TOP伊集院光とらじおと ≫ 伊集院光、和歌山発砲・立てこもり事件で犯人が保釈されたことに疑問「クスリを使ってたような奴でしょ?」

伊集院光、和歌山発砲・立てこもり事件で犯人が保釈されたことに疑問「クスリを使ってたような奴でしょ?」

2016.09.03 (Sat)
2016年9月1日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、和歌山市の建設会社で従業員4人が撃たれ、さらには犯人が立てこもった事件で、溝畑泰秀容疑者が覚せい剤取締法違反で逮捕され、保釈中に今回の犯行に及んだこともあり、保釈されたこと自体に疑問を呈していた。

青春カタルシス
みうらじゅんの思春期こじらせバラエティ 青春カタルシス [DVD]
TCエンタテインメント 2011-11-03

Amazonで詳しく見る

伊集院光:昨日、生放送中には、まさにその真っ只中だった。和歌山の…

中村尚登:はい。

伊集院光:拳銃を構えて、撃っている男がリアルタイムでテレビに映ってるってことの、異常さと恐ろしさですけど。

柴田理恵:うん。

伊集院光:こんな終わり方、と言いますか…

中村尚登:まぁね、本当にね。実際、事件が起きた29日に、この男、腹を撃って死んじゃったわけですけども。別の覚せい剤取締法違反の罪で、実刑が確定している。その日に、刑務所に入るところだったんですよね。

柴田理恵:ねぇ。

伊集院光:これね、ちょうど内山さんにも訊いたんですけどね。昨日、訊いたんですけど。僕、無知でよくわかってなかったのが、クスリをコイツ、持ってたのか、やってたのか細かいことはわからないけど、そういう奴でしょ?

柴田理恵:うん。

伊集院光:それが、一旦、表に出るということが…

柴田理恵:そう。私も、ちょっと分かんない。

伊集院光:分かんなくて。その時も、内山さんによく訊いたんだけど。出すタイミングって、「死刑とか無期懲役になるような人は、一旦出さないです」と。さらには、証拠隠滅の可能性があったりとか、すぐに同じことをやるような奴というのも、当然、保釈しない。

中村尚登:保釈はされにくいですよね。

柴田理恵:でも、クスリだったらやめようと思っても、やめられないものなんだから、やりそうな人じゃないですか?

伊集院光:皮肉だなと思ったのが、その時に説明を受けたのが、「出ることで、たとえばアンダーグランドの社会の、お礼参りみたいのをされそうな人も出ない」っていうのね。出さないっていうんだけど、この男の場合は、むしろその逆で。逆恨みで、復讐に行ってるっていう。

柴田理恵:うわぁ。

伊集院光:ちょっと、皮肉だけど。

中村尚登:色々と、何の話し合いをしていたか分からないんですが、多分、収監、刑務所に入るんで、その間は「会社のことをこういうふうにやってくれよ」っていう話し合いをしている最中だったのかもしれないし。

伊集院光:うん。

中村尚登:実際問題、その時もクスリをやっていて、被害妄想みたいになっていたんじゃないかという説もありますし。今、これは司法解剖して調べるしかないんですけれども。

伊集院光:うん。

中村尚登:でも、確かにその「クスリをやっている人は、保釈したらいけない」というふうなことは…保釈されにくいというのはあるんですよね。もう、間違いなくこいつは実刑をくらうな、と。あるいは組織的に関わっているな、とかというふうなことがあれば、保釈しないということもよくあることなんだそうですね。

柴田理恵:あることなんですね。

中村尚登:だけど単純に使っただけ、しかもたとえば初犯であって、まあ間違いなく、実際に裁判になった時には、執行猶予がつくんじゃないかというような人は、身元引受人とか、そういう条件をつけて、それで保釈するというふうなのが普通なんですよね。

柴田理恵:なるほど。

中村尚登:保釈っていうのは、別に無罪になったわけでも何でもなくて、刑事施設のところから出ることが許されるというだけの話なんでね。

伊集院光:うん。

中村尚登:だから、それはそれこそ、殺人を犯したとかって、そういうのではない限りは、申請して裁判所が認めれば、これは普通の権利としてあるわけですよね。

伊集院光:あと思ったのは、カメラであれぐらいストレートに、正面から映るっていうことは、「カメラの人は大丈夫なのか?」とちょっと思いましたね。

柴田理恵:ねぇ。「俺を映してる」って、バーンとかやられたらどうするんだろう、怖いって。

伊集院光:ある意味、「カメラの射程距離と、向こうの射程距離の関係って、どうなってんのよ?」いるのと思いながら。

中村尚登:今、ところがね、カメラってのも凄いんですよ。

伊集院光:見てると、かなり手ぶれをしているということは、遠いということだったりするので、多少距離は遠いんだろうけど。

中村尚登:すでに、警戒線を警察が引いているわけですよね。その中で撮ることは、ありえないので。いくら、マスコミであろうとも、中で勝手にできないので、その安全だと言われている外から撮っているんですよ。

柴田理恵:そのところでね。

中村尚登:色々と、テレビ局がきちんと「この辺りから、狙えるんじゃないか」とか。アパートの廊下と言いますかね、そこのところをうろうろしていたので、だからちゃんと映りこむところにいた場合、とかというのがあるわけですよね。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと
次の記事:伊集院光、PCデポの高齢者への高額請求問題による影響を指摘「『大金とられる』と警戒してやめた人、いっぱいいる」

前の記事:バナナマン設楽、高校の文化祭直前に喫煙して停学になったと告白「先生が入ってきちゃってさ、停学(笑)」