TOPナイナイのANN/岡村隆史のANN ≫ 岡村隆史、加藤晴彦がカラテカ入江・オモロー山下に飲み代40万円を払わされた件の真相を語る「スポンサーの方が払うと…」

岡村隆史、加藤晴彦がカラテカ入江・オモロー山下に飲み代40万円を払わされた件の真相を語る「スポンサーの方が払うと…」

2016.05.13 (Fri)
2016年5月12日放送のニッポン放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、俳優・加藤晴彦がカラテカ・入江慎也、オモロー山下に飲み代40万円を支払わせたという件について、その真相を明かしていた。

ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6
ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6 (ヨシモトブックス) (ワニムックシリーズ 207)ナインティナイン

ワニブックス 2014-03-03

Amazonで詳しく見る

岡村隆史:ネットやなんやで話題になってる、加藤晴彦君の問題知ってます?(笑)加藤晴彦君が、大阪の上沼恵美子さんの『快傑えみちゃんねる』かなんかで、「吉本の芸人さんに、呼び出されて行ったら、飲み代40万円払わされた」と(笑)

そういう話があったんですよ。その話をしたら、上沼さんのお隣には、太平サブロー師匠もいはって、サブロー師匠が「それ、誰やねん?吉本か?」言うて、「許さへんぞ」みたいな感じになって。ほんなら、ネットの人、凄いから。犯人探しが始まって。

「誰が呼び出したんや」言うて。えらいもんで、誰が辿り着いたのかどうか分からへんけど、その2人をネットの人が探しだしてやな。カラテカの入江と、オモロー山下やって。バーンって、ホンマの答えを導き出したのよ。

ほんで、「これホンマなんかな?おかしいな」って思ってたんですけど、入江も山下も、そんなことするかなって思って。

でも、サブロー師匠は怒ってはる、他の芸人も「それ、どういうことやねん?」ってザワついてまして。ほんで昨日かな。ちょっと山下と喋ったんですよ。「アレ、ホンマか?」って言ったら、「いや、兄さん、違うんですよ」って。

これね、結局、誰も得せぇへん話なんですよ。加藤晴彦君が呼ばれたんじゃないんです。加藤晴彦君が、入江に電話して。「今、飲んでるから来ない?」って、加藤晴彦君が言うてん。ほんなら、「行きますわ」って言うて、入江と一緒にいたのがオモロー山下やってん。

ほんで、2人で行って。行ったら、飲み会みたいな感じになってた、と。ほんで、バーっと飲んでる内に、スポンサーみたいな方がいたんですって。結局、その人が払うんやろなって、入江も山下も思ってた。ほんで、その人が払うんやろうなって感じになったけど、なんとなしにボケなのかなんなのか分からへんけど、「加藤晴彦君が先輩なのか、後輩なのか」ってトークになった時に、加藤晴彦君って子役からやってるから、入江も山下よりも先輩やんか。

「先輩なんや」ってなって、「そんな長いねや…晴彦兄さん、ご馳走様です」って言うて。吉本の中で、一番先輩の人が払う、みたいな。他事務所はどうか分からへんけど、吉本はなんとなしにそういう流れになってるんですよ。一番先輩の人がお金を払うって。

それを、なんとなしにボケで山下とかが「晴彦兄さん、ご馳走様です、今日は」って言うても、そのスポンサーの方が払うんやろうなって思ってたんですよ。

ほんなら、晴彦君が払ったんですよ、ホンマに。でも、払ったのは40万、ホンマに晴彦君が払ったんですよ。

結局、ボケで言うたことが、晴彦君もそこでそれなりに大人として、男気じゃないけど「それくらい払おうか」ってなったんかも分からへんけど、40万はそこで払ってん。

「40万って、なかなかやなぁ」って話して、「山下、何飲んでてん?」「僕はホンマに、焼酎しか飲んでません」って(笑)「飲んだんは、飲んだんやな?」「焼酎は飲みましたけど、ワインとかシャンパンとかは僕、飲んでません。他の人たちが飲んでたんで、僕は焼酎しか飲んでません」「ああ、そうやねんな」って言うて。

加藤晴彦君も、多分、番組を盛り上げようと思って、ちょっとオモシロおかしく盛ったのが、おかしなことになって。それで、サブロー師匠も怒ってる、みたいなことになってもうたから。

吉本で先輩が怒ってるってなったら、エライことやからね。「真実は違うんです」と。東スポかなんかに突撃取材みたいなん受けて。「アレ、ホンマなんですか?」って。「実は、真逆なんです」って山下が言うからやな、「お金も払ってないんかな」って思ったら、加藤晴彦君、お金払ってるんですよ。

だから、「真逆や」っていう、山下が言うのもちょっと違う(笑)だから、誰も得してないんですよ、結果。加藤晴彦君は、番組を面白くしたい。でも、こんな大騒ぎになると思ってない。山下は突撃取材されて、「いや、違うんですよ。真逆なんですよ」っていう、真逆じゃないことを言うてしまってる。みんながおかしなことになってもうてる。だから、誰も得してないんですね。

「山下、これラジオとかで言うてエエの?」「兄さん、もう感情論ですよ。感情で話してください」「…うん、分かった」って言うたけど、何の感情で話したらエエのやろなって思って(笑)

結果、お金を払ったのは加藤晴彦君。結局、何が違うかって言ったら、加藤君の「呼びだされて行った」って言ったことが違う。呼びだされたのは、入江と山下。40万円というお金は、もちろん40万やった。それも正解。40万円は、加藤晴彦君が払った、これも正解。

でも、40万円という飲み代は、山下曰く、「僕は焼酎です」と。「僕は焼酎を数杯飲んだだけです。そこは兄さん、信じてください」と。だから、感情論やけど、「結果、どうでもエエわ」って話なんですけどね(笑)


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ナインティナイン,岡村隆史,加藤晴彦,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN
次の記事:岡村隆史、千鳥・ノブが日テレとフジへの同時間帯の番組出演で「吉本興業がババちびるほど怒られとる」と暴露

前の記事:岡村隆史、ベッキー復帰を批判する前に『金スマ』を観てから判断しようと呼びかけ「観てから言ってみたらどうですか?」