TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ小木、「日本一の朝食」と称される金沢「御料理 貴船」の朝食を絶賛「やっぱり違うね、レベルが」

おぎやはぎ小木、「日本一の朝食」と称される金沢「御料理 貴船」の朝食を絶賛「やっぱり違うね、レベルが」

2016.09.17 (Sat)
2016年9月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明が、「日本一の朝食」と称されるという金沢の料亭「御料理 貴船」の朝食を絶賛していた。

小木博明:日本一美味しい朝食を出すお店には、また行きましたけど。


矢作兼:ああ。

小木博明:凄いところね。

矢作兼:やっぱり、美味しかった?

小木博明:やっぱり違うね、レベルが。美味すぎるね。美味いし、安いからやっぱ凄いんだよなぁ。

矢作兼:何が出てくるの?

小木博明:何が出てきたかな…

放送作家・鈴木工務店:本当に食べたんですよね?(笑)

小木博明:もう、色んな店に行ってるから(笑)

放送作家・鈴木工務店:日本一なんですもんね?

小木博明:あのね、朝なのに凄い出るんだから。

矢作兼:小木、朝スゲェ食うじゃん、そもそも。

小木博明:朝、凄い食うよ。

矢作兼:小木が、「旅館の朝食が大好きだ」って言い始めて、シャケとか普通のヤツよ。

放送作家・鈴木工務店:海苔とね、みたいな。

矢作兼:そう、そう。それでご飯5杯食ったんだよ(笑)

放送作家・鈴木工務店:はっはっはっ(笑)

小木博明:朝はもう、干物とか開かれたら、もう(笑)止まんなくなっちゃうのよ、開かれると。

矢作兼:開かれるとキツイよね。

小木博明:キツイ、キツイ。

矢作兼:まず、納豆で一杯いけてさ。開きで2杯いけるもんね。

小木博明:いけるよね。今回は、そういう開きがないの。開きがない魚なの。ちゃんと料理をしてるような。煮付けのような感じになったり。それが2種類くらい魚が出てくんの。

矢作兼:ご飯、おかわりした?

小木博明:おかわりした。だって、ご飯も部屋の中で釜でやってくれんの。

矢作兼:ああ。

小木博明:もう、部屋の中で米の良い匂いがしてね。

矢作兼:へぇ。

小木博明:一品、一品出してきて、7品、8品くらい出るのかな。

矢作兼:朝から?

小木博明:朝から、凄いよ。

矢作兼:食べれるの?

小木博明:食べれない(笑)もう、本当に集中して行かないと、ちょっと気が緩んだら無理。

矢作兼:そうだよね。

小木博明:「行くぞ」って感じで行かないと。俺はそれ、二回目だから。もう超腹ペコで行くようにした。

矢作兼:夜遅くまで飲んでるとかじゃなくて、普通に11時とかに寝て、パッと朝6時くらいに目が覚めて。それで8時くらいに「ああ、もうお腹空いたよ」って思ってから行きたい。

小木博明:まさにそういう感じでスケジュール組んで、前の日も早く寝てるから。

矢作兼:お腹空いてるよね。

小木博明:ちゃんとして、凝ってるのよ、料理が。

矢作兼:へぇ。

小木博明:それで1,500円だからね、1人。それが凄いのよ。

矢作兼:それいいね。夜だったら1万円だね。

小木博明:そんな感じの料理が1,500円だから。それで飲み物だって頼んで。7人で行って、それで1万とかだもん。7人で。

矢作兼:朝食代。7品も出て。

小木博明:7~8品あるのよ。

矢作兼:何が出るの?

小木博明:それは分かんない(笑)何が出たか覚えてないんだよ(笑)

御料理 貴船


住所:石川県金沢市彦三町1-9-69
電話番号:076-220-6131


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,矢作兼,小木博明,貴船,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:バナナマン設楽、爆笑問題・太田と遭遇してモデルガンを突きつけられたと告白「太田さんってやっぱり頭おかしい」

前の記事:おぎやはぎ矢作、『君の名は。』で注目した邦画興行収入ランキングで上位独占のジブリ作品に驚く「次元が違う」