TOPオードリーのANN ≫ オードリー・若林が語る「お笑いブームの終わり」

オードリー・若林が語る「お笑いブームの終わり」

2011.02.21 (Mon)
2011年02月19日放送の「オードリーのANN」にて、『M-1リターンズ』のライブ終了後、出場者たちと飲みに行ったことを明らかにしていた。そこで、お笑いブームの終わりについて語られていた。

若林「3日前くらいから、(ナイツ)塙くんから、ライブ終わりで飲みに行こうって誘われてて。『M-1も終わったことだし』って言って」

春日「なるへそ」

若林「俺も、行きたいって言って。俺と塙くんと、U字工事の益子と、ハライチの岩井と、ダブルネームのジョーと5人で飲みに行ったんですよ。それで、M-1リターンズ終わって、飲み屋に入って5人で『いやいやいや…』って始まってね」

春日「うん」

若林「いや、誰も『いやいやいや』とは言ってなかったね」

春日「そうだろうね。黙って座ったんだろうね」

若林「それでさ、塙くんってたまに突如として変なこと言うじゃん。2人でマクドナルドに居たとき、漫才の話をしてたの。そうしたら、渋谷のギャルに急に『ナイスミドル(オードリーの旧名)って知ってますか?』って話しかけたりして」

春日「はぁ~」

若林「大江戸無線とかに行った時も、急に話しかける癖があるんだよ」

春日「へぇ~ビックリするだろうね、話しかけられた方も」

若林「この間も、タクシーに乗って、九段下から渋谷に向かってたの。そうしたら、急に『運転手さん、運転遅くないですか?』って言い出したの」

春日「それは、変な空気になるだろうね」

若林「いや、笑ってたけどね」

春日「言い方が上手いのかもね?」

若林「そうなのかな…それで、飲んでてさ。結構、同世代なんですよ」

春日「そうなのかな」

若林「益子くんがタメで、塙くんが1個上。ジョーが1個下。岩井だけ24歳でダントツ若いけど。でも、キャンパスナイトフジの流れでさ」

春日「うん」

若林「それで、こんな話をするのも変な感じだけど、色んな番組があるじゃない。めちゃイケとか、はねるのトびらとか、ピカルの定理とか。色んな世代が集まって番組をやってるけど、俺らとかナイツとかU字工事とかの世代が無いぞって話になったのよ。ダントツに無いぞって話になって」

春日「そういえば無いね」

若林「『面白いことをやろうや』ってのが無いって話になって」

春日「5組くらいでね」

さらに、以下のように語っていた。

若林「それで、何でか?って話になったんだけど、結論は益子がブサイクだからだって話になって(笑)」

春日「なんでよ?益子くんに責任を負わすのよ」

若林「益子くんもエライ栃木弁で『なんでだよ?俺はイケメンだって言われるんだべ』って言うのよ」

春日「それはそんなに責められればね」

若林「益子くんが坊主じゃなくて、髪の毛遊んで、イケメンコンビとかじゃねぇからだって言われてて」

春日「本末転倒だけどね(笑)栃木のあの感じだから重宝がられるのに」

若林「ふふふ(笑)」

春日「まぁ、でも華が無いのかな」

若林「そうかな、華が無いのかな」

春日「それが良いのかもしれないけどね。素朴でね」

若林「素朴だよね、俺と塙くんなんか、結構なことを言いながら飲んでるんだけど、ニコニコしながら聞いてるもんね」

春日「あ、そう?」

若林「岩井は、2009年のM-1のネタ終わりの言動で、随分尖ってると思われてるけど、あれも良い子だからね、本当はね。エライみんないじってたけどね」

春日「何だっけかな…『優勝は笑い飯さんだと思いますよ』みたいな、終わった直後くらいで言ったのかな?」

若林「でも、ある意味マジメだよね。そういうことを言うのは。お笑いをマジメにやってるっていうね。自分の役割というか、一つのショーをね」

春日「うん」

若林「あんな気持ちの良い青年はいないよね?」

春日「人見知りかと思いきや、結構、向こうから来るしね」

若林「遊びに行きたいって言うしね」

春日「『スガさん!』って言われて。スガって言われて親しまれたからね」

若林「懐かしいね。その呼び方。キャンパスナイトフジの楽屋で、春日の缶ジュースを奪って飲み干すっていうのが流行ってたもんね」

春日「普通に空けたばっかりのお茶を流しに流される、とかね。結構な後輩なのに」

若林「…それでね、そこで漫才の話になるわけよ」

春日「どんな話よ?」

若林「なるほどなって話だけどね。塙くんが言ってたのは、年末で俺らの漫才を見て、久々に声出して爆笑したって」

春日「嬉しい話じゃない」

若林「『でも、上手いよね。あんまり漫才やんないって感じじゃん。たまに見れる、みたいにしてるじゃん』って言われて」

春日「そんなつもりはないけどね」

若林「でも、みんなそうじゃん。ネタ番組も減ってきて。それで、ネタ番組減ったねって話をして。もう、昔話だよね。1分でネタやってから、情報番組…みたいな流れになってたよねって話をしてて」

春日「うん、そうだったね」

若林「今、あんまり見ないよね。スタッフさんとかも、飲みに行ったりすると、込み入った話をしてくれるじゃない。そうすると、『この番組は、この性別のこの年代の人が観てる』って話をしてくれるんだよ。つまり、主婦の観てる番組で、そこでネタをやってから番組が始まるってことは、やっぱりブームだったってことだよね。お笑い好きっていう人以外も観たいってワケだったから」

春日「まぁね」

若林「色んなところで1分でネタやったって話をして。俺らも、ワイドショーで目の前に机があるところで漫才やったりしてたもんね」

春日「あったね。MC台の中でね」

若林「当時、スタンドマイク無いんだって思ってたんだよね。でも、今、振り返ると自分たちに『いや、やりなさいよ』って思うね」

春日「まぁそうね」

若林「何をそんなに『マイク無いと…』みたいに思ってんだと。でも、春日さんは思ってなかったでしょ?スタンドマイク無いとやりにくいなとか」

春日「ん?それは思ってるって感じでそれは良いだろ」

若林「でも、逆に『どこでも春日です』みたいなスタンスも嫌なんだよ」

春日「どうしたいんだよ?」

若林「結局、こいつは何も考えてないんですよ(笑)…あとは、サービスエリアの端っこで、ギャル曽根の前で漫才やったりしてたからね。そういうことが多かったね。でも、今はあんまり観ないねって話をしてたんですよ」と語っていた。

【関連記事】
ナイナイ・岡村「M-1終了後に思うこと」

オードリー、トータルテンボスが語る「M-1のネタ選び」

ナイナイ・岡村「M-1審査員席にいた雨上がり・宮迫」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オードリー,M-1,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:オードリー・若林が語る「漫才におけるスタイルの重要性」

前の記事:千原ジュニア「俺の彼女は日本にいない」