TOP伊集院光とらじおと ≫ 桂歌丸、売れてる芸人と接する重要性を知った6代目春風亭柳橋の言葉「歌丸、俺は売れてる人間としか喋れねぇぞ」

桂歌丸、売れてる芸人と接する重要性を知った6代目春風亭柳橋の言葉「歌丸、俺は売れてる人間としか喋れねぇぞ」

2016.06.18 (Sat)
2016年6月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、落語家・桂歌丸がゲスト出演し、落語家として売れている芸人と接することが重要であると知ったという、6代目春風亭柳橋の言葉について語っていた。

座布団一枚! 桂歌丸のわが落語人生
座布団一枚! 桂歌丸のわが落語人生桂 歌丸

小学館 2010-09-08

Amazonで詳しく見る


伊集院光:辛い時、苦しい時、芽が出ないってなってくると、「隣の芝生は…」じゃないですけど。

桂歌丸:いや、おっしゃる通り。「あの人は羨ましいな、あの人はいいな」って思いますね。

伊集院光:うん。

桂歌丸:そう思うと、自分の芸も段々、段々、陰気になってくる。

伊集院光:ああ。

桂歌丸:これ、ハッキリ言いますけど、先々代の春風亭柳橋師匠、今の落語芸術協会をお作りになった師匠が、私に言ったことがあるんです。

伊集院光:はい。

桂歌丸:「歌丸、俺は売れてる人間としか喋れねぇぞ」って言ったんです、楽屋で。

伊集院光:ちょっと残酷な言葉ですよね。

桂歌丸:言葉ですけども、分かりました。あのね、売れてないヤツと喋ると、ひがみだとか、ボヤキだとか、そんなのばっかりだって。そんな話を聞いて高座に上がってったって、陽気な話はできないっていうんです。

伊集院光:うん。

桂歌丸:売れてる人と話をすると、まぁまぁ、失敗談だとか、ああだった、こうだったって。「この間、食ったもんが上手くなかった」とか、そんな賑やかな話ばっかりで。

伊集院光:うん。

桂歌丸:その勢いで高座に上がってっから、落語が喋れんだって。

伊集院光:それは、逆説的に真なのは、自分が多少、恵まれてなくても、明るくしてねぇと…

桂歌丸:おっしゃるとおり。その通りです。

伊集院光:うわぁ。

桂歌丸:最初に春風亭の先生が私に「歌丸、どうした?お前」って声をかけてくれた時は嬉しかったですね。「あ、認められた」って思ったもん、俺。

伊集院光:俺、今、明るいんだ。少なくとも売れてきてんだってことが分かるっていう。

桂歌丸:そう。

伊集院光:ちょっと分かるのは、一緒にくすぶってる若手のお笑いの子、いるんですけど、これね、ちょっと売れ出すと、明るくなるんです、逆に。

桂歌丸:はい、そうです。

伊集院光:明るくなると、またちょっと売れるんです。

桂歌丸:はい。

伊集院光:そうすると、急にね、相乗効果でグワーっていくでしょ。テレビ・時代は(流れが)速いから。

桂歌丸:はい。

伊集院光:ちょっと説得力があって。

桂歌丸:でね、明るくなってギャーっていく人はいいんですよ。そのまま止まっちゃうヤツもいるんですよ。

伊集院光:はい、はい。

桂歌丸:これは、天狗以外何もないと思う。

伊集院光:まぁ、そうなんですよね。

桂歌丸:天狗になっちゃいけないんですよ。だから、生涯、修行だと思わなきゃ。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,桂歌丸,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと
次の記事:桂歌丸、三遊亭円楽の不倫騒動に感想を求められ一言「羨ましいですね(笑)」

前の記事:伊集院光、落語家時代に初対面の桂歌丸が伝えた言葉「お前さん、辞めんなら今日辞めな。続けんなら、生涯やるんだよ」