TOPナイナイのANN/岡村隆史のANN ≫ 岡村隆史、腰にできた帯状疱疹で電気が走るような痛みがあると告白「痛み止めも全然効かへん…」

岡村隆史、腰にできた帯状疱疹で電気が走るような痛みがあると告白「痛み止めも全然効かへん…」

2016.06.03 (Fri)
2016年6月2日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、腰にできた帯状疱疹で、電気が走るような痛みがあると告白していた。

ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6
ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6 (ヨシモトブックス) (ワニムックシリーズ 207)ナインティナイン

ワニブックス 2014-03-03

Amazonで詳しく見る


岡村隆史:今日は、何やら緊急特番のような感じがしてるんですけども。というのもですね、月曜日に仕事があって、打ち合わせ終わって。帰ろうかなって思ったら、脚の太もものところから、そこがビリビリってなって。

「なんやろうな?筋肉痛かな?」って感じで。「お疲れっした…痛てて」って言いながら、家に帰ったんですよ。

その日は、そのまま横になって。それで寝ようかなって思ったら、「痛てて…」っていうのが続いてたんですよ。それで、おかしいなと思ったけど、その時は寝て。

それで、火曜日あたりですよね。太もものビリビリってなってたのが、今度は腰の方にビリビリってなって、電気走る、みたいな。「あれ?おかしいなこんなの初めてやな」って思って。

それで水曜日、とにかくビンビン、ビンビンってなってんの。歩いてても、「痛てて…」ってなって。仕事してたら、気が紛れてるんですよ。でも、何もせんかったら、常にビン、ビンビンってエビみたいに、神経おかしなってるんですね、多分。

坐骨神経痛か、ヘルニアかなって思って。ヘルニアの手術した出川さんとかに電話して、「腰おかしいんですけど」って言ったら、「やったな、お前。良い医者紹介してやるよ」って言われたんですね。

でも、仕事してると気が紛れてそんなに痛くないんですけど、仕事終わった瞬間、ビンビンってなって。昨日の夜は、ホンマに痛くて寝られへんかって。これおかしい。でも、しゃあないですよね、寝るしかないから。

どの体勢に横になっても全然痛み収まらへんかって。それで唯一、手をグーにして、腰のところにグッと敷いたら、ちょっとマシになったんです。でも、それでは自分の手、痺れてきますやん。

これ、なんかないかなって思って。ボールかなんかないかなって思ってもなくて。ボール探してもない、どうしようかなって思ったら、昨日、たまたまけん玉もらったんですよ。ヨーヨーもらって、ヨーヨー繋がりじゃないですけど、「岡村さん、けん玉も好きですよね?」って言われて、けん玉いただいて。

「これや」って。けん玉の玉の方を腰のところに敷いて、押さえつけて寝たんですよ。でも、朝起きたら玉じゃない方に変わってんねん、刺す方。その痛さで起きて。これはアカンって、今日はホンマ、歯医者行く予定やったんですけど、歯医者キャンセルして、田中(マネージャー)に「今、激痛走ってる。多分、坐骨神経痛やわ。ちょっと病院お願いします」って言って。病院行って、レントゲン撮って。CTも撮ったんです。

それで、先生見てはって、「どこも異常ないんですよね」って。「そうですか。でも、こうしてる時にもビン、ビンって電気走ってるんですけど」「おかしいな。ちょっと、横になってください。エコーで見てみましょうか」って言われて。

ベッドで横になって、ちょっとズボンをズラしはったんですよ。ズラしはったら、「あれ?このブツブツなに?」って先生言わはったんです。パッと見たら、ブツブツできてるんですよ。

「あ、今日、お風呂入ったら、ブツブツできてました」「あ、これかも知れません」と。調べたら、帯状疱疹。帯状疱疹やねんって。それで俺、ネットで調べたんやけど、それが痛みの原因らしいわ。それで、先生も帯状疱疹や、と。

お薬もらって、飲んで。痛み止めも飲んだんですけど、痛み止めも全然効かへんのですよ。唯一、仕事してる時だけなんともないねん。でも、ハガキ選んでる時もずっと痛いねん。でも、今、喋ってたらなんともないねん。イケそうやわ。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ナインティナイン,岡村隆史,帯状疱疹,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN
次の記事:伊集院光、安倍総理の消費税増税見送りに関する弁明に冷ややかな意見「茶番と言えば、茶番」

前の記事:ナイツ塙、漫才中にカバンの中を漁ってビニールの音を立てる客に怒り「本当にやめてもらいたい」