少しでも一歩踏み出して欲しいなって思って。ラジオって、そういう人たちに向けての放送、そういう部分もあると思うんだ」

日村「うん、ラジオって声でくるから、すごく助けられるものも多いと思うんだ。ラジオっていうのは」

設楽「本当は、曲とか掛けるべきではないと思うんだけど、曲を掛けたい。お願いしたんですよ。それで良いってことになって。みんな、頑張って欲しいですけど、そういう人に向けて、曲を一曲掛けさせて下さい」

日村「はい。こちらいきましょう…THE BLUE HEARTS『君のため』」



設楽「どうしようもないくらいの悲しみが、一気にきてると思うんだ。でも、そんなときでも希望を捨てずにいて欲しい」

日村「そうですね」

設楽「ラジオネーム・ヒロシの心情『被災地の皆様へ、辛く厳しい日々が続いていると思います。ラジオやテレビから、悲しい知らせが入ってくることもあるかもしれません。しかし、今、世界中から日本を救おうと立ち上がっている人が大勢います。苦しい日々がまだまだ続くかもしれません。しかし、永遠ではありません。不安を抱えたまま、諦めないで下さい。そして、どんなに小さな希望でも持ち続けて下さい。応援しています』ということで、僕らも、応援しています」

日村「頑張って欲しいですね」

設楽「今回のJUNKは、このくらいで…また来週はやる予定です。みなさん、本当に頑張っていただきたいと思います。この後は、東日本大震災関連情報をお送りします。ニッポン放送では、サンドウィッチマンがラジオをやっています。それを聴きたい人は、そっち聴いて下さい」と語っていた。

【関連記事】
伊集院光が語る「被災者の方々へのメッセージ」

爆笑問題が語る「被災者の方々へのメッセージ」

南キャン・山里が語る「被災者の方々へのメッセージ」

おぎやはぎが語る「被災者の方々へのメッセージ」

ナイナイ岡村「大地震の中、グータンヌーボの収録してた」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : バナナマン,設楽統,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン
次の記事:サンドウィッチマン「芸人になって叶えたかった夢」

前の記事:ナイナイ岡村「震災の中、買い占めはやめてくれ」