TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、ファンキー加藤と不倫した柴田英嗣の元妻を批判「深い関係になる前に『柴田の嫁』と言うべき」

明石家さんま、ファンキー加藤と不倫した柴田英嗣の元妻を批判「深い関係になる前に『柴田の嫁』と言うべき」

2016.06.12 (Sun)
2016年6月11日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、歌手・ファンキー加藤と不倫したアンタッチャブル・柴田英嗣の妻に対し、柴田の妻であることを隠していたことについて「深い関係になる前に『柴田の嫁』と言うべきだった」と批判していた。

さんまのまんま 永遠のスター編 BOX1
さんまのまんま ~永遠のスター編~ BOX1[DVD]
よしもとアール・アンド・シー 2010-10-01

Amazonで詳しく見る


明石家さんま:もう、世の中はスクープ合戦やから、今。

加藤紀子:ねぇ。

明石家さんま:だから今、本当に週刊文春がブワーって色んなことを載せて売り上げ上がって、FRIDAYが負けるなっていうので、ウチにも週に1~2回、記事(のネタ)探しにかな。

村上ショージ:うん。

明石家さんま:くだらんことも聞きにきたり、いっぱいしますね、今。

加藤紀子:うん。

明石家さんま:でも、そんな中ね、こんだけ成果が上がってんねんから、どうしようもない。

加藤紀子:たしかに。

明石家さんま:円楽師匠まで見つかってしもたっていうのは、可哀想やね(笑)

村上ショージ:ふふ(笑)

明石家さんま:もう、みんな不倫騒動やなぁ。ファンキーがあんなことになると…

村上ショージ:ああ、そうですよね。

明石家さんま:ファンキーも真面目な男やから。

村上ショージ:考えたら、そんな身近な人とね。

明石家さんま:柴田の嫁やって、言わなかったらそら分からないし。それは言うべきやろう。そういう深い関係になる前に。これはなぁ…

加藤紀子:ねぇ。

明石家さんま:「私、実は柴田の嫁なんです」って言うべきやろ。

加藤紀子:うん。

明石家さんま:ナンボなんでも、知り合いの奥さんとはそういう深い関係にはならへんやろ。

加藤紀子:うん。

明石家さんま:そこで深い関係になるのは、俺くらいやわ。

加藤紀子:ファンキーですからね(笑)

明石家さんま:俺、ファンキーだもん(笑)

村上ショージ:アンタ、ベイビーやろ(笑)

嗣永桃子:はっはっはっ(笑)

村上ショージ:ファンキーやなくて、ベイビーやん。

明石家さんま:モンキー、どこに行ったん?(笑)

村上ショージ:ふふ(笑)


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,ファンキー加藤,柴田英嗣,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、FRIDAYに自分の記事が載る時はもはや事前連絡もないと告白「俺だけらしいんですけど」

前の記事:ロンブー淳、ファンキー加藤が不倫騒動の渦中で新曲『ブラザー』を発売したことに反応して顰蹙「奇跡的にブラザー」