TOPたまむすび ≫ 博多大吉、プロレスラー飯伏幸太と伊橋剛太と一緒でボッタクリを恐れず店に飛び込む「なんかあったらこの2人が暴れる」

博多大吉、プロレスラー飯伏幸太と伊橋剛太と一緒でボッタクリを恐れず店に飛び込む「なんかあったらこの2人が暴れる」

2016.10.01 (Sat)
2016年9月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、プロレスラー・飯伏幸太と伊橋剛太と一緒にいたため、ボッタクリを恐れずに店に飛び込むことができた、と語っていた。

博多華丸・大吉式ハカタ語会話
博多華丸・大吉式ハカタ語会話博多華丸・大吉

マイクロマガジン社 2008-03-30

Amazonで詳しく見る


博多大吉:昨日、私、上野で仕事してたんですけど。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:DDTの方たちと、プロレスの仕事してて。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:終わって、「ご飯行こう」って、飯伏幸太君と、伊橋剛太さんと3人で行って。

赤江珠緒:おおっ。

博多大吉:それで、プロレスラーなんで周りが。やっぱりお肉の方がいいかなって思って、最初はお肉食べられるところに行って。

赤江珠緒:ええ。

博多大吉:それで、「二軒目、カラオケでも行きましょうか」って話になって。ビッグエコーとか、カラオケ館とか。有名なところを目指して行ってたら、その手前に多分、禁止されてるんですけど、呼び込みの方がいらっしゃって。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:「大吉さんじゃないですか」と。「飯伏さんじゃないですか」「あら、伊橋さん」って、3人とも知ってる人がいて、「ウチ、カラオケやってるんで」みたいな感じで言われて。

赤江珠緒:そこまで指名されるとね。

博多大吉:でも、そういう客引きのところって、バッドエンドが待ってることが多々あるんですよ。

赤江珠緒:ああ、そうなんですか。

博多大吉:「高ぇなぁ」とか。「話と違うじゃないか」って。普段なら私、断るんですけど。

赤江珠緒:うん、うん。

博多大吉:なんせ私、プロレスラー2人従えてますから(笑)

赤江珠緒:大丈夫だろう、と(笑)

博多大吉:「なんかあったら、この2人が暴れるだろう」と思って。

赤江珠緒:なんという虎の威を借る狐ですか(笑)

博多大吉:もう、本当に悪賢い狐ですね(笑)でも、本当に凄く安くしてもらえました(笑)

赤江珠緒:ああ、良かった、良かった(笑)

博多大吉:「逆に良かったね」って、みんなで帰ってきましたけどね。

赤江珠緒:ふふ(笑)

博多大吉:たまに飛び込みで良いこともあるけど。

赤江珠緒:バッドエンドのこともありますよね。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 博多大吉,赤江珠緒,飯伏幸太,伊橋剛太,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:博多大吉、手土産を持参することで「出られる番組がある」と暴露「凄い有名な話あるんですけど…」

前の記事:伊集院光、出前アプリ「UberEATS」の日本上陸で店の従業員でない人が料理を運ぶことに言及「普通の主婦の人が…」