TOPオレたちゴチャ・まぜっ! ≫ 遠藤章造、『黄金伝説』が放送18年の歴史に幕を下ろしたことに無念な心内を明かす「もっとやりたかったな…」

遠藤章造、『黄金伝説』が放送18年の歴史に幕を下ろしたことに無念な心内を明かす「もっとやりたかったな…」

2016.09.11 (Sun)
2016年9月10日放送のMBSラジオのラジオ番組『オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』(毎週土 26:00-28:45)にて、お笑いコンビ・ココリコの遠藤章造が、テレビ朝日系の番組『いきなり!黄金伝説。』が放送18年という歴史に幕を下ろしたことに対し、無念な心内を明かしていた。

バスジャック
バスジャック [DVD]
株式会社オールイン エンタテインメント 2014-04-04

Amazonで詳しく見る

楽天市場で詳しく見る

遠藤章造:この前もね、『黄金伝説』って番組、18年やらせていただいて。

加藤浩次:そうだなぁ。18年も凄いよ。

遠藤章造:本当に凄いです。最終回の収録が終わって、今度、スペシャルやらせていただくんですけどね。

加藤浩次:うん。

遠藤章造:「最後に一言、お願いします」って言われて、言いましたよ。本当に18年、460人もの有名人の人に来ていただいたみたいで。

加藤浩次:うん。

遠藤章造:「本当に、ありがとうございました。感謝しております。スタッフの皆さんにも、本当に感謝しかございません。18年間、ありがとうございました」って一応、言いましたけど。

加藤浩次:挨拶でね。

遠藤章造:はい。そんなに心から感謝してるとは、俺は…

徳井健太:まぁ、たしかに。分かる。

遠藤章造:感謝はしてますよ。一応、こういう場面では、「感謝」って言葉が自然に出ましたけど、もっと深く考えていったら、「感謝だけじゃないぞ、俺」っていうのはどっかありますもん、まだ。

加藤浩次:そこはやっぱり…

遠藤章造:「もっとやりたかったな」とか。どっかね。

加藤浩次:やっぱり、物事っていうのは始まりがあったら終わりがあるわけさ。

遠藤章造:そうですね。

加藤浩次:それがいつなのかっていうだけの問題。

遠藤章造:そうなんです。まさにそう。

加藤浩次:で、終わろうと思ってやってるスタッフは、1人もいないわけ。

遠藤章造:そうです。本当にそうですね。

加藤浩次:うん。そう考えたら、心から感謝できない遠藤が、空恐ろしいもん。

徳井健太:はっはっはっ(笑)

遠藤章造:違うんです。加藤さんはそう言いはりますけど…

加藤浩次:空恐ろしい。

遠藤章造:そら、どっかでありますよ。人間、絶対に。いや、感謝はしてます。「ホンマにありがとうございました」って気持ちはありますけど、どっかで、「もうちょい、なんとかならんかったかい?」って。

加藤浩次:自分がでしょ?

遠藤章造:自分がですよ。

加藤浩次:スタッフじゃないでしょ?自分がでしょ?

遠藤章造:スタッフさんとかは全くないです。自分がです。

加藤浩次:己でしょ?

遠藤章造:僕がね。「もっと頑張れたはずや」と。「次、チャンスがあればもっと頑張ろう」って気持ちにはなってますけど、どっかで「もうちょい、なんとかならんかったか?」っていう。色んな気持ちはあります。色んなところに対して思うことがあります。まだまだ、人間が弱いっちゃ弱いですわ。

加藤浩次:うん。

徳井健太:でも、俺がスタッフさんだったら、嬉しいと思いますけどね。「正直、もっと頑張って、もっとやりたかった」って言われたら、俺は嬉しいなって思いますけどね。

遠藤章造:最後の言葉で、「僕、もっとやりたかったです」って。「ホンマに終わりたくないです。いやだ、いやだ」って言いたかったけど、「ありがとうございました」って感謝の言葉を言ってる自分が、違うんちゃうかって思ったんです。

加藤浩次:遠藤、なんで本心出せなかった?

遠藤章造:そこなんだなぁ。

加藤浩次:なんで本心出せなかったんだろう?遠藤章造。

遠藤章造:一言で解決できます。

加藤浩次:何?

遠藤章造:格好つけてます、絶対。そこで、もがききれてないんですよ。「まだまだずっとやりたかったです」って本心で思ってるんですけど、どっかで「ありがとうございました、本当に。またこれからも頑張りたいと思います」って、とってつけたような言葉を言っちゃってるってことは、世間体、周りを気にしちゃってるんですよね。

加藤浩次:うん。そこ一番厄介なんだよなぁ。俺もあるよ。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ココリコ,遠藤章造,加藤浩次,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オレたちゴチャ・まぜっ!
次の記事:加藤浩次、番組によってキャラ変えていいのかと悩む芸人にアドバイス「嫁の父親と、後輩の前で同じキャラじゃないだろ?」

前の記事:加藤浩次、15年振りとなる極楽とんぼライブの直前に山本圭壱へかけた言葉を明かす「好きにやっていいぞ」