TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 南キャン・山里「加藤浩次からのダメ出し」

南キャン・山里「加藤浩次からのダメ出し」

2010.10.09 (Sat)
2010年10月06日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、『スッキリ!』で共演している加藤浩次からのダメ出しについて語られていた。

話の発端は、同番組の「魔法の言葉」だった。このコーナーでは、「矢口真理さんが、レッドカーペットの取材にて、こんなことを言ってました。『子供の頃からお笑い系が大好きで、はっきり言ってオタクレベルです。最近好きなお笑い芸人はズバリ! はんにゃです』…相変わらず、マニアックではないようです。…まあ、良い人ですけどね」などといったネタが読まれる。

「…これ、大丈夫なの?1個だけ質問させて欲しい。俺は…これ大丈夫なの?ウソウソ、俺、敵を作ってない?」

「ここで言うのもなんだけど、この辺に関しても加藤浩次さんに、しっかりとご指導いただいているのよ。怒られているのよ。『山里、誰でも彼でもみんなの悪口を言ったら、自分の行動範囲を狭めるだけだぞ』って」

「『俺はラジオで他人の悪口を言っていない。悪口じゃない。そういう自分の"言い回し"を考えておかなきゃ、自分のテリトリー狭くなるぞ』って言われたの。…でも、加藤さんすみません、俺はその言葉を聞いたとき、半分聞き流してました。でも、分かった。加藤さんの言うとおりだ。俺、感謝祭でスゲェ肩身狭かった」

その感謝祭での出来事とは、以下のようなものだった。

「コーナーで『misonoちゃんを可愛くする』ってことをやってましたけど、よく分からない師匠みたいなキャラを付けたり、ちょっと攻撃的になってしまいました。それが、どうやら、misonoちゃんの耳に入ったね」

「なんでそれが分かったかって?TBS感謝祭で挨拶しても、返ってこなかったからだよ!それと同様のことが、矢口真里ちゃんにも言えるんですね」

「…だから止めようよ。人が傷つくようなことを言うのは。お願いするわ!悪意のないネタを送ってきてよ」と語っていた。

嫌われない毒舌のすすめ
嫌われない毒舌のすすめ (ベスト新書)有吉 弘行

ベストセラーズ 2009-07-09
売り上げランキング : 70681

おすすめ平均 star
star嫌われ者は読め
starたまには毒舌も良し!
star有吉節炸裂

Amazonで詳しく見る


【関連記事】
南キャン・山里「misonoのキャラ設定は不憫」

misonoが加藤浩次を誘惑?

伊集院光が語る「倖田來未=浜田ブリトニー説」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,misono,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:ナイナイ・矢部「NON STYLEのフリートーク」

前の記事:爆笑問題・太田「渡辺正行にお笑いを見る目はない」