TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ矢作、村上春樹のノーベル賞受賞を勝手に期待して盛り上がるファンに苦言「なんで好きなのに、思いやりがないの?」

おぎやはぎ矢作、村上春樹のノーベル賞受賞を勝手に期待して盛り上がるファンに苦言「なんで好きなのに、思いやりがないの?」

2016.10.15 (Sat)
2016年10月13日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、作家・村上春樹のノーベル文学賞受賞を勝手に期待して、毎年にように盛り上がるファンに苦言を呈していた。

ライブミランカ おぎやはぎトークライブ
ライブミランカ おぎやはぎトークライブ 「おぎとやはぎでおぎやはぎです。別に、やはぎおぎでもいいんですけど」 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント 2007-11-21


Amazonで詳しく見る


矢作兼:ハルキスト(笑)毎年ね、この話(ノーベル文学賞)になるけど(笑)

小木博明:何なんだよ、これはもう。

矢作兼:毎年、この話になるけどさ(笑)「いい加減、やめてあげてくれ」って、毎回言ってるんだけど、やめないんだよね(笑)

小木博明:本人が、恥ずかしくてしょうがないよ、これもう。毎年、毎年もう。

矢作兼:まぁ、知らないけどね。「俺たちだったら」っていう気持ちで、いつも話してんだけど。

小木博明:うん。

矢作兼:俺たちだったら、本当にやめて欲しいから。もう、恥ずかしいんだから、獲れない時。みんなで、期待されてさぁ。

小木博明:期待して。で、本屋に集まってさ、ハルキスト達がさぁ。で、みんなでなんか話し合うんでしょ?何時間も、その時に。

矢作兼:うん、うん。

小木博明:盛り上がって、パーティーして。

矢作兼:なんでさぁ…「ハルキスト」って言うくらいだから、村上春樹のこと、大好きなわけじゃん。

小木博明:うん。

矢作兼:なんで大好きなのにさぁ、その人が嫌がることすんのかな?

小木博明:ね。嫌がるか…まぁ、難しいね。

矢作兼:嫌がるっていうか、「そんなプレッシャー与えたら、可哀想だ」って。その人のことを考えたら…いや、知らないよ。村上春樹が嫌がってるかどうかは。だけど、普通に考えたらさ、「そんなことしたら、なんか、迷惑かな」とか思うじゃん。だって、好きなんだから。思いやりが…なんで好きなのに、思いやりがないの?みんな。

小木博明:最初の1年目、2年目ぐらいはいいよね。ちょっと、そんなのあってもさ。

矢作兼:まぁ、まぁ。

小木博明:でも、ここまで続くと、さすがに…何だろうね、あの人達の。そういうの、考えてないでしょ?言ったら。作者っていうか、村上春樹さんのことなんか、考えないで行動してるでしょ。あの人達、自分達に酔ってるような。

矢作兼:もう、だからイベントになっちゃったんだろうね、集まるのが。恒例イベント。だから、今さらやめれないんだよ。

小木博明:これ、いつまでやっていくんだろうね?

矢作兼:獲るまでやるんじゃない?

小木博明:獲るまでやるのかなぁ。獲れんのかなぁ。今回、ボブ・ディランだよ。

矢作兼:面白いね。

小木博明:面白くない?ちょっとこれ。

矢作兼:ノーベル"文学賞"でしょ。

小木博明:文学賞でさ。詩集みたいなもんなんでしょ?獲れたのが、詞なんだよね。それで獲るって。「詞でボブ・ディランって」って思わない?曲のでしょ、言ったら。

矢作兼:うん。そう考えると、さだまさしとかもあり得るよね。

小木博明:まぁ、詞でいくとね(笑)

矢作兼:いい詞書いてるよ。

小木博明:一気にだから、膨らむよね。広がるね、候補者が。「歌手まで来ちゃうんだ」って思うとさ。

矢作兼:そうだよ。

小木博明:これはちょっと難しくなってきてるよ、だから。

矢作兼:文学賞。

小木博明:うん、だから来年はやめてあげて欲しいなぁ。

矢作兼:恒例行事だからな。もう、盛り上がってんだよ。でも、可哀想だけど、しょうがないね。もう、ハルキストはやめないよ。

小木博明:ねぇ。

矢作兼:集まるのが好きなんだから。

小木博明:なんでハルキストばっかりが、文学賞のことを言ってるんだろうね?他の作家さんの話とか、全然出て来ないじゃん。

矢作兼:候補には一応…それで、聞いた人がいるんだよね。「毎年、村上春樹が文学賞候補に挙がってるっていうけど、そうなんですか?」って訊いたら、候補って別にないんだってね。

小木博明:そうでしょ?ないんでしょ。どっかで、違う賞を獲ってるんだよね。その賞を獲ってると…

矢作兼:登竜門的なのがあるんでしょ。

小木博明:それを獲ってるってだけで。

矢作兼:別に、ノミネートされてるわけでもなんでもないんだって。

小木博明:関係ないんだよね。だから、他のもいて良いんだけどさ、日本の(作家)。

矢作兼:うん。そうだなぁ…

小木博明:可哀想になぁ。

矢作兼:恒例イベントだよ。ハロウィンみたいなもんだよ。

小木博明:でも、この時期にちゃんと、また名前が売れるから良いよね。

矢作兼:うん。

小木博明:これでまた、本を買ってく人も増えてくだろうしさ。

矢作兼:うん、そうだね。

小木博明:面白いわ、これは。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,矢作兼,小木博明,村上春樹,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:おぎやはぎ矢作、水道橋博士の「東京都でハロウィン禁止」と起源を持ち出しての主張に疑問「元々の意味なんて違うのいっぱいある」

前の記事:岡村隆史、高須克弥院長がブラックカードを緊急停止された理由に驚愕「普段、数千万の買い物しかしないから…」