TOPオードリーのANN ≫ オードリー若林、『IPPONグランプリ』で急激に失速してしまい無念「落ち込むね、やっぱり収録の後は」

オードリー若林、『IPPONグランプリ』で急激に失速してしまい無念「落ち込むね、やっぱり収録の後は」

2016.11.20 (Sun)
2016年11月19日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、フジテレビ系の番組『IPPONグランプリ』に出演し、途中で急激に失速してしまい、無念にも敗退してしまったと語っていた。

オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ
オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ講談社

講談社 2010-09-24

Amazonで詳しく見る


若林正恭:「大林素子さんが、セクシー女優でデビューします。そのタイトルは?」みたいなお題で、「東洋の痴女」でパーンッ!て落としたね、会場に。それで一本とったんです。

春日俊彰:うん。

若林正恭:「一本!」って。

春日俊彰:それは一本とったら、そうなるよね。

若林正恭:嬉しいかったね。エンジンかかって。その後、「やめてバボちゃん、そこはダメ」で、落としたね、パーンッ!て。

春日俊彰:ああ、そう。

若林正恭:写真とかも、なんとか日本とったのか。その後から、一切、音が聞こえなくなりましたよ。

春日俊彰:ふふ(笑)

若林正恭:凄い急ブレーキかかったね。

春日俊彰:ああ、そう。

若林正恭:タイヤ痕ついてたもんね、『IPPONグランプリ』のスタジオに。俺が、Bブロック終わって席立ったら、後ろに長~いタイヤ痕が(笑)

春日俊彰:あ、そう(笑)

若林正恭:真っ黒で。ああいう時ってあるよね、大喜利のライブ、『ダイナマイト関西』とかでもそうだけど、何も浮かばなくなっちゃうやつ。

春日俊彰:急に?

若林正恭:急に。なんかね、何が笑いをとれるのか分からなくなっちゃう。「このお客さんには、何を出せばいいんだったか?」って、真っ暗だね。サイパンの夜を思い出したもん。

春日俊彰:ふふ(笑)サイパンの夜がよく分からないからさ。

若林正恭:そういうところだろうな、急ブレーキかかっちゃうところな。「ピンとこない」っていう(笑)

春日俊彰:共通の体験じゃないからさ(笑)サイパン行ったことないしさ。想像でしかないから。「暗いんだろうなぁ」っていうね(笑)ああ、そう。そういう瞬間があるんだね。

若林正恭:驚いたよ。

春日俊彰:不思議なもんだね。

若林正恭:うん。頑張ったんだけど、全然ね。後半がダメだったね。

春日俊彰:うん。

若林正恭:やっぱり、一定して高いレベルを出す人って、それは実力じゃない?

春日俊彰:うん。

若林正恭:凄いねぇ。

春日俊彰:波がないっていう。

若林正恭:波がなくて、高い位置でキープできるって。それが実力なんだろうね、それができないといけないっていうのは。波があるから。

春日俊彰:まぁ、難しいよね。

若林正恭:落ち込むね、やっぱり収録の後はやっぱり。

春日俊彰:ああ、そう?その日も落ち込んだ?

若林正恭:うん。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オードリー,若林正恭,IPPONグランプリ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:土田晃之、横浜F・マリノスがベテラン切りで中澤佑二らを「年俸50%カット」してることに怒り「選手への愛情感じられない」

前の記事:オードリー若林、IPPONグランプリのオープニングでスベっていたと告白「前回優勝したのにカット」