TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ 加藤浩次が語る「足骨折で受けた手術」

加藤浩次が語る「足骨折で受けた手術」

2010.12.19 (Sun)
2010年12月16日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、加藤浩次がゲスト出演していた。そこで、腓骨を骨折し、手術を受けたことについて語っていた。

加藤「病院について、検査したら、骨も折れてるし、靱帯も切れてんのよ。手術することにになって、入院して『明日、手術』ってことになったのよ」

矢作「手術は翌日なんだ」

加藤「次の日の夕方、手術したんだよ」

加藤「『どうします、麻酔。腰麻(腰椎麻酔)にします?全麻(全身麻酔)にします?』って言われて」

矢作「全麻?」

加藤「全身麻酔のことを全麻って言うんだって。それで、全麻にしてもらって。やだろ、意識あるの」

小木「でも、下半身だから」

加藤「ガッキンガッキンやってるの分かるだろ」

矢作「分かるけど。痛くないんでしょ」

加藤「感覚があるのイヤじゃん。…凄いな、全身麻酔って」

矢作「ふぅん」

加藤「まず、最初に脊椎に針刺すんだよ。それで、歯医者みたいに麻酔を打つ前の麻酔、みたいのがあって。その後に麻酔が効いてきて、ぐぁ~っとそこからは脊髄の麻酔が効いてくるんだよ。それで、『ここからどれくらいで眠くなるんですか?』って訊いたら、『もう眠くなりますよ』って言われて、『本当ですか?全然眠く…ダメだ』って言った瞬間、もう眠ってたの。麻酔って怖いなって思って」

矢作「すげぇ」

小木「麻酔で寝ている間は、音とか全然分からないんですか?」

加藤「何の記憶もない。起きたら、手術終わって、レントゲン撮って、ストレッチャーで自分の部屋に運ばれてた。でも、腰が痛くて痛くて。傷口じゃなくて」

小木「麻酔の注射打ったところ?」

加藤「そう。麻酔の注射の所が。痛くて、痛くて腰が。腰痛いってありえないじゃん。足怪我してるのに。それで、ストレッチャーからベッドに運ばれるときも、『痛っ、痛痛、腰っ!』ってなって」

小木「チンピラじゃん(笑)」

加藤「『おかしいだろ!足怪我してるのに、腰痛いってオカシイだろ!呼んでくれ、先生!』って言って」

矢作「ちょっとタチ悪くなってるね」

さらに、以下のように語っていた。

加藤「尋常じゃなく痛かった」

矢作「痛いけど、『オカシイだろ!』っていうのはダメでしょ」

加藤「腰痛いってオカシイだろ。足怪我してるのに」

矢作「普通に考えたら、注射でちょっと痛いな、くらいで諦めるでしょ」

加藤「違うんだよ」

小木「麻酔打たれてるとき、『ちょっと腰痛くなりますよ』とか言われてないの?」

加藤「言われてない。看護士さんも『たまにあるんですよねぇ』みたいな感じになって。『たまに、いるとかじゃねぇだろ!医者呼べや!』みたくなって。全員集まったんだから。医者が5人くらい」

矢作「ははは(笑)」

加藤「俺が痛い、痛いってベッドの上でのたうち回ってるから。手術着もはだけちゃって。ポコチンも丸出しよ。『痛ぇよ!オカシイだろ。手術ミスしてんだろ。麻酔かなんか!』って。腰痛ぇ!って、こういうテンションで。それでポコチン丸出しになっちゃって」

矢作「はっはっは(笑)」

加藤「それで、嫁の香織がそれをファサって隠して」

矢作「たしかにね、怒っている人が出しちゃダメだよね」

加藤「『痛ぇんだよ!』って言うとまた、はだけるじゃん。それをまた香織がファサって隠して。その連続でよ。それで、見たら腰から管みたいのが出てて、そこから鎮痛剤を入れてるんだって」

矢作「へぇ」

加藤「腰が痛いから、その管みたいのを触るじゃん。体から管みたいなのが出てるんだよ。『外せ、コレ!外せやコレ!』ってなって」

矢作「また、タチ悪くなってるよ」

加藤「そうすると、またポコチンが出るのよ。それでまた香織がファサって隠して。結局、その管抜いてもらったんだよ」

矢作「え?ダメじゃん、痛み止めは?」

加藤「筋肉注射もあるから。何しろ、ソウメンみたいのが体から出てるのがイヤだったんだよ。それをとってもらったら、痛みが治まったんだよ。だから、なんらかの原因で神経にそれが触れてた可能性があるんだよ」

矢作「騒いだのも、ただのクレームじゃない、と」

加藤「後日、麻酔科医も来て、『加藤さん、麻酔の管外したんですよね?』って言われて。『これ、絶対にオカシイだろ。こんな痛いの』って言ったら、『もしかしたら、神経に障っていた可能性がありますね』って言われて。言ったんだよ!」

矢作「自分が正しかったと。大騒ぎしたのは、自分に非があるわけじゃないと」

加藤「うん、そっから座薬と筋肉注射の毎日よ。3時間くらいしか効かないんだから」

小木「ボルト入れてるのに?」

加藤「…ふははは(笑)小木さん、おかしくない?ボルト入れてる"から"痛いんじゃないの?」

矢作「小木からすると、ボルト入れてるんだから、もう良いでしょ?ことなんでしょうね」

加藤「ボルト入れるために、何cm切ったと思ってるの?筋肉を」

小木「筋肉切るの?」

加藤「筋肉切るよ。骨までいくんだから。15 cmですよ。それで靱帯を5 cm切ってるんだから。合計20 cm切ってるんですよ、体の」

小木「ボルトのために?」

加藤「ふははは(笑)俺だって、別にボルト入れたくはないよ。どっちかといえば」

矢作「ボルトはずっと?一生、ボルト?」

加藤「一生、ボルトでも良いんだって。欧米人が一生ボルトなんだって」

矢作「どっちでも良いんだ」

加藤「とっても良いんだよ。だけど、とるときもまた切らなければならないから。一生、入れておいても良いなと思って」

矢作「鉄?」

加藤「チタンだよ。チタンのプレート。錆びないよ」

小木「チタンって、飛ぶやつでしょ?」

加藤「(ゴルフ)ドライバーのことか?」

矢作「一生、入れておくのでも大丈夫なのね」

加藤「プレートで補強して、その上にボルトで固定したんだよ」

矢作「プレート入れておいたほうが、サッカーやるときでもちょっと丈夫になってるのかな?」

加藤「なってると思うよ。補強されてるから」

矢作「入れておいた方が良いんじゃない?」

加藤「そうだな、もう一回手術するのもイヤだし」と語っていた。

極楽とんぼのテレビ不適合者 下巻
極楽とんぼのテレビ不適合者 下巻~あまりにも過激すぎて放送中止になったドキュメント編~ [DVD]
ポニーキャニオン 2004-06-16
売り上げランキング : 31986


Amazonで詳しく見る


【関連記事】
加藤浩次が語る「芸能界でツイてない男、暫定1位」

加藤浩次が語る「救急搬送時、たらい回しに」

ナイナイ岡村が語る「『笑い』が無くなった入院生活」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 加藤浩次,おぎやはぎ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:加藤浩次「市川海老蔵の騒動による影響」

前の記事:加藤浩次が語る「救急搬送時、たらい回しに」